第二次世界大戦(太平洋戦争)でアメリカが最も恐れたのが登戸研究所の風船爆弾だった。

公開日: : 最終更新日:2019/06/05 政治, 社会

第二次世界大戦(太平洋戦争)でアメリカや連合国が最も恐れた機関が登戸にあった登戸研究所でした。

 

登戸研究所は陸軍の秘密研究所で戦中、戦後と隠ぺいされてきた機関でした。

 

1951年に明治大学が跡地を買収しますが、何の施設だったのか知らされておらず、近隣住民も一切知らなかったそうです。

 

1980年代に入り高校生が文化祭の研究発表で元登戸研究所所員に聞き取りを行い始めて重い口を開きどういう施設だったのかわかったそうです。

 

超音波兵器、電磁波兵器、原爆、怪力光線、光線銃、風船爆弾、BC兵器(生物化学兵器)、缶詰爆弾、偽札、毒ガスなどさまざまな秘密兵器を開発していました。

 

登戸研究所で開発した電磁波兵器の技術がその後、電子レンジに応用されたそうです。

 

他にも小型カメラの開発も登戸研究所が行ったものだそうです。

 

731部隊と同じく人体実験を行っていました。

 

731部隊は中国人捕虜やロシア人捕虜に人体実験をしていたと言われていますが、登戸研究所は日本人を捕まえて来て人体実験をしていたそうです。

 

戦争末期の惨敗中の日本軍も登戸研究所の爆弾を持っていた部隊は負けなかったそうです。

 

登戸研究所の爆弾は凄まじい破壊力だったそうです。

 

アメリカ政府が最も恐れていたのが登戸研究所の風船爆弾です。

 

風船爆弾は太平洋を渡り本土を爆撃して多大な被害を及ぼしていたそうです。

 

実際に1000発の風船爆弾がアメリカ本土に被弾してアメリカ本土で唯一の戦死者を出しています。

 

アメリカ政府は必死に被害を隠ぺいしていたそうです。

 

風船爆弾は女学生たちが和紙にこんにゃくのりを貼り合わせて作っていたそうです。

 

 

そのためアメリカは戦後まっさきに731部隊と登戸研究所をGHQの傘下に取り込みました。

 

登戸研究所はその後CIAの傘下機関としてアメリカに渡りベトナム戦争で使われた枯葉剤を開発したそうです。




関連記事

no image

政治家女子48党幹事長の黒川敦彦VSアウトサイダーの土橋政春。

政治家女子48党幹事長の黒川敦彦VSアウトサイダーの土橋政春。   これは判定

記事を読む

no image

NHKでAKBの子が門前仲町で食レポ

NHKを見ていたらAKBの子が門前仲町で食レポしてて、「ガソリンの味がする!」とか言っててウケた笑

記事を読む

no image

スナックのママとホステスを暴行して全治三週間のケガを負わせた甲賀市議が辞職。

甲賀市内のスナックのママとホステスに酔って暴行して全治三週間のケガを負わせた甲賀市議が辞職しました。

記事を読む

no image

豊臣秀吉の朝鮮出兵を指示したのはイエズス会か。

豊臣秀吉は2度の朝鮮出兵を行いました(文禄の役・慶長の役)   しかしなぜ秀吉

記事を読む

no image

福田赳夫総理は統一教会の文鮮明さんのことをアジアの偉大な指導者と言っていた。

福田赳夫総理は統一教会の文鮮明さんのことをアジアの偉大な指導者と言っていました。  

記事を読む

no image

ノーベル経済学者のポールクルーグマン

ノーベル経済学者のポールクルーグマン   「大学がコストに見合わなくなってしま

記事を読む

no image

薬害エイズと子宮頸がんワクチンは同じ。細菌兵器です。

子宮頸がんワクチンが安全とか言ってる人は薬害エイズが安全と言ってた医者や厚労省と同じなんです。

記事を読む

no image

大阪市阿倍野区の隅田文十が息子と孫の家に火をつけて全焼させたとして逮捕(関西テレビ)

5日早く、大阪府松原市にある住宅で火事がありました。火を付けたとみられる83歳の男が近くの別の住宅の

記事を読む

no image

「地元」「地域」に愛着を持たせるのは非常に危険。

地域に愛着を、地域共同体のような地元に愛着を持たせるような考え方も非常に危険だと思います。

記事を読む

no image

自己肯定感が低い、病んでいる人は今すぐメキシコやアルゼンチンに行こう!

自己肯定感が低い、摂食障害、過食、病んでいる人、何か悩んでいる人は一度コスタリカやメキシコ、コロンビ

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • wpp header='人気記事ランキング' post_type='post,page' limit=50 range='daily' order_by='views' stats_views=0