若者は東京に上京してくるより地方にいた方が絶対楽しい。東京は構造的差別都市。

[日本の格差社会]どん底の貧困に救いはあるか〔1〕日本は階層社会? – 鈴木大介(ルポライター)(月刊誌『Voice』) – BLOGOS(ブロゴス) blogos.com/outline/106432/

 

ここのコメントにとてもいいのがありました。

 

「マイルドヤンキーについては、誠にその通りで、以前は東京など大都市圏に出て大企業で働くことが、収入確保の第一選択だったのが、今は実家や地縁といった基板を大切にして、低収入でも支出を極力おさえて手堅くやっていくほうが、はやく安定した生活基盤が手に入る時代になってきている。都会に出て働こうよ!一旗揚げようぜ。って呼びかけても、ホイホイ騙されてブラック企業に人が集まるような時代ではない。東京の一人勝ちなどと言われているが、本当のところはどうであろうか。実に疑わしいものである。」

 

間違いないですね!

 

もう地縁、血縁を捨てて、東京に出てきてもブラック企業や介護産業に回収される。

 

少しばかり月収があがって20万くらい手取りが貰えても、家賃に10万近く取られるような東京の生活はメリットがないですよ。

 

上京した者たちの多くは金が回らなくなり夜の世界に吸収されていく。

 

東京は金がないと楽しくないところですからね。

 

地方みたいに、週末にみんなで集まってラウンドワン行った後、夜景を見に山にドライブなんて楽しみもありません。

 

若者たちが今マイルドヤンキー的な地縁を大切にする生きたかを好んでいるのも、現実的にそれが一番ベストな選択だからだと思います。

 

東京に出るメリットが何もないですからね。

 

間違いなく地方の方がお金なくても楽しいです。

 

千葉雅也さんが京都のことを構造的差別都市って言っていたけど、東京もそうなんじゃないかと思います。

 

地方ってある程度みんな均質なサービスを受けられるんですね。

 

家賃が安いからそこそこの家にも住めるし、食べ物もおいしい。

 

また車も持てるので、ドライブにも行けます。

 

キャバクラや風俗も60分1万5千円なんかの低料金でも都内なら60分3万以上払わないと遊べないような女の子とも遊べます。

 

キャバも地元の安キャバなんかに驚くような美人がいたりします。

 

それこそジェントルやシーサイドレベルの。

 

東京は家、食べ物から、車、キャバクラ、風俗まですべて金のない者用と金持ち用とに分化されています。

 

金無い上京者とかは車も持てないし、家も持てない、キャバクラもかわいい子がいない、風俗もかわいい子がいないところでしか遊べないわけです。

 

家もワンルームの物置みたいな部屋しか住めませんし、食べ物もおいしい食べ物は食べられません。

 

構造的な分化された都市のなっているのが東京だと思います。

 

速水さんなんかは最近、エンリコモレッティが言ってる年収は住む場所で決まるの日本版が東京でもおきていると言っています。

 

つまりクリエイティブクラスが港区、渋谷区に住んで、そうでない下層の人たちが東京の北側や東側に集まっていると。

 

安藤美冬も名刺に足立区出身は書いてはダメだと言ってましたが、渋谷区、港区に住んでいるクリエイティブクラスの人たちが享受できるサービスと足立区や荒川区に住む人たちが享受できるサービスに差ができているということですよね。

 

不良を見ていても、都内の不良ってやけに金にこだわる人が多いような気がするんですね。

 

東京下町の不良の人たちも。

 

詐欺系などやってる不良の人が多い気がします。

 

これって構造的に東京が金がないと面白くない都市になっているからだと思います。

 

地方の不良って金がなくても、車は持てるし、キャバクラや風俗もかわいい子いるし、家も広いしでそんながんがん詐欺やって金儲けてやろうというのがない気がします。

 

もちろんある人はいますが。

 

やっぱり結論としては都内に来るより、地方で暮らす方が楽しいんじゃないかと思います。




関連記事

no image

オススメの芸能プロダクション。自分のなりたい方向性の事務所に入りましょう!

芸能をやりたいんですが、どこのプロダクションが良いですか?もよく聞かれます。  

記事を読む

no image

被災地から避難してきた人を温かく迎え入れる社会でないといけない!

<東日本大震災>帰還検討67%超 いわき市、市外避難者(毎日新聞) - Y!ニュース &nbs

記事を読む

眉手入れが苦手な人にお勧めなのが眉サロンのアナスタシア。

自分で眉カットなど眉の手入れが苦手な人にお勧めなのが眉サロンのアナスタシアです。  

記事を読む

no image

フローレンスの駒崎さんが批判されてるのは、当事者を傷つけておいて何も悪いとも思わず謝罪もないその人間性がクソだってこと

駒崎さんは異論が受け入れられないタイプというか、この自分が世の中を正しい方向に導いてあげる、とい

記事を読む

no image

メンヘラや不良は環境で作られるのではなくその人の特性

メンヘラは環境によってつくられるのか?っていうのがあると思うけど、俺はメンヘラは本来特性としてその子

記事を読む

no image

駒崎弘樹及び認定NPO法人フローレンスとの保育士を手取り14万でこき使うな裁判の裁判経過やフローレンス利用者たちへの訴訟恫喝などを共同通信に送付

駒崎弘樹及び認定NPO法人フローレンスとの保育士を手取り14万でこき使うな裁判の裁判経過やフローレン

記事を読む

no image

ちきりんはマイルドヤンキーを積極的に肯定。東京でしかできないことがないなら地元にいた方が幸せ。

★ブログ更新★ 東京一極集中と、地方の衰退(&再生)問題は、なんの関係もありません。ってこと、わ

記事を読む

no image

夜未経験の子はキャバクラよりも圧倒的に風俗の方が入店率が高い。

風俗とキャバクラではみなさんキャバクラの方が楽だし働きやすいと思ってるみたいですが、まったく逆です。

記事を読む

no image

苦しいからと生活保護に繋ぐのはダメ!生活保護はその人の自尊心や誇り、生活基盤、人間関係、健康をどんどん奪っていきます

現場でアウトリーチや生活保護申請支援をしていて気づいたのは、安易に生活保護に繋ぐのは絶対に良くないと

記事を読む

no image

NHKクローズアップ現代のJKビジネスにも怒り!!

クローズアップ現代も何をとんちんかんなこと言ってるのか。 少女を食い物にする裏社会という認識自体を変

記事を読む




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、シングルマザーを中心に女性・男性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力

    週刊ポスト「援助交際について」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数