下村早苗さんも俺に連絡くれていれば助けてあげられたのになと思うと悔しいですね!また刑務所から出てきたら力になってあげたいと思います!

公開日: : NPO, 大阪, 女性, 政治, 社会, 経済, 若者, 貧困, 風俗

昨日映画を見てから2010年に起きた大阪の風俗嬢下村早苗さんの2児遺棄事件を調べています。

 

11036705_804220129692832_6797016929166477414_n

 

したことは悪いことですが、早苗さん自身も大変な生い立ちを送ってきたんだと思いました。

 

援交、ホスト通いや、複数人との交際も早苗さんの寂しさゆえだったのではないかなーと感じました。

 

ただ、監督や社会学者などが言っているもっと早い段階で気づいて、早苗さんに関わり孤立化させないようにできたんではないかという問いかけは、後からはいくらでも言えることだけど、実際にその場では他所から関わりをもっていくのは難しいんじゃないだろうか。

 

ホストを批判する声や劇中でもホストが批判的な描かれ方をしていたが、ホストはあくまでホストの仕事のためにやっていることであって売上をあげるためにやっていることだと思う。

 

だから、ホストの言動を批判することはできない。

 

ホストにはまることで、本当は100ある世界が10しか見えなくなることはあると思う。

 

スカウトしていてももうそうなってる風俗嬢を何人も見てきた。

 

しかし、ホストクラブが早苗さんの寂しさを埋めることになっていたんだと思う。

 

ただホストはそこだけの世界であって、早苗さん自身の生い立ち(虐待経験や親からの愛情不足、不良仲間からのレイプ体験、援交、不登校など)からくる、根源的な愛情を得ることはできなかったんだと思う。

 

だから、いくつものホストクラブに通い何人ものホストと付き合ったんだと思う。

 

他者が関わるのはもちろん大事だけど、中途半端な関わりでは、より不信感を強めるだけになっていたと思う。

 

本当にちゃんと早苗さんとラポートを築いて、その上で早苗さんのすべてを愛して受け止めるよという男性の出現こそが大事だったんじゃないかなーと感じました。

 

行政側からの育児へのアプローチもあるだろうけど、やはり早苗さん自身の愛を得たいという切実な問題を解決しないことには、やっぱりダメだろうと思う。

 

監督や社会学者が言うように、じゃあそういう家と夜の世界の往復の中でどうやって愛を得るのかということの問題があると思う。

 

具体的には例えば本当にピュアで純粋にあなたを心から愛したいというナンパ師との出会いにあるのではないだろうか。

 

ナンパ師は女性が本来所属しているコミュニティやアソシエーションを飛び越えてやってくる。

 

まあ現実問題、そんな大変な女性を一から理解して共感して愛することができるナンパ師が何人いるかはわからないが。

 

または俺に連絡くれていれば俺が助けてあげたのになという思いが強くあります。

 

こういう女性を二度と出さないために夜の仕事で働く女性を幸せにするNPOやスカウトをやっています。

 

また刑務所から出てきたら下村さんの力になってあげたいなと思います!

 

img_0

 

01

関連記事

六本木のクラブのフロア縮小→VIP優遇(クラブのラウンジ化へ)六本木から麻布十番へのシフト

去年の六本木クラブ摘発ラッシュなどもあって六本木のクラブは生き残りを模索しているような気がします。

記事を読む

no image

スカウトマンの管理とキャバクラの管理と風俗の管理。

スカウトの管理とキャバクラの管理と風俗の管理。   キャバクラの管理はその子の

記事を読む

no image

学校の制服ってめちゃくちゃエロいよね。

思ったらさー、学校の制服ってめちゃくちゃエロいよね。   あれを最初に作った人

記事を読む

no image

キャバ嬢よりも風俗嬢の方が高学歴。

アウトリーチしていて、驚いたのは、超高学歴(東大や慶応など)の凄いきれいな女の子が風俗で多く働いてい

記事を読む

今日の朝日新聞の記事は風俗を肯定的にとらえて働く現場の女性からは辛くて耐えられない記事だと思う。

今日の朝日新聞の社会面に大学進学したために、風俗で働かないといけない女性が出ていました。 &

記事を読む

no image

キャバクラのツートップは新宿と渋谷、ヘルスのツートップは渋谷と錦糸町

都内のキャバクラに関しては新宿、渋谷がツートップです。   六本木や銀座はもう

記事を読む

no image

千葉雅也さんの「アンチ・エビデンス 90年代的ストリートの終焉と柑橘系の匂い」の感想

コーヒー2杯飲んでしまい寝れないので千葉雅也さんの「アンチ・エビデンス 90年代的ストリートの終焉と

記事を読む

no image

無理に頑張らせても病むだけでしかない

頑張ってたら結果は出るよ!とかそんな無責任な事ボーイが言ってたけど。頑張っても結果が出ない人だってい

記事を読む

no image

新宿スワンは北野武監督に撮ってほしかったなー。

新宿スワンは北野武監督に撮ってほしかったなー。   園子温監督はあんまり好きじ

記事を読む

no image

ママの良さでその店の良さが決まる。 ミトスのメグママ(六本木)や瑞木の涼子ママ(銀座)など。

銀座にしろ六本木にしろ人気のあるクラブはどこも良いママを揃えている。   ママ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
  • 友だち追加数