第一三共の研究員の吉田佳右(40)が奥さんを殺害したとして逮捕(産経新聞)

公開日: : 社会

東京都大田区のマンション一室で妻(40)に有毒のメタノールを飲ませて殺害したとして、殺人容疑で逮捕された製薬大手「第一三共」の研究員、吉田佳右(けいすけ)容疑者(40)=同区西馬込=。

 

妻とは会社の同期で、お互いに薬学の知識が豊富だったとされる。

 

人を助けるはずの薬学の知識を悪用し、凶行に及んだのはなぜなのか。

 

16日午前8時54分、吉田容疑者を乗せた護送車両は、警視庁池上署に到着した。

 

捜査員に促されて車両から降りた吉田容疑者は、目や耳を覆う長髪に紺色の上衣、カジュアルな水色のTシャツ姿。

 

報道陣から向けられたカメラに目を伏せながらも、しっかりとした足取りで署へ入った。

 

捜査関係者などによると、吉田容疑者は北海道大大学院を修了後、第一三共に入社し、研究員として薬品の研究や開発を担当。

 

働きながら千葉大大学院医学薬学府で学び、博士号を取得、米国の大学にも留学していた。

 

妻の容子さんは神戸大農学部卒業後、京大大学院に進学した。

 

関係者によると、容子さんとは会社の同期で、平成22年に結婚。

 

容子さんは退職し、別の会社に就職した。

 

だが、5年以上前から夫婦関係が悪化し、家庭内別居状態だったという。

 

事件前もけんかが絶えず、吉田容疑者は「夫婦仲が悪かった」と説明。

 

容子さんの死後、吉田容疑者は会社に出勤していなかった。

 

同じマンションに住む女性は「朝、会社行くときに普通にあいさつをしていた。奥さんがかわいそう…」と声を落とした。

 

別の住人の女性は「家族連れの多いマンションで、怖い。信じられない」と驚きをあらわにした。

 

第一三共は16日、「社員が逮捕されたことを大変重く受け止めており、警察の捜査に全面的に協力し、事実関係を確認した上で、厳正に対処する」とのコメントを出した。

 

(産経新聞)




関連記事

no image

隣の男子高校生

ラーメン屋で隣の男子高校生の会話。   A「最近ツイッター3日は見てへんわー

記事を読む

no image

ヤンヒーやMDを使ったダイエットに手を出すのは絶対にやめましょう!シャブと同じです!

キャバ嬢や風俗嬢、ギャル、女子高生の間で流行ってるヤンヒーやMDダイエットは絶対やめた方がいいです!

記事を読む

no image

女性の信じてはいけない言葉

女性の信じてはいけない言葉   「私イケメン苦手なんだー」

記事を読む

no image

山手線車内で「咳をするな!コロナウイルスがうつるだろう!」と喧嘩に。

東京の山手線車内で「咳をするな!コロナウイルスがうつるだろう!」と喧嘩になっていると炎上していました

記事を読む

no image

未成年売春を規制することが裏勢力の拡大にも繋がる

未成年売春を規制することが裏勢力の拡大に繋がると書きましたが、それだけではなく、規制があると、裏勢力

記事を読む

no image

承認欲求ガー!とかいう人を引きずりおろそうとする島国根性のクズな人たちをじっちゃまが喝破。

承認欲求ガー!とかいう人を引きずりおろそうとする島国根性のクズな人たちをじっちゃまが喝破しました。

記事を読む

no image

上京したての初々しい子たちも数ヶ月後には夜の仕事をしているんだろうなーと思うと複雑な気持ちになる

春になって渋谷や池袋にも地方からの上京者が溢れてきた。   しかしこの初々しい

記事を読む

no image

石川県の小松基地を飛び立ったF15戦闘機はどこに消えたのか?

石川県の小松基地を飛び立った自衛隊のF15戦闘機がレーダーから消えてしまいました。  

記事を読む

no image

今日もバカなコメントにイライラした話。私のユーチューブの配信は最低でも高校までの歴史を勉強していないと理解できないです。

ユーチューブで今日もバカなコメントが来ていてイライラしてしまいました。   ユ

記事を読む

no image

「西郷どん」がクライマックスの西南戦争に突入。西郷さんがコミュ障すぎる!!

NHK大河ドラマ「西郷どん」が今クライマックスで西南戦争に突入してるんですが、もうかわいそうで見てい

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ