部落解放運動家のものすごい矛盾。部落を指定することが部落の人のためになるのか?

公開日: : 最終更新日:2019/09/22 同和・被差別部落・同和教育

武田緑さん「部落(出身)ですって言うと、相手に『部落って何?』と聞かれて、うまく説明できなかった。部落って聞かれたときに『この人やで』『場所はここだよ』っていう出会いをつくりたい」と胸の内を告白

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00010004-abema-soci&p=2&fbclid=IwAR0yNU3VYvLFDwfj7O0KQ7keDfvdJBwnyzDkZIR1dvZdOluyrlWHfQB1K94

 

武田緑さんは今関西で売り出し中の部落解放運動家ですが、武田緑さんや上川多実さんもそうだし部落解放同盟や同和会もそうなんだけど言ってることが二重、三重に捻じれてると思います。

 

武田さんが言ってる「部落ってここだよ!この人だよ!」っていうことを言うな!!って解放同盟などは糾弾してるわけですよね。

 

部落名鑑なんかも問題になりましたが。

 

ただ武田さん言ってるような部落はここだと教えて差別をなくせ!!行政が指定しろ!!とも言っています。

 

部落解放運動家の人たちは被差別部落の勉強ツアーをよくやっていて、現地に行きここが被差別部落だったと教えています。

 

これは本当に現地のそこに住む方が望んでいることでしょうか?

 

他の人には部落と言うな!と糾弾しておいて、自分たちが言うのはいいのでしょうか?

 

完全に矛盾しています。

 

同和、部落への差別が根強くある原因がやっぱり解放同盟など部落解放運動家にあると思ってしまいます。

 

同和を利権化して利益を得ることが、そこに住む同和の人にとって本当にそれでいいのかものすごい疑問があります。




関連記事

no image

関西が東京より発達障害の子どもへの支援が大きく遅れているのは同和行政が原因。

関西の学校はことばの教室や発達障害の全国大会にいつも参加してませんし、関西の発達障害の研究発表を聞い

記事を読む

no image

関西は「インクルージョン」の名のもとに子どもを見捨てている。

やっぱり教育の質、教師の質、サービスの質などなんでも東京がだんとつ良いですね。  

記事を読む

no image

同和団体、部落解放同盟、人権屋、左翼のよく使う「糾弾するぞ!」という言葉のおかしさ。

私がつい先日「関西の同和教育は完全に間違っている」という記事や「被差別部落を行政が指定することが部落

記事を読む

no image

いままでの日本の保釈金の最高額は食肉の帝王で部落解放同盟幹部の浅田満氏の20億。

ゴーン社長の保釈金が10億円とありましたが、いままでの日本の最高の保釈金は食肉の帝王で部落解放同盟の

記事を読む

no image

大阪や関西の同和利権の闇がどれだけ深いか。同和関係者は税金ゼロ。同和団体に頼むと税金もゼロになる。

大阪や関西の同和利権の闇がどれだけ深いか。   みなさん大企連、中企連、ティ

記事を読む

no image

京都が地元の人たちに、自分が最近気に入っている京都の町をおススメしたら。。

最近京都市内で凄く美味しくて安い良い小料理屋もあって下町感もあり人情味もあり気に入ってる町があって、

記事を読む

no image

なぜ大阪では大阪維新の会の人気が高いのかを徹底解説。

なぜ大阪では大阪維新の会の人気が高いのか?   橋下さんがいなくなり松井、吉村

記事を読む

愛知県知事の大村秀章知事が同和利権団体の集会部落解放研究に祝辞。同和利権はダメですよね!という市民を糾弾!恫喝!

愛知県知事の大村秀章知事が同和団体の集会部落解放研究に祝辞を送りました。  

記事を読む

no image

関西の女性への支援が本当に難しい。。

いま全国の女性や児童養護施設の子の相談援助の対応をしていて関西の子の自己肯定感がものすごい低いです。

記事を読む

no image

関西の若者支援、女性支援、外国人支援などは同和関係に独占。

関西の若者支援、ひきこもり支援、女性支援、生活困窮者支援、外国人児童支援などの分野は被差別部落(同和

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数