若者は東京に上京してくるより地方にいた方が絶対楽しい。東京は構造的差別都市。

[日本の格差社会]どん底の貧困に救いはあるか〔1〕日本は階層社会? – 鈴木大介(ルポライター)(月刊誌『Voice』) – BLOGOS(ブロゴス) blogos.com/outline/106432/

 

ここのコメントにとてもいいのがありました。

 

「マイルドヤンキーについては、誠にその通りで、以前は東京など大都市圏に出て大企業で働くことが、収入確保の第一選択だったのが、今は実家や地縁といった基板を大切にして、低収入でも支出を極力おさえて手堅くやっていくほうが、はやく安定した生活基盤が手に入る時代になってきている。都会に出て働こうよ!一旗揚げようぜ。って呼びかけても、ホイホイ騙されてブラック企業に人が集まるような時代ではない。東京の一人勝ちなどと言われているが、本当のところはどうであろうか。実に疑わしいものである。」

 

間違いないですね!

 

もう地縁、血縁を捨てて、東京に出てきてもブラック企業や介護産業に回収される。

 

少しばかり月収があがって20万くらい手取りが貰えても、家賃に10万近く取られるような東京の生活はメリットがないですよ。

 

上京した者たちの多くは金が回らなくなり夜の世界に吸収されていく。

 

東京は金がないと楽しくないところですからね。

 

地方みたいに、週末にみんなで集まってラウンドワン行った後、夜景を見に山にドライブなんて楽しみもありません。

 

若者たちが今マイルドヤンキー的な地縁を大切にする生きたかを好んでいるのも、現実的にそれが一番ベストな選択だからだと思います。

 

東京に出るメリットが何もないですからね。

 

間違いなく地方の方がお金なくても楽しいです。

 

千葉雅也さんが京都のことを構造的差別都市って言っていたけど、東京もそうなんじゃないかと思います。

 

地方ってある程度みんな均質なサービスを受けられるんですね。

 

家賃が安いからそこそこの家にも住めるし、食べ物もおいしい。

 

また車も持てるので、ドライブにも行けます。

 

キャバクラや風俗も60分1万5千円なんかの低料金でも都内なら60分3万以上払わないと遊べないような女の子とも遊べます。

 

キャバも地元の安キャバなんかに驚くような美人がいたりします。

 

それこそジェントルやシーサイドレベルの。

 

東京は家、食べ物から、車、キャバクラ、風俗まですべて金のない者用と金持ち用とに分化されています。

 

金無い上京者とかは車も持てないし、家も持てない、キャバクラもかわいい子がいない、風俗もかわいい子がいないところでしか遊べないわけです。

 

家もワンルームの物置みたいな部屋しか住めませんし、食べ物もおいしい食べ物は食べられません。

 

構造的な分化された都市のなっているのが東京だと思います。

 

速水さんなんかは最近、エンリコモレッティが言ってる年収は住む場所で決まるの日本版が東京でもおきていると言っています。

 

つまりクリエイティブクラスが港区、渋谷区に住んで、そうでない下層の人たちが東京の北側や東側に集まっていると。

 

安藤美冬も名刺に足立区出身は書いてはダメだと言ってましたが、渋谷区、港区に住んでいるクリエイティブクラスの人たちが享受できるサービスと足立区や荒川区に住む人たちが享受できるサービスに差ができているということですよね。

 

不良を見ていても、都内の不良ってやけに金にこだわる人が多いような気がするんですね。

 

東京下町の不良の人たちも。

 

詐欺系などやってる不良の人が多い気がします。

 

これって構造的に東京が金がないと面白くない都市になっているからだと思います。

 

地方の不良って金がなくても、車は持てるし、キャバクラや風俗もかわいい子いるし、家も広いしでそんながんがん詐欺やって金儲けてやろうというのがない気がします。

 

もちろんある人はいますが。

 

やっぱり結論としては都内に来るより、地方で暮らす方が楽しいんじゃないかと思います。

関連記事

なぜ80年代に流行ったボディコン、男ウケ!モテ!の服が再び来ているのか?なぜギャルがいなくなったのか?

今再びボディコンの流れが来てるような気がします。    

記事を読む

「地元ネットワーク」が機能してるのは地元のヤンキーだけではないのか?

法政大学で行われた「高卒5年若者たちはどこで、どのように生きているのか」というセミナーに行ってきまし

記事を読む

no image

仁藤夢乃さんは得意気に日経ビジネスでも語ってましたが、現場の女子高生たちは仁藤さんのことかなり嫌ってます!仁藤さんのシェルターは何の救いにもならない。

結局外部支援のNPOや学者たちがわかってないのは、セックスワーカーなど当事者を無視してることなんだよ

記事を読む

no image

国連が指摘した援助交際率について。援助交際率が上がってるのは確かだと思う。原因はJKビジネスを潰したから。

国連の女子高生の援助交際率が高すぎるんじゃないか?って問題だけど、これはこの前週刊ポストさんの取材で

記事を読む

no image

食の町恵比寿!恵比寿の料理屋は都内一うまい!

恵比寿はラーメン屋から魚、焼肉、沖縄料理、中華、メキシカン、寿司、餃子、焼きそばまで美味しいお店が集

記事を読む

六本木、麻布エリアは権力者がガールズバーやラウンジ、クラブを目の敵にしている。

昨日新宿で結構な摘発があったから、次池袋で最後渋谷だね!   だいたいいつもそ

記事を読む

no image

最近は工場も居酒屋も製造も派遣!派遣!派遣!

今ってなんでも派遣!派遣!派遣!って感じになりましたね。   工場も派遣、製造

記事を読む

no image

西成は表面上は貧しいように見えるんだけど、実際は超セレブな街。西成は利権の山。

西成って表面上は貧しいように見えるんだけど、実際は超セレブな街だからね。  

記事を読む

no image

なぜ客はヘルスで禁止されている本番をしようとするのか? ギャンブル的な楽しみと男の承認欲求の問題。

なぜ男性が本番なしのヘルスで本番をしようとするのか?   なぜ本番したいならソ

記事を読む

no image

女子大生にとっての風俗は男子大学生にとって何にあたるのか?

中村淳彦さんの日本の風俗嬢読んでて、大学生の平均仕送り額が7万円、都内の家賃が7万円なので生活費など

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数