長期の集団いじめで女児骨折。大阪・吹田の小学校:日本経済新聞

公開日: : 大阪, 政治, 教育, 社会, 福祉, 若者

大阪府吹田市の市立小学校に通う小学5年の女児が1~2年生だった2015~17年、同級生の複数の男児から繰り返し暴力などのいじめを受け、骨折や心因性の視力障害を負っていたことが12日、分かった。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46007930S9A610C1000000/

 

市が設置した第三者委員会が明らかにした。学校側は女児の訴えに組織的な対応をしないまま、事実上放置していた。

 

第三者委は調査報告書をまとめ、市教育委員会に対し「被害児童と保護者にとってどれほどの苦しみだったか、真に理解できていたのか甚だ疑問だ」と批判した。

 

報告書によると、女児は15年秋~17年3月、5人の男児からボールをぶつけられたり、ランドセルを引っ張られたりする暴行のほか、きょうだいの悪口や「ガリガリ君」とあだ名を付けられるなどのいじめを継続的に受けた。教師に被害を訴えないよう口止めもされていた。

 

女児は左足首を骨折し、心的外傷後ストレス障害(PTSD)や心因性の視力障害などを負った。17年3月、女児が保護者に「嫌なことを言われた」と伝え、いじめが発覚。同月、女児の保護者が学校に被害を訴えたが、当時の校長から謝罪はなく、女児は数日後に再びいじめを受けて登校できなくなったという。

 

保護者は同時期、市教委にも第三者委の設置を要請したが、市教委は「子供たちの記憶が薄れていて実態解明は難しい」として、不要と結論付けた。その後、教育委員からの求めで第三者委が設置された。

 

報告書は、女児が2年生の1学期に生活アンケートで「けられた。なぐられた」と記載し被害を訴えていたにもかかわらず、担任が男児に「してはいけない」と声を掛けるだけで事実確認などをしなかったと指摘。「組織的な対応は皆無といっていい」とした。

 

市教委は12日記者会見し、当時の対応が不適切だったとして謝罪した。関係者の処分も検討する。

 

女児の保護者は「学校そのものが傍観者となり、いじめがエスカレートしていった。子供が安心して学べるよう取り組んでもらいたい」とのコメントを出した。大阪府警に被害届を出しており、市などに損害賠償を求める訴訟も検討するという。〔共同〕




関連記事

泰明小学校のアルマーニを悪いと報道するマスコミがおかしい!

泰明小学校のアルマーニの件は別に取り上げてどうこう言う問題ではないと思う。  

記事を読む

no image

最近少年、少女から「毒親」に困っているという相談が増えています。

最近は虐待とまではいかないんだけど、中高生、大学生から入っている部活、サークルを母親に強制的に辞めさ

記事を読む

沢尻エリカ司会の「山口組対一和会史上最大の抗争」

NHKで沢尻エリカ司会の「山口組対一和会史上最大の抗争」がやっていました。  

記事を読む

東京都大田区蒲田で虐待死させた梯沙希(かけはしさき)は宮崎県の児童養護施設出身。宮崎県の高校を卒業後に上京していた。

      東京都大田区蒲田

記事を読む

no image

小中連携懇談会 。スマホによって広がる不良ネットワーク。

今日は、小中連携懇談会がありました。   最近の小中の状況などを報告するという

記事を読む

伊藤和子弁護士がいじめられていた女性をデマだと勝手に認定

女性支援などをされている伊藤和子弁護士が仁藤夢乃にいじめられていたと告発した女性を勝手にデマだと認定

記事を読む

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)が手厚い補助金で急増。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)が手厚い補助金で急増 https://www.nikkei

記事を読む

no image

東京都北区のおときた駿議員の無知に唖然!女の子は被害者ではありません!

ブログ更新:JKビジネスも、公職選挙法も、片一方側がまったく処罰されない不思議。。 https:

記事を読む

no image

プロサッカー選手の3人に1人が鬱病。サッカー選手は鬱病になりやすい。

国際プロサッカー選手協会によると、プロサッカー選手の3人に1人、38パーセントが鬱病だそうです。

記事を読む

no image

スニーカー

スニーカー、ギャル系とかヤンキー系の子はナイキ履いてて、大人しめの子とか、清楚系の子はアディダスのス

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数