アメリカでの麻薬の違法化の背景は人種差別と利権からだった。

公開日: : 最終更新日:2019/11/24 政治, 教育, 社会, 福祉, 経営, 経済, 陰謀・謀略・未解決事件・冤罪事件

アメリカやカナダ、オランダなど世界では麻薬(マリファナ)の合法化の流れにあります。

 

アメリカで麻薬が禁止になるのはアンス・リンガーさんによるものでした。

 

1920年代のアメリカの禁酒法時代に捜査員だったアンスリンガーさんはバハマの酒の密輸拠点を摘発するなど非常に活躍していました。

 

その活躍が認められて1930年にアンスリンガーさんはアメリカFBN(アメリカ麻薬取締局)の長官に任命されます。

 

1933年に禁酒法が廃止になります。

 

そうするとアンスリンガーのいた取締局の必要性がなくなることになります。

 

そのため新しい敵を生み出す必要がありました。

 

当初はヘロインやコカインに目が行きますが、ヘロインやコカインは当時のアメリカでは使用している人がかなり少ないことがありました。

 

そのため当時10万人の使用者がおり、そのほとんどが黒人やメキシコ移民であった麻薬(マリファナ)に目が行きます。

 

アンスリンガーは白人至上主義者であり黒人や移民の排斥論者でした。

 

そのため麻薬を禁止にすれば有色人種を取り締まりができるという1石2鳥の思惑があったのです。

 

アンスリンガーはマリファナがいかに酷いかのキャンペーンを始めます。

 

マリファナを吸った高校生が人を襲い始める映画を作らせます。

 

議会ではマリファナを吸った白人女性たちが黒人や移民に性行為を求めるようになるや、マリファナを吸った黒人が白人であるかのように調子に乗っているとか言いたてます。

 

1937年の議会に1933年に統合失調症のイタリア系移民が親兄弟など5人を殺すという凄惨な事件があり、その犯人が過去に半年間マリファナを吸っていたためにおかしくなってしまい犯行に及んだという発表をします。

 

さらに30人の医者を集めてマリファナを吸うと犯罪を犯すという医学的裏付けを出せと迫りますが29人の医者は医学的に関係がないと否定します。

 

1人の医者がマリファナを吸うと犯罪を犯す可能性があるということを言ったためにその医者の発言を大々的に議会で発表しました。

 

このように過去の殺人事件などとマリファナを関連づけたでっちあげの発表を議会ですることで議会や世論をマリファナ違法化にもっていきました。

 

1937年にマリファナを違法化するという法案が通ります。

 

1937年に政治家のラガーリアさんが30人の学者を集めて6年間の調査を行いマリファナを吸うと犯罪を犯したり、性的要求を高めたりすることはないと調査結果を出していました。

 

アンスリンガーの背後にはナイロン製品を扱っていたデュポン社もいました。

 

デュポン社からすると競合関係になる麻製品が邪魔な存在だったそうです。

 

その後世界中で麻薬(マリファナ)は禁止化されていくのですが、実際は裏ではCIAが麻薬の卸元として世界中で流通させていて莫大な利益を得ているというのがあります。

 

禁酒法時代に酒が莫大な利益を生み出したように、違法化された状態の方が価格が跳ね上がり莫大な利益を生むからですね。

 

また芸能界も裏ではCIAが牛耳っていますが、CIA傘下の芸能プロダクション、エージェントにタレントを麻薬漬けにさせたり、潰したいタレント、政治家、官僚、会社役員を麻薬所持で潰したりもしています。

 

日本も戦前までは麻薬(マリファナ)は医療用として用いられてきましたがGHQ統治後は禁止されています。

 

麻薬はガン細胞を殺す働きがあるので抗がん剤で儲けているアメリカの製薬会社にとっては痛手だからです。

https://daiwaryu1121.com/post-24558/

 

CIAや軍産複合体にとっては麻薬、マリファナが違法のままの方が都合がいいわけですね。




関連記事

no image

新型コロナのワクチン接種は強制接種ではないことが厚労省のホームページに明記されました。

新型コロナのワクチン接種は強制接種ではないことが厚労省のホームページに明記されました。 htt

記事を読む

no image

立憲民主党の桜井周議員がナチス式敬礼をしていたとして炎上。

立憲民主党の桜井周議員がナチス式敬礼をしていたとして炎上していました。   立

記事を読む

no image

アミューズが株主総会資料で三浦春馬さんだけ名前を書かない嫌がらせ。ファンから疑問の声が多数噴出。

アミューズが株主総会資料で三浦春馬さんだけ名前を書かない嫌がらせを行っていました。  

記事を読む

1922年に設立された全国水平社はイルミナティのエージェント機関だった。

1922年に設立された全国水平社はイルミナティのエージェント機関でした。  

記事を読む

no image

ジャパンビバレッジのブラックさはサントリーに売られる前のユニマット時代から。

  そもそもジャパンビバレッジのこういうブラックさはサントリーに売られる前の

記事を読む

no image

東横に凄いドリンクの宣伝載ってた! 「お嬢様聖水」

東横に凄いドリンクの宣伝載ってた!   「お嬢様聖水私の中の女神が目覚

記事を読む

日本には統計に載らないミッシングワーカーが失業者数72万人を上回る103万人もいる。

NHKスペシャルでやっていたミッシングワーカーを見ました。   40代、50代

記事を読む

no image

小田急の事件がイルミナティ事案である根拠2。TBSの事件前の不可解な映像。

小田急の事件がイルミナティ事案である根拠2。   TBSの事件前の不可解な映像

記事を読む

no image

スカウトだけではなく居酒屋キャッチにもシマがあります。

居酒屋キャッチは安全そうに見られたり、シマがなさそうに見られたりするけどそんなことはないです。

記事を読む

no image

森喜朗さんの陰謀論はありえない。

ネットやSNSを見ていると森喜朗会長が日本のメディアや海外メディアに意図的に嵌められたんじゃないか、

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ