生活保護バッシングや公務員バッシングなど弱いものどうしが足の引っ張り合いをしてても何もいいことはないし良くならない!

公開日: : 最終更新日:2015/10/21 政治, 社会, 経済, 若者, 貧困

昨今バッシンクされている生活保護だが、不正受給は0.4パーセントしかない。

 

対して生活保護の補足率はわずか2割しかない。

 

憲法で生存権として守られているはずのものがまったく守られていない。

 

新聞やニュースでも年々生活保護が増えている、減らさなきゃみたいに報道されるが、今まで受けないといけなかった人が少しずつ受けられてきているんだから、何も問題はない。

 

それに現在増えているのはほとんど高齢者。

 

まだ2割なんだから国は補足率をあげるように喧伝しないといけない!

 

役所の窓際作戦を暗に指示しているようではダメ!

 

また生活保護の額が下げられ、パチンコやギャンブルに使わせないように現物支給せよという人もいる。

 

しかし、保護費というのは、単にご飯を食べて寝るためのお金だけではない。

 

人間として楽しく生けていくための交際費や遊興費も含まれている。

 

別にギャンブルしてようが非難することはない!

 

また、年金生活者が、国民年金の支給額より生活保護費の方が高いのはずるい!と言う意見もよく耳にする。

 

しかし、それぞれの立場がぜんぜん違う。

 

年金生活者は貯蓄もあるし、車や家も持てる。

 

生活保護者は、もちろん貯蓄もないし、ギリギリの生活をしいられている。

 

年金生活者が生活保護者を羨むのであれば、なってみればいいだけの話。

 

弱い人が弱い人を叩いても何も良いことはない。

 

生活保護費を下げたから、連動する形で年金支給額もさげましょうねとなってきてもおかしくない。

 

非難してる人はそういうことになることをまったく頭が回っていない。

 

これは企業の社員が公務員の給料が高すぎるから下げろと言うのと一緒。

 

企業の給料は公務員の給料をベースにしてるとこも多いので、公務員給料下がったので、うちの会社も下げますと言われてもしかたない。

 

国民年金の額と生活保護の両方の額が低いので、お互い団結して国に働きかけましょうとならないといけない。

 

企業と公務員の給料についても一緒。

 

それをせず、弱いもの同士で足を引っ張りあっているから、ギスギスした居心地の悪い社会になってくる。




関連記事

no image

最近AV女優の子からの相談が本当多い!スカウトやAV関係の大半はクソなやつらですよ!

最近AV女優の子からの相談がほんと多い!   本当AV関係はクソなやつらしか

記事を読む

no image

地方のキャバ嬢や女子大生にキモがられてヤフー知恵袋に相談される原田曜平さん

正直、この博報堂の原田曜平さんは、若者について全く的外れなことばっかり言ってますね。 &nbs

記事を読む

すべての人に就労支援を。日本財団が事業化へ。制度提言も。

すべての人に就労支援を。日本財団が事業化へ。制度提言も。 http://www.kanaloc

記事を読む

no image

若者支援関係者、NPO関係者のずれた意見に本当に驚き呆れる。

児童養護施設の退所した若者や親と折り合いが悪い、縁が切れた若者が多数家が借りられなくて困っている現状

記事を読む

no image

「へずまりゅう」と「スーパークレイジー君」の方言が良い味を出している。

「へずまりゅう」や「スーパークレイジー君」の方言がめちゃくちゃ良い味を出していると思います。

記事を読む

勝部元気は学生時代は非モテで女子から総スカンをくらっていた。

      &nbs

記事を読む

no image

くら寿司の店長が障害者の従業員をいじめてやめさせていた(週刊文春)

大手回転寿司チェーン「無添くら寿司」に障がい者雇用枠で勤務していた従業員が、店長による「いじめ」を理

記事を読む

no image

関西が東京より発達障害の子どもへの支援が大きく遅れているのは同和行政が原因。

関西の学校はことばの教室や発達障害の全国大会にいつも参加してませんし、関西の発達障害の研究発表を聞い

記事を読む

no image

自分に対する自分の意見と、自分の実力が「マッチしているべきだ!」というのは幻想。実力、能力がなくても自信、自己肯定感を高く持つことが大事!(広瀬隆雄さん)

  自己肯定感は「達成(achievement)」の度合いとは無関係です。

記事を読む

no image

社会福祉法人南流山福祉会が補助金を私的流用。行政と癒着したずさんな経営実態。

ずさんな運営実態が明らかになってきた。千葉県などで保育園を運営する社会福祉法人が自治体から受け取った

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ