長期の集団いじめで女児骨折。大阪・吹田の小学校:日本経済新聞

公開日: : 大阪, 政治, 教育, 社会, 福祉, 若者

大阪府吹田市の市立小学校に通う小学5年の女児が1~2年生だった2015~17年、同級生の複数の男児から繰り返し暴力などのいじめを受け、骨折や心因性の視力障害を負っていたことが12日、分かった。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46007930S9A610C1000000/

 

市が設置した第三者委員会が明らかにした。学校側は女児の訴えに組織的な対応をしないまま、事実上放置していた。

 

第三者委は調査報告書をまとめ、市教育委員会に対し「被害児童と保護者にとってどれほどの苦しみだったか、真に理解できていたのか甚だ疑問だ」と批判した。

 

報告書によると、女児は15年秋~17年3月、5人の男児からボールをぶつけられたり、ランドセルを引っ張られたりする暴行のほか、きょうだいの悪口や「ガリガリ君」とあだ名を付けられるなどのいじめを継続的に受けた。教師に被害を訴えないよう口止めもされていた。

 

女児は左足首を骨折し、心的外傷後ストレス障害(PTSD)や心因性の視力障害などを負った。17年3月、女児が保護者に「嫌なことを言われた」と伝え、いじめが発覚。同月、女児の保護者が学校に被害を訴えたが、当時の校長から謝罪はなく、女児は数日後に再びいじめを受けて登校できなくなったという。

 

保護者は同時期、市教委にも第三者委の設置を要請したが、市教委は「子供たちの記憶が薄れていて実態解明は難しい」として、不要と結論付けた。その後、教育委員からの求めで第三者委が設置された。

 

報告書は、女児が2年生の1学期に生活アンケートで「けられた。なぐられた」と記載し被害を訴えていたにもかかわらず、担任が男児に「してはいけない」と声を掛けるだけで事実確認などをしなかったと指摘。「組織的な対応は皆無といっていい」とした。

 

市教委は12日記者会見し、当時の対応が不適切だったとして謝罪した。関係者の処分も検討する。

 

女児の保護者は「学校そのものが傍観者となり、いじめがエスカレートしていった。子供が安心して学べるよう取り組んでもらいたい」とのコメントを出した。大阪府警に被害届を出しており、市などに損害賠償を求める訴訟も検討するという。〔共同〕




関連記事

no image

大阪のオスカーも飲み行ったけど凄かったね!大阪は活気があった!

大阪のオスカーも飲み行ったけど凄かったね!   大阪ズーとかロッサ、美人茶屋な

記事を読む

歌舞伎町や大阪の人気ホストクラブ「エアーグループ」が摘発。

歌舞伎町の人気ホストクラブ「エアーグループ」が風営法違反で代表ら3人が逮捕されました。 &nb

記事を読む

no image

大手芸能プロダクション社長に聞いた芸能界で売れるには?

大手芸能プロダクションバーニングプロダクションの社長にお会いした時に、芸能界で売れるには何が大切なん

記事を読む

ギャルに人気だったDURASの親会社アセットナインが破産。ギャルの終焉の時代。

00年代にギャルの間で大人気だったブランドDURAS(デュラス)の親会社のアセットナインが破産しまし

記事を読む

no image

NHKプロフェッショナル仕事の流儀で銀座のクラブのママを特集。

NHKプロフェッショナル仕事の流儀で銀座のクラブのママと文壇BARのママを特集するようです。

記事を読む

no image

千鳥の路地裏探訪という番組が面白いし勉強になる。

千鳥の路地裏探訪という番組がめちゃくちゃ面白いし勉強になります。   第一回が

記事を読む

no image

お金ってあくまで手段の一つであって絶対目的ではない

結婚について、あるセレブ妻の方がお金が大事だと話されていました。確かに離婚の原因1位は「お金の問題」

記事を読む

no image

phaさんは普通にニートではなく不動産業の実業家だと思う。

ビルを建てよう http://pha.hateblo.jp/entry/2017/08/06/

記事を読む

no image

日本もトランプ大統領のことを言えない。難民や移民を全く受け入れていない。

日本もトランプのこと言えたギリではないよね。   だって日本の方がぜんぜん移

記事を読む

no image

夜の仕事の女性で昼につこうかなと考えている方はまず若者ハローワークかハローワークに行ってみましょう。

夜の仕事の女性で昼につこうかなと考えている方はまず若者ハローワークかハローワークに行ってみましょう。

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、帰国子女を中心に女性・男性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の相談、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    電話=080-3799-3208

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」協力

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数