大田区のひき逃げ事件の中川真理紗と稲川会、CIA、イルミナティ。

大田区のひき逃げ事件の中川真理紗が34歳の女性ひき逃げして死亡させながら、懲役5年という非常に軽い罪状となっていました。

 

 

 

 

 

 

中川真理紗は2020年5月20日の昼間に品川区西大井の路上で奇声をあげて徘徊しているところを近隣住民に通報されます。

 

駆け付けた警察官に職務質問されたところを振り切って車で逃走し、大田区でひき逃げ事件を起こしました。

 

中川真理紗は川崎市川崎区藤崎出身で小学生の時に父親をガンで亡くし、その後は介護施設で働く母親の元母子家庭で育ちました。

 

中川真理紗さんの小学校、中学校、高校の同級生によると、中川真理紗さんは学生時代は非常に真面目で勤勉な方だったそうです。

 

教育熱心な母の元、中川真理紗は奨学金を得て明治大学政治経済学部に進学します。

 

中川真理紗はそこで奨学金を返すために川崎駅のキャバクラで働き始めます。

 

しかしそこが稲川会系のキャバクラで、稲川会のヒットマンと交際するようになります。

 

中川真理紗はその稲川会の彼氏にシャブ漬けにされてしまい、まともな社会生活を行うことが困難にさせられたのでした。

 

中川真理紗の彼氏はCIA、イルミナティの実働部隊、殺し屋の仕事もしていたそうです。

 

中川真理紗も彼氏から貰ったデザートイーグルを所持していてSNSにもアップしていました。

 

 

中川真理紗が乗っていた2300万の新車のベンツも彼氏にもらったものだったそうです。

 

 

覚せい剤をやってひき逃げをして、懲役5年という通常ではありえない刑期となったのも、彼氏である稲川会、CIA、イルミナティの存在があったからかもしれません。

 

この事件は中川真理紗さんだけが悪いのではなく、そもそも中川真理紗さんをシャブ漬けにした稲川会こそが最も悪いと思います。

 

中川真理紗さんが稲川会系のキャバクラで働かなければ、こういうことにはなっていないわけですから。




関連記事

no image

元福博会組員の中野こと松田靖が闇金融を経営していたとして逮捕。

福岡県警は18日午前10時ごろ、違法に貸金業を営んだなどとして指定暴力団・三代目福博会系元組員が17

記事を読む

no image

侠道会幹部の川口洋嘉が覚醒剤を使用したとして逮捕。侠道会事務所を家宅捜索(暴力団ニュース)

広島県警は18日、今月13日に三代目侠道会幹部の川口洋嘉容疑者(43)=尾道市高須町=が覚醒剤取締法

記事を読む

no image

横浜市磯子区洋光台の会社役員の川勝智弘が港北区の飲食店の店長から300万円を脅し取ろうとしたとして逮捕。

神奈川県警暴力団対策課は、男性から現金を脅し取ろうとしたうえに別の男性に暴行してけがを負わせたとして

記事を読む

no image

宇田川警備隊の小山恵吾さんとKGBの信吉さんと徳武一正さんがトップJの井上勇さんの思い出を語る。

宇田川警備隊の小山恵吾さんとKGBの信吉さんと徳武一正さんがトップJの井上勇さんの思い出を語っていま

記事を読む

no image

元山口組幹部のキム・ジェフンがノッコン寺田に勝利。

元山口組幹部のキム・ジェフンがノッコン寺田に勝利しました。   キムジェフンは

記事を読む

no image

住吉会系幹部の高橋政美と妻の真由美を覚醒剤取締法違反で逮捕。

公務執行妨害と覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で横浜市南区高砂町の住吉会系幹部の高橋政美容疑者(3

記事を読む

no image

元山口組系組長の近野洋被告が韓国籍の時計鑑定士の崔載亨(チェ・ジェヒョン)さんを殺害して山中に遺棄したとして無期懲役の判決。

元山口組系組長の近野洋被告(44)が韓国籍の時計鑑定士の崔載亨(チェ・ジェヒョン)さん(当時52歳)

記事を読む

no image

稲川会前橋一家直参中澤組副組長相崎組組長の相崎光義と星野秋吉が知人男性を車のトランクに監禁したとして逮捕。

前橋署などは31日、知人男性を車のトランクに閉じ込めて走行したとして、逮捕監禁の疑いで、いずれも稲川

記事を読む

no image

暴力団組員の尾﨑耀太が高齢女性にウソの電話をかけてキャッシュカードを騙し取ったとして逮捕(日本テレビ)

高齢女性にウソの電話をかけ、キャッシュカード3枚をだまし取ったとして、詐欺グループのリクルーターとみ

記事を読む

no image

警戒区域に集まったとして神戸山口組藤健興業幹部ら10人を逮捕。3人を指名手配。

2021年01月20日、神戸山口組三代目熊本組三代目藤健興業幹部の荒木長茂(47)ら10人が暴力団対

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ