ニッポンのジレンマ「働きたいのに働けない無業のジレンマ」を見た感想

公開日: : 発達障害, 社会, 福祉, 経済, 若者, 貧困

ニッポンのジレンマ「働きたいのに働けない無業のジレンマ」を見ました。

 

有名なニートのphaさんや社会学者の古市憲寿さん、えびすさん、ビリギャルの小林さやかさんが出ていました。

 

全体的には働けない若者に同情的な感じで無理して働くこともないよという感じでした。

 

ただ一つこの番組でダメなところがありました。

 

それは働けない若者にサポステ(若者サポートステーション)を勧めていたことです。

 

サポステに関してはこのサイトでも何度も書いていますが100害あって一利なしです。

 

どこのサポステも基本的に仕事の紹介はしていません。

 

よくサポステとハローワークをごっちゃにしている人がいますがぜんぜん違います!

 

サポステは基本上から目線でおっさんたちが若者にアドバイスという名の説教をするだけの場所です。

 

こんなところに行っても何の意味もないしやる気がそがれるだけです。

 

履歴書の添削も何の根拠もないし就労実績自体がないから適当なその場しのぎの添削です。

 

パソコン講座とかもやっていますが一応やってますよというようなワードやエクセルなどの基本だけを教えるもので何の役にもたちません。

 

サポステは厚労省の利権で就労しようとやってきた若者にまだ就労は早いよと自信を無くさせる場所にしかなってないのです。

 

年間3000人の相談があり就労につなげられたのは6人とかです。

 

しかもその就労も短期のバイトなどです。

 

ハローワークは35パーセント以上の就労実績があり情報も持っています。

 

若者ハローワークでは90パーセント以上正社員の就労に成功しています。

 

ちゃんとしたハローワークの職業訓練に繋ぐこともできます。

 

またサポステのような民間の助成金目当てのところと違いハローワークは公的な機関がやっているので親身になってくれます。

 

若者はこのニッポンのジレンマを見て誤解してサポステに行かなければいいなと思います。

 

仕事につけなくて悩んでいる若者が行くべき場所はサポステではなくハローワークや若者ハローワークです!

 

サポステやジョブカフェではありません!

 

そこをごまかしてサポステを勧めたジレンマは本当にダメですね。




関連記事

no image

原田曜平さんの「ヤンキー経済」を読んだ後の違和感

「ヤンキー経済 」という本を読みました。   最近言われる地方の地元志向の強

記事を読む

no image

大阪に緊急事態宣言が発令された場合、大阪市立の小中学校を原則オンライン授業に。背景にイルミナティの意向。

大阪に緊急事態宣言が発令された場合、大阪市立の小中学校を原則オンライン授業に。  

記事を読む

no image

弘道会直営ラーメン店で関東連合が店員を包丁で切りつける。

名古屋市中区のラーメン店で店員を厨房の包丁で切りつけたなどとして客の男2人が逮捕されました。

記事を読む

若者がなぜ東京に行きたがり地元に戻らないのか?

田舎のおっさんに泣いてキレた話(ユカリ・ノート) https://note.mu/an_gie

記事を読む

no image

学校の制服ってめちゃくちゃエロいよね。

思ったらさー、学校の制服ってめちゃくちゃエロいよね。   あれを最初に作った人

記事を読む

no image

地元の一番美味しい物は別の場所に吸い上げられていく。

ラジオでキノミリアを聞いていると、しーなまさんが作ったニラをJAに売りに行くとだいたい東京の業者に買

記事を読む

稲川会や関東連合の作る「ハイアンドロー」こそ最もリアルなヤクザ・ヤンキー映画。

女性たちに大人気のEXILEや3代目、ジェネレーションズなどイケメンたちの映画「ハイアンドロー」

記事を読む

no image

東京から大阪に行って感じた大阪が日本一の巨大な田舎、住みにくい街である11の理由。

東京から大阪に行って感じた大阪が日本一の巨大な田舎、住みにくい街である11の理由です。 &nb

記事を読む

no image

東日本大震災の大槌町の屋上や高台に逃げた職員には市民への呼びかけもしてほしかった。

東日本大震災の大槌町の屋上や高台に逃げた職員には市民への呼びかけもしてほしかったですね。 &n

記事を読む

no image

自分に対する自分の意見と、自分の実力が「マッチしているべきだ!」というのは幻想。実力、能力がなくても自信、自己肯定感を高く持つことが大事!(広瀬隆雄さん)

  自己肯定感は「達成(achievement)」の度合いとは無関係です。

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数