座間の9人殺しはシリアルキラーではなくAV強要と臓器売買事案。

公開日: : 最終更新日:2018/05/15 AV, 社会

座間の事件はAV強要と臓器売買が絡んでいると思います。

 

実際に歌舞伎町と池袋のAVプロダクションでAV強要してクスリ漬けにして嫌がって飛んだ子を探して殺して臓器売買やってる大手AVプロダクションがあるのです。

 

最近クスリで捕まった麻生希は白石の所属したプロダクションの女優です。

 

また白石が所属していたスカウト会社もヤクザ直営で闇金からクスリの売買、臓器売買まで手掛けています。

 

白石が所属していたエクセレントの社長加藤(ドバイ)は住吉会幸平一家加藤連合です。

 

白石が最初に職安法違反で逮捕されたときは成人女性の斡旋ではなく18歳以下の未成年少女の斡旋いわゆるプチエンジェルをやっていて逮捕されたものなのです。

 

つまり普通のスカウト会社ではないのです。

 

この18歳以下の少女の斡旋いわゆるプチエンジェルはずっと住吉会が得意のシノギなのです。

 

プチエンジェル事件の時は渋谷の住吉会石井会が行っていましたが石井会が消滅したあとは別の住吉会の組織が行っています。

 

住吉会は2017年にも徳洲会病院と組んで日本初の臓器売買事件で摘発されています。

 

住吉会は依然として政財界の大物を顧客として病院と組んで臓器売買を行っています。

 

そこはAV業界やキャバクラ業界、風俗業界でも絶大な力を持っていてAV関係者、水商売、風俗関係者はかなり恐れているところです。

 

AV強要してクスリ漬けにしてたプロダクションから逃げた子を殺して臓器売買。

 

だとしたらこれは組織犯罪になりますね。

 

逮捕前に白石は入っていたヤクザ直営のスカウト会社に臓器売買の運び屋もやらされていたそうなので、この事件がAV強要や臓器売買に絡むものであることは間違いないと思います。

 

あの座間の部屋は単なる頭部の遺体置き場だと思いますね。

 

もし発覚したときに白石が逮捕要員として罪を被りシリアルキラー、サイコパスとして逮捕されるという筋書きですね。

 

白石が「金はある」と言っていたこともそれを裏付けていると思います。

 

女性の風俗店への紹介料などでは金に余裕があるわけがありませんから。

 

白石は江の島には行ったことがないのに、なぜ被害者の携帯電話が江の島に捨てられていたのか?

 

徳洲会も湘南藤沢にありますね。

 

シリアルキラーではないですよこれは。

 

完全なAV強要と臓器売買事案です。




関連記事

no image

今回のLIFE、ポジティブの現在、ネガティブの未来で勉強になったことメモしておきます。

今回のLIFE、ポジティブの現在、ネガティブの未来で勉強になったことメモしておきます。 &nb

記事を読む

no image

難波や心斎橋のキャバ嬢やホステス、飛田新地の女の子はどこに住むのがベストか?

難波の宗右衛門町のキャバ嬢やホステス、風俗嬢の子は売れてる子は難波、心斎橋周辺。  

記事を読む

no image

LVMHやシャネル、ブルガリなど海外ブランドにキャバ嬢から転職する子も多いです。

LVMHが仏紙パリジャン買収に向けて交渉していることが明らかに。メディア部門拡大へ http:/

記事を読む

no image

渋谷や麻布の昼下がりのカフェでまったりとお茶してるオラオラの兄ちゃんは実は大金持ち

渋谷とか麻布に平日の真昼間からカフェとかでまったりしてるオラオラ系の兄ちゃんは実は元KGBの〜とか元

記事を読む

no image

どんな田舎でも潰れないのが美容室と洋品店とスナック。それくらいキャバ嬢は社会から必要とされている仕事。

日経BPプロデューサーの柳瀬博一さんがどんな地方の商店街でも潰れないものが三つある。 &nbs

記事を読む

no image

お金があっても幸せにはなれない。東京23区で最も離婚率が高く定住率が低いのが港区(六本木や西麻布、麻布十番など)

港区が納税額1位で離婚率も1位、定住率が低いって金だけでは幸せになれないみたいで複雑。東京だけで

記事を読む

no image

女性の信じてはいけない言葉

女性の信じてはいけない言葉   「私イケメン苦手なんだー」

記事を読む

no image

少年法は今すぐにでも改正した方がいいと思う。少年犯罪は確実に凶悪化していると思う。

少年犯罪が増加も凶悪化もしていないということをよく専門家とかが言うけど本当にそうなのかな?っていうの

記事を読む

no image

静脈麻酔は非常に怖い。死の危険がある。

    静脈麻酔は患者側からすると楽で痛くない最先端

記事を読む

no image

原田曜平さんの「さとり世代」の感想。

原田曜平さんが博報堂の若者研究会の現役大学生61人と対談したさとり世代 を読みました。 &nb

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、帰国子女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の相談、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」協力

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数