下村早苗さんも俺に連絡くれていれば助けてあげられたのになと思うと悔しいですね!また刑務所から出てきたら力になってあげたいと思います!

公開日: : 最終更新日:2018/02/15 NPO, 大阪, 女性, 政治, 社会, 経済, 若者, 貧困, 風俗

昨日映画を見てから2010年に起きた大阪の風俗嬢下村早苗さんの2児遺棄事件を調べています。

 

 

したことは悪いことですが、早苗さん自身も大変な生い立ちを送ってきたんだと思いました。

 

援交、ホスト通いや、複数人との交際も早苗さんの寂しさゆえだったのではないかなーと感じました。

 

ただ、監督や社会学者などが言っているもっと早い段階で気づいて、早苗さんに関わり孤立化させないようにできたんではないかという問いかけは、後からはいくらでも言えることだけど、実際にその場では他所から関わりをもっていくのは難しいと思います。

 

ホストを批判する声や劇中でもホストが批判的な描かれ方をしていたが、ホストはあくまでホストの仕事のためにやっていることであって売上をあげるためにやっていることだと思います。

 

だからホストの言動を批判することはできないですね。

 

ホストにはまることで、本当は100ある世界が10しか見えなくなることはあると思います。

 

NGOでアウトリーチをしていてもそうなっている風俗嬢を何人も見てきました。

 

しかし、ホストクラブが早苗さんの寂しさを埋めることになっていたんだと思います。

 

ただホストはそこだけの世界であって、早苗さん自身の生い立ち(虐待経験や親からの愛情不足、不良仲間からのレイプ体験、援交、不登校など)からくる、根源的な愛情を得ることはできなかったんだと思います。

 

だから、いくつものホストクラブに通い何人ものホストと付き合ったんだと思います。

 

他者が関わるのはもちろん大事だけど、中途半端な関わりでは、より不信感を強めるだけになっていたと思います。

 

本当にちゃんと早苗さんとラポートを築いて、その上で早苗さんのすべてを愛して受け止めるよという男性の出現こそが大事だったんじゃないかなーと感じました。

 

行政側からの育児へのアプローチもあるだろうけど、やはり早苗さん自身の愛を得たいという切実な問題を解決しないことには、やっぱりダメだろうと思います。

 

行政側がいくら関わってもはっきり言って助けにはならないですね。

 

監督や社会学者が言うように、じゃあそういう家と夜の世界の往復の中でどうやって愛を得るのかということの問題があると思います。

 

具体的には例えば本当にピュアで純粋にあなたを心から愛したいという男性との出会いにあるのではないだろうか。

 

俺に連絡くれていれば俺が助けてあげたのになという思いが強くあります。

 

こういう女性を二度と出さないために夜の仕事で働く女性を幸せにするNGO活動をやっています。

 

また刑務所から出てきたら下村さんの力になってあげたいなと思います!

 

img_0

 

01




関連記事

日経が「日本から夜の経済が消える10の理由」を特集。

日経ビジネスが日本から夜の経済が消える10の理由を特集していました。 http://busin

記事を読む

no image

生活や借金などでお困りの方はぜひ!年末の無料電話相談です。生活保護申請同行も!

12月23日(水・休)「明るいクリスマスと正月を!全国一斉 年越し電話相談会~生活保護・労働・多重債

記事を読む

no image

生活保護貰いながら、扶養に入りながらキャバクラや風俗をしてもいい。なんでも杓子定規に考える方がおかしい。

正直今キャバ嬢や風俗嬢のシングルマザーで生活保護貰いながら働いてる人はたくさんいる。 &nbs

記事を読む

no image

久しぶりのミナミは揉め事がいっぱい(笑)

夜のミナミは歌舞伎町と六本木を足して2で割った感じでしょうか。   若い兄ちゃ

記事を読む

no image

座間の9人殺しの犯人が新宿のAVプロダクション(スカウト会社)に所属。臓器売買か?

先ほどの警察筋の情報によると座間の9人殺しの男が新宿のスカウト会社のスカウトマンとのことです。

記事を読む

六本木、麻布の夜の衰退がますます深刻になってきた。

六本木、麻布の夜の衰退がますます深刻になってきた。   最近、六本木のガールズ

記事を読む

no image

刑務所や留置所は高齢者ばかり。

身寄りが無く、貧困、時には認知症や依存症を患う高齢者の実質的な受け入れ場所になっていると報じられ

記事を読む

みやめこさんはキャバ嬢辞めてタレントになった方が良いと思う。

約24万フォロワーの女子高生や20代女性に大人気のインフルエンサーみやめこさん。  

記事を読む

no image

美容整形をしている女性や男性というのはイノベーターだと思います

美容整形をしている女性や男性というのはイノベーターだと思いますね。   自分

記事を読む

no image

名古屋と千葉はかなり似ている。管理教育とヤクザが強い。

名古屋と千葉って実はかなり似ていると最近思います。   昔から凄い管理教育だ

記事を読む




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、帰国子女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の相談、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」協力

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数