体罰問題 について

公開日: : 最終更新日:2015/10/25 教育, 社会

桜宮高校での体罰自殺問題もあって、文科省から教職員全員に今まで体罰を行ったことがあるかと、その場面についての質問用紙と保護者向けに今まで子どもが体罰をされたことがあるか、どんな状況でされたのかという質問用紙が配付されました。

 

保護者向けのものは、学校に出すのではなく、直接教育委員会に郵送するという形をとっていました。

 

学校が隠ぺいするのを防ぐためのようです。

 

文科省からは、体罰にあたる例というのが示されていました。

 

ただ、それを体罰としてしまうと、もう指導が成り立たないのではないか!?と疑問に思うものも多々ありました。

 

たとえば、席を離席して立ち歩いている生徒・児童がいたときに、「座りなさい!」と強く言うということが書かれていました。

 

これを体罰としてしまったら、ほとんどの学校の先生は日常的に体罰を行っていることになってしまうような気がします。

 

おそらく、強く言われたかどうかというのは、それを言われた子ども側が感じることなので、非常にデリケートになってくると思います。

 

文科省の方も、体罰事件が多発している現状から、範囲を広げて、これも体罰ですよ!と示したのかもしれないが、現場の教師側からしてみると、指導がさらにやりにくくなったと感じる教師が多いと思います。

 

これらの質問用紙を受けて、うちのベテランのやり手と言われる先生が、校長室に呼ばれて指導を受けていました。

 

委員会に出された中に、「子どもに強い声で指導された」と何人かから書かれたためだそうです。

 

その先生のクラスがいつもピシっと締まっていたのも、ちゃんと一回で聞かせることができる強い声の指導があったからだと思います。

 

そのため、その先生も他の若手には、「子どもにはちゃんと一回で聞かせるような叱り方をしないとダメだ!」とよく指導していました。

 

しかし、この口調が体罰だと認定されてしまうと、若手の先生への指導も違ったものになってくるのかもしれません。

 

この先生は、管理職や保護者に詫びて、こういう強い口調での指導はしないと明言していましたが、どうにもやり切れなさが残っているようでした。

 

その状況を見ていた先生方は、一様に「教育現場はどんどんやりにくくなってくるなー」とつぶやいていました。

 

時代に合わせて、従来の良いとされていたベテランの指導法も転換を余儀なくされてくるのでしょうね。

関連記事

no image

死にたいとか、生きるのが辛いとか、生きる意味がわからないとか言ってる人は一回捕まって塀の中に行け

和民やユニクロがいくらブラックだ!ブラックだ!と言われても、ボコボコにされたり、給与を払ってもらえな

記事を読む

no image

最近社会全体が規則を守ってない者に対して異常に厳しくなっていってる気がする。不寛容社会。

最近さー、電車とか駅でマナー違反してる中学生とかおじさんにめちゃくちゃキレて注意してるおじいさんとか

記事を読む

no image

社会福祉士、精神保健福祉士=ソーシャルワーカーではない!保育士も介護福祉士もキャバ嬢もスカウトもソーシャルワーカー。

社会福祉士養成教育に問題提起するなら社会福祉士を取得してから言え、と恩師に言われて取った。取得し

記事を読む

no image

現在の児童福祉法はどう考えてもおかしい!未成年の売春を認めるべき!

中3少女を買春容疑、三菱東京UFJ行員逮捕 本人否認:朝日新聞デジタル https://t.co

記事を読む

no image

国連が指摘した援助交際率について。援助交際率が上がってるのは確かだと思う。原因はJKビジネスを潰したから。

国連の女子高生の援助交際率が高すぎるんじゃないか?って問題だけど、これはこの前週刊ポストさんの取材で

記事を読む

no image

夜の世界もグローバル化。風俗嬢やキャバ嬢が海外に出稼ぎに行き稼いでいる。

製造、サービスなどあらゆる昼の分野でグローバル化が進んでいます。   しかしこ

記事を読む

no image

今年のファッションの流行がこのバイカラーらしいですね。やっぱりリゼクシーは最高です!

【WEB STORE】話題殺到ワンピのご紹介② 存在感たっぷりのSEXYワンピで、カラーバリエーショ

記事を読む

大阪人の他県民から理解できないところ

大阪人の他県民から理解できないこと。   大阪人は子どもから大学生からサラリー

記事を読む

no image

夜の世界にいて今活躍している芸能人は多いですね。

夜の世界にいて今活躍している芸能人は多いですね。   六本木の老舗キャバクラニ

記事を読む

岡崎京子さんは男性社会の女性性を逆に利用する強く美しい女性を描こうとした。

ただ岡崎京子さんが描こうとしたリアルな東京、リアルな少女に関しては今読んでもまったく古びることがない

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    TIME誌「女性の貧困について」
  • 友だち追加数