アメリカ政府が大麻でがん細胞が消滅することを認める。

公開日: : 社会, 福祉

アメリカ政府が大麻でガン細胞が消滅することを認めたそうです。

https://www.mirror.co.uk/news/world-news/government-finally-admits-cannabis-kills-6303176#rlabs=11

 

カンナビスがガン細胞を殺す、という地球が揺らぐような主張を、アメリカ政府が自らの地位を利用してまで支援することとなった。

 

これまでヒッピーや陰謀論者、そして一部の科学者までがみんな揃ってカンナビスという薬草を吸ったり、あるいは食することで医学的な効能があると主張し続けている。

 

グローバル・ヘルス(global health)の見積りによると、世界中で一日あたり2万人がガンによって死亡しているという。

 

マリファナに含まれる重要な有効成分には、結腸ガン、肝臓ガン、乳がんそしてその他、複数のガンと闘う効果があることが発見されている。

 

またカンナビジオールは抗がん剤の効果を、性質の悪い副作用なしで強化させることも示唆されている。

 

アメリカ政府のCancer.orgのウェブサイト上では、ある健康研究家が次のように主張している

 

「ネズミやラットを使用した研究では、カンナビジオールが、腫瘍細胞の死亡の原因となり、細胞の成長を阻害し、そして腫瘍が成長するために必要な欠陥の発育を阻害することによって腫瘍増殖を抑制する可能性があることが明らかにされています。

 

実験室および動物実験からは、カンナビジオールがガン細胞を殺し、健康な細胞を保護している可能性があることを示しています」

 

「ネズミに対する実験では、カンナビジオールは結腸を炎症から保護し、結腸癌のリスクを下げる潜在力があることが判明しています」

 

「実験室での研究では、肝細胞ガンの中に入れられたデルタ-9-THC(訳注:カンナビスの酩酊成分)が、ガン細胞を破壊、あるいは殺していることが確認されました。

 

同実験では、非検体のネズミの中の肝臓ガンのΔ(デルタ)-9-THCには、抗がんの効果があることが明らかになっています」




関連記事

no image

東京に出張や単身赴任で来ている関西人あるある。

東京に出張や単身赴任で来ている関西人あるある。   寂しくなったとき、歌舞伎

記事を読む

歌舞伎町さくら通りでキャッチがホストを撲殺未遂。犯人はスカウト会社ナチュラル。

東京都新宿区歌舞伎町で殺人事件か「ホストがキャッチに殴られて死んだ」さくら通り 3/29 - N

記事を読む

no image

【追跡取材】『フリーキャッチグループ』がミナミから北新地にも…『悪質客引き』に大阪市も規制強化へ。(関西テレビ)

【追跡取材】『フリーキャッチグループ』がミナミから北新地にも…『悪質客引き』に大阪市も規制強化へ。(

記事を読む

no image

渋谷でナンパした女性にわいせつ行為をしたあとお金を奪ったとして会社員を逮捕(TBS)

東京・渋谷のスクランブル交差点で「ホテルに行くよ」と面識のない女性に声をかけ、ビルのエレベーターでわ

記事を読む

no image

豊臣秀吉の朝鮮出兵を指示したのはイエズス会か。

豊臣秀吉は2度の朝鮮出兵を行いました(文禄の役・慶長の役)   しかしなぜ秀吉

記事を読む

no image

ベトナム、フィリピンに行くと日本とは勢い、活気がぜんぜん違うことがわかる。

ベトナムやフィリピンに行くと日本とは勢い、活気がぜんぜん違うことがわかる。  

記事を読む

シェアハウスはめぞん一刻の時代から若者の青春。

シェアハウス:なぜ急増? 収入低い若者、夢を託し (毎日新聞) - LINEアカウントメディア

記事を読む

no image

レイプ大国は韓国ではなく日本。日本はレイプの被害届を5パーセントしか受理しない。

韓国はレイプ件数が日本の43倍だから危険!ということをよく耳にします。  

記事を読む

三重県四日市女子中学生強姦殺害事件の犯人とされた菰野高校の高校生は冤罪か。犯人はCIA・イルミナティの可能性。

三重県四日市女子中学生殺害事件で逮捕された菰野高校の男子高校生は冤罪だと思います。  

記事を読む

no image

札幌スケ番連合のチコ(小林千鶴)がカノン、ちいにゃん、ゴロウを吊るしあげる。ふわっち軍団はまるで連合赤軍。

札幌スケ番連合のチコ(小林千鶴)がカノン、ちいにゃん、ゴロウを吊るしあげるという事件がありました。

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • wpp header='人気記事ランキング' post_type='post,page' limit=50 range='daily' order_by='views' stats_views=0