体罰問題 について

公開日: : 最終更新日:2015/10/25 教育, 社会

桜宮高校での体罰自殺問題もあって、文科省から教職員全員に今まで体罰を行ったことがあるかと、その場面についての質問用紙と保護者向けに今まで子どもが体罰をされたことがあるか、どんな状況でされたのかという質問用紙が配付されました。

 

保護者向けのものは、学校に出すのではなく、直接教育委員会に郵送するという形をとっていました。

 

学校が隠ぺいするのを防ぐためのようです。

 

文科省からは、体罰にあたる例というのが示されていました。

 

ただ、それを体罰としてしまうと、もう指導が成り立たないのではないか!?と疑問に思うものも多々ありました。

 

たとえば、席を離席して立ち歩いている生徒・児童がいたときに、「座りなさい!」と強く言うということが書かれていました。

 

これを体罰としてしまったら、ほとんどの学校の先生は日常的に体罰を行っていることになってしまうような気がします。

 

おそらく、強く言われたかどうかというのは、それを言われた子ども側が感じることなので、非常にデリケートになってくると思います。

 

文科省の方も、体罰事件が多発している現状から、範囲を広げて、これも体罰ですよ!と示したのかもしれないが、現場の教師側からしてみると、指導がさらにやりにくくなったと感じる教師が多いと思います。

 

これらの質問用紙を受けて、うちのベテランのやり手と言われる先生が、校長室に呼ばれて指導を受けていました。

 

委員会に出された中に、「子どもに強い声で指導された」と何人かから書かれたためだそうです。

 

その先生のクラスがいつもピシっと締まっていたのも、ちゃんと一回で聞かせることができる強い声の指導があったからだと思います。

 

そのため、その先生も他の若手には、「子どもにはちゃんと一回で聞かせるような叱り方をしないとダメだ!」とよく指導していました。

 

しかし、この口調が体罰だと認定されてしまうと、若手の先生への指導も違ったものになってくるのかもしれません。

 

この先生は、管理職や保護者に詫びて、こういう強い口調での指導はしないと明言していましたが、どうにもやり切れなさが残っているようでした。

 

その状況を見ていた先生方は、一様に「教育現場はどんどんやりにくくなってくるなー」とつぶやいていました。

 

時代に合わせて、従来の良いとされていたベテランの指導法も転換を余儀なくされてくるのでしょうね。

関連記事

no image

奈良の女児連れ去り事件だけど、開放倉庫なんかに女児を連れて行ってる親もどうかしてると思う!あそこはロリコンとワーキングプアのたまり場。超危険地帯。

奈良の女児連れ去り事件だけど、事件場所が香芝の開放倉庫だって聞いて、納得したわ。  

記事を読む

no image

大阪人と関東人が根本的に合わないのは、大阪は商人の文化、関東は武士の文化だから。

関東は武士の街、関西は商人の街やね。 関西の接客はすごいもん笑   関西は商人

記事を読む

no image

渋谷が健全化されていく中で、渋谷がどんどんつまらない街になっていった。

今朝日新聞の社会面で渋谷をシリーズで特集してるんだけど(今日は109とギャル)、渋谷の街が健全化して

記事を読む

ソープ界のレジェンド朝倉七海さん。俺も一度でいいから遊んでみたかった(>_<)尾崎豊、マイケルジョーダン並のカリスマ性。

この人がずっとソープ界のナンバーワンだった朝倉七海さん。   もう何年もずっと

記事を読む

no image

横浜全体には得体の知れない陰鬱とした冷たさと怖さがある。大阪のように貧しい地域ではないのに。

横浜市って街全体が陰鬱とした空気をまとってるね。   これは歴史的なことなのか

記事を読む

no image

アベノミクスは物価上昇と金融市場の上昇はするが賃金上昇は置き去りにされスタグフレーション化する

安倍さんはここ20年歴代の総理がなんとかデフレを克服しようとしたけどできなかったので、思い切った策と

記事を読む

渋谷キャメロットの男たち

渋谷のキャメロットでの一幕。   まだ時間が盛り上がりの時間に達していないと

記事を読む

no image

長野県にもとうとう未成年との性交渉禁止条例が制定!

子の性被害防止、長野も条例:朝日新聞デジタル https://t.co/e9O6FhI4v4

記事を読む

no image

弘道会って山口組の武闘派で見るからにヤクザみたいな人多いのに、竹内会長は甘いマスクなのが意外!

山口組の弘道会の会長の竹内さんがアメリカから経済制裁の指定受けたんですね!  

記事を読む

no image

最近六本木や西麻布、麻布十番の仕事終わりのキャバ嬢をつけて家の中に入った後に襲い強盗するというのが流行っています!

最近、六本木の外国マフィアやシンジケート、日本の不良の間で六本木や西麻布の仕事終わりのキャバ嬢をつけ

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
  • 友だち追加数