団地団に行ってきました。山内マリコさんや雨宮マミさんはマイルドヤンキーを理解できないんだろうなー

公開日: : マイルドヤンキー, 地方, 大阪, 女性, 書評, 社会, 若者

昨日は団地団に行ってきました。

 

サブカル好きは60年代安保、70年代安保の学生運動に乗れなかった人たち。

 

80年代はサブカルチャーの熱気があったから学生運動の祭はおきなかった。

 

エヴァ以後の世相を反映するようなサブカル作品がない。

 

学生運動の後の「祭」は何なのか?

 

ユーチューブも下火(見てるのはほとんど小学生で企業も一斉に手を引いた。)

 

ニコ動が次の「祭」なのか?

 

ニコニコ超会議になぜ15万人も集まるのか?

 

中年世代にはニコニコ超会議の面白さがわからない。

 

などが昨日の団地団の面白いなと思ったところです。

 

俺もニコニコ超会議の面白さが全くわからないです。。

 

いちおう20代ですが、ニコ動の何が面白いのか全くわからないです。。

 

次の「祭」はニコ動ではないと思います。

 

ニコニコ超会議でも。 正直ニコ動は一部のオタク層がやっているものだと思います。

 

正直周りの人たちはほとんどニコ動やってないです。。

 

あと最後に山内マリコさんが、最近のユーチューバーなんかの若い子を呼んでなんで消費しないか聞いたらどうかみたいことを言ってましたが、それに速水さんがそれは答えが出てて若い子はそれに価値を見出してないからだ、山内さんの考え自体が旧世代の若者の考えだみたいに言ってましたがその通りだなと思いました。

 

山内さんはインタビューなんかを聞いていたり、本を読んでたりしても、東京への憧れ的な部分をかなり持っていて現代の若者的なマイルドヤンキー的な考え方とは全く正反対の考え方だなと思います。

 

これは世代的なものなのか、この東京への憧れ的な思想って山内マリコさんや雨宮マミさん、峯なゆさかん、まんしゅうきつこさん、鈴木涼美さんにも共通してある気がする。

 

あと山内さんが言ってたように、消費による自己実現的な思考もあると思う。

 

これが今の若者は正反対なんだと思う。

 

消費による自己実現もしようとしないし、東京への憧れもまったくない。

 

むしろ反東京的な価値観、地元至上主義的な価値観がある。

 

あと面白かったのは、ホリエモンが家事全般は外注したら2万でできる的なことを言って専業主婦の価値は月2万なのかで炎上したっていうところの話。

 

それに対して山内マリコさんが昔ある調査で専業主婦の年収を試算したら250万だったみたいなことを言ったら、専業主婦の女性たちから私たちの労働は250万みたいな安い労働じゃない!もっと高い!って抗議があったのに、ホリエモンが専業主婦の労働は年収24万だって言ってそこまで主婦の労働をダンピングするのか!と怒りを覚えたと言ってました。

 

それに対して速水さんがそれはマルクスが悪い!っていうところが面白かったです(笑)

 

山内マリコさん「えー!!マルクス!!」って声裏返ってました(笑)

 

マルクスが家事全般をやっている時間のみを労働とみなしたことが間違いみたいです。

 

サラリーマンでいうと、マルクスは家帰って寝て、また会社行く時間というのを労働と見てなかったから見誤ったみたいです。

 

だからフェミニズムからその後マルクスへの批判につながると。

 

山内さんは最近の女性活用社会とか女性が輝ける社会とかいうのが、女性に家事を押し付けておいて、そのうえ男性のようにフルで働け!っていう社会のことだ!男性側が家事をやるように逆に降りて来い!って言ってました。

 

それは確かにそうですよね。

 

ただ現実問題男性側は超激務だからやる気はあっても、なかなか仕事に家事や育児もというのが難しいのではないかと思います。

 

あと次回のテーマのところで、山内マリコさんが東京をやりたい!と言っていたり、ウエブ連載の「東京23区」書いているのを読んだりして思ったんですが、山内マリコさんは本当に「東京」が好きなんだなー!と。

 

ヤンキーやマイルドヤンキーのことはたぶん嫌いなんじゃないかと思います(笑)

 

山内マリコさん自身、地元の富山にはヤンキーとマイルドヤンキーしか居場所がなかったって語ってられたのでそうなのだとは思いますが。

 

その辺の苦悩を書かれたのが「ここは退屈迎えに来て」ですよね。

 

雨宮マミさんのウエブ連載「東京」を読んでいても同じように感じました。 東京への憧れと地元地方の退屈さ。

 

たぶん雨宮マミさんもマイルドヤンキーやヤンキーは嫌いなんじゃないかなー(笑)

関連記事

no image

TBSの「報道特集」で女性の貧困特集の取材に答えました。問題解決の本質は女性が女性らしく働ける職場環境にすることと、学校を多様性や寛容さを持つ場所にすること。

TBSの「報道特集」で女性の貧困特集をするということで取材に答えました。  

記事を読む

神楽坂のセッションハウスでやっていたcolaboの「私たちは買われた展」に行ってきました。

神楽坂のセッションハウスでやっていたcolaboの「私たちは買われた展」に行ってきました。 &

記事を読む

no image

男性介護士はめちゃくちゃモテる!!結婚したい男性は介護士をやればいいと思う。

男性介護士は劣悪なブラックとか今いろいろ言われていますが、女性にはかなりモテるようです。 &n

記事を読む

no image

JKビジネス規制派はJKビジネスをしたい女子高生の権利を侵害している

何度も言いますがJKビジネスは少女の最後のセーフティネットでした。   でし

記事を読む

no image

女性検事や女性警官、女性担当などは厳しい!

一般的に風営法違反など夜関係の事件は男性検事よりも女性検事の方が遥かに厳しい!  

記事を読む

no image

東京に好んで住んでいる関西人は35パーセントしかいない。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングによると東京で働く25歳~40歳の関西人の65パーが関西に帰りた

記事を読む

何度も言うけど西成って名前だけ一人歩きしてるけど、治安はぜんぜん悪くないよ。麻布や南青山の方が100倍悪い!

2008年西成暴動https://t.co/f2FF1QAVV2 — 組長 (@6yamagu

記事を読む

no image

ナンバーワンキャバ嬢セミナー10月3日17時半から開催です。

ナンバーワンキャバ嬢セミナー明日17時半から開催です。   これから始まるマ

記事を読む

全国一自殺が少ない街大阪。原因もほとんど生活苦なので、大阪で生活できれば一番幸せ!

全国一自殺者が少ないのが内閣府の発表によると大阪らしいです。   自殺理由のほ

記事を読む

渋谷に女子高生、女子中学生数百人を金持ちおじさんに繋ぐ女子高生がいます。

渋谷の109前にお昼に女子中学生、女子高生とおやじの援助交際をマッチングしてる女子高生の仕切り役がい

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    TIME誌「女性の貧困について」
  • 友だち追加数