長期の集団いじめで女児骨折。大阪・吹田の小学校:日本経済新聞

公開日: : 大阪, 政治, 教育, 社会, 福祉, 若者

大阪府吹田市の市立小学校に通う小学5年の女児が1~2年生だった2015~17年、同級生の複数の男児から繰り返し暴力などのいじめを受け、骨折や心因性の視力障害を負っていたことが12日、分かった。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46007930S9A610C1000000/

 

市が設置した第三者委員会が明らかにした。学校側は女児の訴えに組織的な対応をしないまま、事実上放置していた。

 

第三者委は調査報告書をまとめ、市教育委員会に対し「被害児童と保護者にとってどれほどの苦しみだったか、真に理解できていたのか甚だ疑問だ」と批判した。

 

報告書によると、女児は15年秋~17年3月、5人の男児からボールをぶつけられたり、ランドセルを引っ張られたりする暴行のほか、きょうだいの悪口や「ガリガリ君」とあだ名を付けられるなどのいじめを継続的に受けた。教師に被害を訴えないよう口止めもされていた。

 

女児は左足首を骨折し、心的外傷後ストレス障害(PTSD)や心因性の視力障害などを負った。17年3月、女児が保護者に「嫌なことを言われた」と伝え、いじめが発覚。同月、女児の保護者が学校に被害を訴えたが、当時の校長から謝罪はなく、女児は数日後に再びいじめを受けて登校できなくなったという。

 

保護者は同時期、市教委にも第三者委の設置を要請したが、市教委は「子供たちの記憶が薄れていて実態解明は難しい」として、不要と結論付けた。その後、教育委員からの求めで第三者委が設置された。

 

報告書は、女児が2年生の1学期に生活アンケートで「けられた。なぐられた」と記載し被害を訴えていたにもかかわらず、担任が男児に「してはいけない」と声を掛けるだけで事実確認などをしなかったと指摘。「組織的な対応は皆無といっていい」とした。

 

市教委は12日記者会見し、当時の対応が不適切だったとして謝罪した。関係者の処分も検討する。

 

女児の保護者は「学校そのものが傍観者となり、いじめがエスカレートしていった。子供が安心して学べるよう取り組んでもらいたい」とのコメントを出した。大阪府警に被害届を出しており、市などに損害賠償を求める訴訟も検討するという。〔共同〕




関連記事

no image

田原総一朗さんが語るなぜ新聞が大幅な部数減になり読まれなくなったのか?

ジャーナリストの田原総一朗さんがなぜ新聞が大幅の部数減になり読まれなくなったのかを語っていました。

記事を読む

出会い喫茶Hanakoが全店休業。

日本最大の出会い喫茶チェーン「Hanako」が謎の全店休業。“逆ナンパ部屋”が絶滅の危機に 「

記事を読む

「インベスト岸田」は株価引き下げの合図か。

岸田総理が5月5日にイギリスに行きジョンソン首相と会談した後にシティーで「インベスト岸田」と演説をし

記事を読む

no image

西麻布や南青山はヤクザや米軍を広告塔として再開発した方がいい!

町起こしってその土地に根ざしてる文化を前提にしてそこを押し出さないと絶対に成功しない。 &nb

記事を読む

no image

上京する人へのアドバイス。上京したら埼玉に住もう!

上京する人へのアドバイス 住まいは絶対都内か埼玉にした方がいいです。   神奈

記事を読む

no image

なぜ性虐待事件などはカトリックばかりが報道されるのか?なぜプロテスタントは報道されないのか?

カトリックの聖職者33人が未成年者175人に性虐待していたという事件をロイターが報じていました。

記事を読む

no image

庶民や貧乏人が政府の財政状況を心配しているのはバカ。

庶民や貧乏人が政府がお金をすったら財政破綻するとか、日本の財政がやばいとか、大きな政府にしたら破綻す

記事を読む

ヘンリー・キッシンジャーが5月24日のダボス会議で発言。

ヘンリー・キッシンジャーが5月24日のダボス会議でウクライナは領土をロシアに明け渡して停戦した方がい

記事を読む

no image

地元の専門家「小倉美咲さんの運動靴や靴下が見つかった場所は子どもが行ける場所ではない」

地元の専門家の方が「小倉美咲さんの運動靴や靴下が見つかった場所は子どもが行ける場所ではない」と語って

記事を読む

no image

高級キャバクラとか高級クラブはほんと詐欺みたいな商売ですよね。

キャバクラやラウンジ、クラブのビジネスモデルって詐欺みたいだなって思うよね(笑)  

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ