倉敷市の神戸山口組熊本組組長宅に発砲した山口組杉本組幹部の河島秀之に懲役10年の判決

公開日: : 最終更新日:2024/01/31 ヤクザ・マフィア

岡山県倉敷市の特定抗争指定暴力団神戸山口組熊本組の藤原健治組長(75)宅に向け、拳銃のようなもので発砲したとして、岡山県警は20日、殺人未遂などの疑いで、対立する特定抗争指定暴力団山口組杉本組の幹部の河島秀之容疑者(58)=同県津山市=を再逮捕した。

 

県警は認否を明らかにしていない。

 

再逮捕容疑は5月30日午後6時ごろ、同県倉敷市の男性組長宅の敷地に侵入し、弾丸数発を発射し、玄関ドアや壁を損壊させたとしている。

 

組長は在宅だったが、けがはなかったという。

 

河島容疑者は県警倉敷署に出頭。

 

発砲事件への関与をほのめかしたため、県警は銃弾1発を所持したとして、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕していた。

 

(産経新聞)

 

岡山県倉敷市で2021年5月、特定抗争指定暴力団神戸山口組傘下の男性組長宅を銃撃したとして、殺人未遂などの罪で懲役13年を求刑された特定抗争指定暴力団山口組杉本組の幹部河島秀之被告(60)に、岡山地裁は20日、懲役10年の判決を言い渡した。

 

宇田美穂裁判長は「抗争を背景とした暴力団ならではの発想に基づく計画的かつ反社会的な犯行」と批判した。

 

相手の面前で銃撃した事案より刑事責任は軽いとして量刑を減じた。

 

弁護側は威嚇のためだったと殺意を否定し、殺人未遂罪は成立しないと主張。

 

宇田裁判長は弾丸の殺傷能力は高く、殺意があったと認定した。

 

(共同通信)

 

銃撃されたのは神戸山口組熊本組藤原健治組長宅でした。

 

藤原健治は日本のヤクザ。

 

指定暴力団・神戸山口組元舎弟頭補佐、三代目熊本組元組長。

 

河島秀之は日本のヤクザ。

 

指定暴力団・六代目山口組・三代目杉本組幹部。




関連記事

no image

静岡県伊豆市内の住宅で大麻を栽培したとして山口組秋良連合会兵藤会二代目児島興業幹部ら5人を逮捕(静岡放送)

販売目的で大麻草を静岡県伊豆市内の住宅で栽培したほか、乾燥大麻を所持していたとして、指定暴力団六代目

記事を読む

no image

愛知県豊橋市東脇の会社役員の今野基弥が暴力団組員を建設現場に派遣したとして逮捕(メーテレ)

無許可で建設現場に作業員を派遣したとして、会社役員の男が逮捕されました。  

記事を読む

no image

小桜一家幹部の吉原貞吉と息子の吉原義人が拳銃を所持していたとして逮捕(MBC南日本放送)

拳銃1丁を所持していたとして、指定暴力団・四代目小桜一家の傘下組織の幹部の男とその息子が現行犯逮捕さ

記事を読む

no image

読売新聞やテレビ朝日などマスメディアが一斉に山健組が6代目山口組に戻るかと報道。背景にCIAの意向。

読売新聞やテレビ朝日などマスメディアが一斉に山健組が6代目山口組に戻るかと報道していました。

記事を読む

no image

神戸山口組宅見組敬心連合副組長で船田組組長の船田光夫ら5人が大崎市内のアパートに侵入して現金5400万円と印鑑が入った金庫を盗んだとして逮捕(暴力団ニュース)

宮城県警は28日までに宮城県大崎市内のアパートから現金およそ5400万円が入った金庫などを盗んだ疑い

記事を読む

no image

侠道会幹部の川口洋嘉が覚醒剤を使用したとして逮捕。侠道会事務所を家宅捜索(暴力団ニュース)

広島県警は18日、今月13日に三代目侠道会幹部の川口洋嘉容疑者(43)=尾道市高須町=が覚醒剤取締法

記事を読む

no image

平成ヤクザ史上最大の謎とされている四ツ木斎場事件の真相を考察。四ツ木斎場事件は浅草妙清寺事件と同じくCIAによるエージェントの口封じ事件。

平成ヤクザ史上最大の謎とされている2001年8月の四ツ木斎場事件の真相を考察したいと思います。

記事を読む

no image

日本大学と芸能界と暴力団と政界と統一教会と創価学会。

日本大学と芸能界と暴力団と政界と統一教会と創価学会。   日本大学の田中英寿理

記事を読む

no image

住吉会系組員の藤貫真徳が高齢女性から300万円を騙し取ったとして逮捕。

茨城県警太田警察署は、振り込め詐欺グループの指示役とみられる住吉会系組員を逮捕した。 &nbs

記事を読む

no image

神戸山口組二代目安部組組員の山下隼が自立支援金を騙し取ったとして逮捕。二代目安部組事務所を家宅捜索(暴力団ニュース)

福岡県警は、新型コロナウイルスの影響で生活に困窮した人への国の自立支援金6万円をだまし取った疑いで、

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ