生活保護バッシングや公務員バッシングなど弱いものどうしが足の引っ張り合いをしてても何もいいことはないし良くならない!

公開日: : 最終更新日:2015/10/21 政治, 社会, 経済, 若者, 貧困

昨今バッシンクされている生活保護だが、不正受給は0.4パーセントしかない。

 

対して生活保護の補足率はわずか2割しかない。

 

憲法で生存権として守られているはずのものがまったく守られていない。

 

新聞やニュースでも年々生活保護が増えている、減らさなきゃみたいに報道されるが、今まで受けないといけなかった人が少しずつ受けられてきているんだから、何も問題はない。

 

それに現在増えているのはほとんど高齢者。

 

まだ2割なんだから国は補足率をあげるように喧伝しないといけない!

 

役所の窓際作戦を暗に指示しているようではダメ!

 

また生活保護の額が下げられ、パチンコやギャンブルに使わせないように現物支給せよという人もいる。

 

しかし、保護費というのは、単にご飯を食べて寝るためのお金だけではない。

 

人間として楽しく生けていくための交際費や遊興費も含まれている。

 

別にギャンブルしてようが非難することはない!

 

また、年金生活者が、国民年金の支給額より生活保護費の方が高いのはずるい!と言う意見もよく耳にする。

 

しかし、それぞれの立場がぜんぜん違う。

 

年金生活者は貯蓄もあるし、車や家も持てる。

 

生活保護者は、もちろん貯蓄もないし、ギリギリの生活をしいられている。

 

年金生活者が生活保護者を羨むのであれば、なってみればいいだけの話。

 

弱い人が弱い人を叩いても何も良いことはない。

 

生活保護費を下げたから、連動する形で年金支給額もさげましょうねとなってきてもおかしくない。

 

非難してる人はそういうことになることをまったく頭が回っていない。

 

これは企業の社員が公務員の給料が高すぎるから下げろと言うのと一緒。

 

企業の給料は公務員の給料をベースにしてるとこも多いので、公務員給料下がったので、うちの会社も下げますと言われてもしかたない。

 

国民年金の額と生活保護の両方の額が低いので、お互い団結して国に働きかけましょうとならないといけない。

 

企業と公務員の給料についても一緒。

 

それをせず、弱いもの同士で足を引っ張りあっているから、ギスギスした居心地の悪い社会になってくる。




関連記事

no image

今は東京一極集中と言われてるけど、実は東京衰退の時代に入ってきてる。これからは地方の時代!

今は東京一極集中って言われてるけど、2020年からは東京も人口が減ってくる。  

記事を読む

no image

工藤明生君(あっくん)ほど六本木、銀座、歌舞伎、中洲、渋谷、熊本など日本全国のトップキャバ嬢に愛される人は他にいないと思う。人間的魅力が凄いあるんだと思う!

工藤明生君(あっくん)は歌舞伎でも六本木でも渋谷でも西麻布でも恵比寿でも銀座でもトップクラスのキャバ

記事を読む

no image

自己肯定感が低い、病んでいる人は今すぐメキシコやアルゼンチンに行こう!

自己肯定感が低い、摂食障害、過食、病んでいる人、何か悩んでいる人は一度コスタリカやメキシコ、コロンビ

記事を読む

no image

世界一の大富豪ジョン・D・ロックフェラーのお父さんはどうしようもない詐欺師だった。子ども時代は子どもの貧困状態だった。

世界一の大富豪ジョン・D・ロックフェラーのお父さんはなんと詐欺師だったそうです。  

記事を読む

no image

利用する側としてはかぼちゃの馬車やレオパレスは結構良いと思います。

かぼちゃの馬車やレオパレスはオーナー側には大変不評なようですが、利用者側にとっては結構良いんじゃない

記事を読む

朝鮮半島の南北統一は近いか。

在日コリアン 歓喜も悲観も | 2018/4/28(土) - Yahoo!ニュース https

記事を読む

no image

少年法は今すぐにでも廃止した方がいいと思う。少年犯罪は確実に凶悪化していると思う。

少年犯罪が増加も凶悪化もしていないということをよく専門家とかが言うけど本当にそうなのか?。 &

記事を読む

渋谷と新宿と池袋だと新宿がヤクザ多いみたいに思われてるけど、渋谷がだんとつヤクザ多い!!

渋谷と新宿と池袋だとみんな新宿の方がヤクザ多いみたいに思ってるけど、渋谷がだんとつで一番多い!

記事を読む

no image

田原総一朗さんが語るなぜ新聞が大幅な部数減になり読まれなくなったのか?

ジャーナリストの田原総一朗さんがなぜ新聞が大幅の部数減になり読まれなくなったのかを語っていました。

記事を読む

no image

ホスト狂いの子

    ホスト狂いの子はほんとに面白い子が多い。

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数