帰国子女は絶対に関西に住んではいけない!

公開日: : NPO, 東京, 福祉, 若者

関西のひきこもり支援団体やフリースクールの代表の方と話をさせていただくと「うちに来ている子どもたちのほとんどは帰国子女なんです」という話をされていました。

 

帰国子女というのは実は日本に帰国後にひきこもりになったりいじめ被害にあったりすることが多いのです。

 

ではなぜ帰国子女が関西に住むのは絶対にやめた方がいいのか?

 

関西というのは実は日本で一番閉鎖的であり同調圧力が強い街なのです。

 

多様性を認めよう、個性を認めようということに一番遠い街が実は関西です。

 

非常に田舎的な要素が強いのが関西なのです。

 

では帰国子女はどこに住めばいいのか?

 

まず一番帰国子女にお勧めなのは東京です。

 

東京という街は人の入れ替わりが激しく多様性や異文化を受け入れようという空気があります。

 

人情に厚いのも実は東京です。

 

よく関西が人情の街とか言われますがそれはウソです。

 

大阪には情のカケラもありません。

 

また東京は教育レベルも段違いに高く教育環境の面でも他県の比ではありません。

 

東京以外なら埼玉も良いと思います。

 

埼玉は人も優しく多様性を受け入れやすい街ですね。

 

私が知っている帰国子女の人たちも東京や埼玉にいる帰国子女の子どもや若者はみんな生き生きと目を輝かせています。

 

対して大阪や京都、滋賀、兵庫など関西の帰国子女の子どもたちや若者はみんないじめ被害や中傷に悩み死んだ目をしています。

 

私の後輩の帰国子女の子も関西に住んでいじめられて自殺しました。

 

後輩だけではなく関西に住んだがために自殺した子どもや若者は知ってるだけでも数十人います。

 

とりあえず帰国子女の人は関西に住むのだけはやめましょう!




関連記事

no image

大阪市生野区が子供、若者がいないことから小学校が12校から4校に。中学校が6校から4校に縮小。大阪市は3区以外は子供、若者が全くいない。

大阪市生野区が子供、若者が全くいないことから小学校が12校から4校に、中学校が6校から4校に統廃合し

記事を読む

no image

国際通貨基金(IMF)が新型コロナウイルスによる肺炎感染の拡大により消費税を15パーセントに引き上げるよう勧告(時事通信)

国際通貨基金(IMF)は10日公表した日本経済に関する年次審査報告書に関し、新型コロナウイルスによる

記事を読む

no image

上京する人へのアドバイス。上京したら埼玉に住もう!

上京する人へのアドバイス 住まいは絶対都内か埼玉にした方がいいです。   神奈

記事を読む

no image

トー横界隈の親代わりを名乗る山下裕史が14歳の女子中学生にわいせつ行為を行ったとして逮捕(日本テレビ)

東京・歌舞伎町の「トー横」で出会った14歳の女子中学生とわいせつな行為をしたとして、38歳の男が逮捕

記事を読む

no image

住宅確保給付金制度はほとんど使えない制度。

住宅確保給付金制度という家賃を3か月間補助してくれるという制度がネット上で話題になっていましたが、こ

記事を読む

認定NPO法人フローレンスと細木数子事務所が提携して母子シェルターを運営。新たな子供の人身売買の拠点か。

認定NPO法人フローレンスと細木数子事務所が提携して母子シェルターを運営しています。 http

記事を読む

no image

子どもの貧困の原因はお母さんの貧困。お母さんを唯一支援しているのが俺のNPOです。

子どもの貧困って原因はそのお母さんにあるわけですよ。   子ども食堂やフード

記事を読む

「アースミュージック&エコロジー」などを展開するストライプインターナショナルの石川康晴社長が女子社員の同意がないままわいせつ行為を行うなど複数のセクハラ行為を行い厳重注意を受ける(朝日新聞)

「アースミュージック&エコロジー」などを展開するストライプインターナショナルの石川康晴社長がセクハラ

記事を読む

no image

クレジットカードでのキャッシング、カードローン、リボ払いは絶対にやめましょう!!

クレジットカードでのキャッシング、借入、リボ払いは絶対にやめましょう!   カ

記事を読む

no image

渋谷・六本木・西麻布のナイトクラブ(ダンスクラブ)でよくかかる曲の紹介です。Pitbull – Rain Over Me ft. Marc Anthony

渋谷・六本木・西麻布のナイトクラブ(ダンスクラブ)でよくかかる曲の紹介です。  

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ