第二次世界大戦(太平洋戦争)でアメリカが最も恐れたのが登戸研究所の風船爆弾だった。

公開日: : 最終更新日:2019/06/05 政治, 社会

第二次世界大戦(太平洋戦争)でアメリカや連合国が最も恐れた機関が登戸にあった登戸研究所でした。

 

登戸研究所は陸軍の秘密研究所で戦中、戦後と隠ぺいされてきた機関でした。

 

1951年に明治大学が跡地を買収しますが、何の施設だったのか知らされておらず、近隣住民も一切知らなかったそうです。

 

1980年代に入り高校生が文化祭の研究発表で元登戸研究所所員に聞き取りを行い始めて重い口を開きどういう施設だったのかわかったそうです。

 

超音波兵器、電磁波兵器、原爆、怪力光線、光線銃、風船爆弾、BC兵器(生物化学兵器)、缶詰爆弾、偽札、毒ガスなどさまざまな秘密兵器を開発していました。

 

登戸研究所で開発した電磁波兵器の技術がその後、電子レンジに応用されたそうです。

 

他にも小型カメラの開発も登戸研究所が行ったものだそうです。

 

731部隊と同じく人体実験を行っていました。

 

731部隊は中国人捕虜やロシア人捕虜に人体実験をしていたと言われていますが、登戸研究所は日本人を捕まえて来て人体実験をしていたそうです。

 

戦争末期の惨敗中の日本軍も登戸研究所の爆弾を持っていた部隊は負けなかったそうです。

 

登戸研究所の爆弾は凄まじい破壊力だったそうです。

 

アメリカ政府が最も恐れていたのが登戸研究所の風船爆弾です。

 

風船爆弾は太平洋を渡り本土を爆撃して多大な被害を及ぼしていたそうです。

 

実際に1000発の風船爆弾がアメリカ本土に被弾してアメリカ本土で唯一の戦死者を出しています。

 

アメリカ政府は必死に被害を隠ぺいしていたそうです。

 

風船爆弾は女学生たちが和紙にこんにゃくのりを貼り合わせて作っていたそうです。

 

 

そのためアメリカは戦後まっさきに731部隊と登戸研究所をGHQの傘下に取り込みました。

 

登戸研究所はその後CIAの傘下機関としてアメリカに渡りベトナム戦争で使われた枯葉剤を開発したそうです。




関連記事

no image

地方は陰湿だから若者はみんな東京に行く。

成田闘争の記録を見ていると、至る所に~を村八分にした、~を村十分にしたとかいう記述があります。。

記事を読む

アイドルグループ8フラッグのメンバーだった小鳥遊まゆうさんが死去。ネットの誹謗中傷が原因か。

アイドルグループ8フラッグのメンバーだった小鳥遊まゆうさん(24)が死去したとお母さんがツイッターに

記事を読む

no image

令和の日本では下山事件、三鷹事件、松川事件のようなCIAの謀略が多発すると思う。

令和の日本では下山事件、三鷹事件、松川事件のようなCIA、アメリカの謀略は多発すると思います。

記事を読む

no image

力を持つ者でないと言う資格がないのか。

女の子のためになりたい!幸せにしたい!っていうんだったら、社長とかになって力をつけてから言わないと!

記事を読む

INGNI(イング)の女性社員が過労死。お兄さんが妹の過酷労働を告発!

INGNI(イング)の女性社員が過労死しました。    

記事を読む

no image

やっぱり東京に来たらダメですよ

仕事終わりに代官山のカフェに来たら、右隣も左隣も地元の青森に帰りたいとか、地元の岐阜に帰って派遣で働

記事を読む

no image

大阪の未成年の女の客引きは女ヤクザと思って間違いないですよ!

知的障害者1500万円被害か 奈良県警捜査 https://mainichi.jp/artic

記事を読む

no image

趣味も仕事も中途半端になあなあでやってても面白くない。

こういうふうに趣味を楽しめる大人に私はなりたひ pic.twitter.com/U7jI1ZN91p

記事を読む

東京都児童相談センター課長代理で児童福祉司の佐々木義邦が他人の戸籍8つを不正入手したのは児童売春、児童売買、臓器売買組織に売るためか。

東京都児童相談センター課長代理で児童福祉司の佐々木義邦が他人の戸籍8つを不正に取得したとして逮捕され

記事を読む

no image

池袋、六本木、麻布十番、川崎は関東の大阪!

池袋、六本木、麻布十番、川崎は関東の大阪!   なんでもありでめちゃくちゃでお

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数