日本の若者のニートはわずか2、3パーセント。そのうち病気の者を除くと1、3パーセントしかいない。

公開日: : 最終更新日:2018/01/30 本・漫画・書評, 社会, 若者, 貧困

工藤啓さんと西田亮介さんの無業社会 [ 工藤啓 ]を読み、お2人の講演会に行ってきました。

 

最近、NHKの日本のジレンマでも無業社会 [ 工藤啓 ]が取り上げられるくらい注目されていました。

 

しかし著者2人の考えって実は結構違うんじゃないかと感じました。

 

無業社会 [ 工藤啓 ]の反応は誰もが無業になりうる怖い社会だとか、こんなにも無業社会が深刻な問題になってきてるというような日本社会の無業を憂いでいるような論調が多いです。

 

著者の中でも工藤さんはそういう考えなのだと思います。

 

西田さんはイベントでもおっしゃっていたように、無業というのは15歳から39歳の若者全体の2,3パーセントでしかなく、しかもそのうちの4割は病気です。

 

そうなると無業者は数万人とボリュームとしてはぜんぜん大したことのない数になります。

 

なので西田さんは無業社会というのは人口のボリュームではぜんぜんたいしたことではないと語っています。

 

そうですよね。

 

だって15~39歳の全体のわずか2,3パーセントしかなく、そのうち4割が病気だったら残りは1,3パーセントしか本当の意味での無業はいないわけです。

 

だから日本のマスコミが派遣村の報道や若者のニートが凄い数いるというような報道が頻繁になされるのは、完璧なミスリーディングであるということでした。

 

だから、工藤啓さんや西田亮介さんの「無業社会」の読み方は、あー!普通に生きていれば無業に陥ることは滅多にないんだ!安心だなー!という読み方ですよね。

 

あれを読んで、 日本ってめちゃくちゃ無業になるじゃん!!やばいじゃん!!っていう読み方ではないはずなんです。

 

そのためのデータですよね。

 

求職型無業を合わせると、16人に1人(220万人くらい)で6パーセントになるそうです。

 

非希望型、非求職型の純粋な意味での無業、いわゆるニートと呼ばれる人たちが1,3パーセントしかいないということですよね。

 

マスコミの報道のされ方や世間の認識のされ方だともっとたくさんいるような報道のされ方なので完璧なミスリーディングですよね。

 

ニートは量の上では全然いないわけです。

 

それにさきほどの求職型の無業(ニートではない若者、なぜなら求職しているので)の割合を合わせても6パーセントしかいないです。

 

病気の人を抜くと5パーセントくらいでしょうか。

 

テレビや新聞などマスコミの無業やニートに対しての記事はもっと数いるように錯覚するような作りだと思います。

 

マスコミは無業やニートは数的にはそんなにいないんだということも取り上げた方がいいと思います。

 

過度に無業やニートになることを心配させるような記事や番組ばかりです。

 

あれを見たり読んだりした若者は無業になるんじゃないかと焦ってしまうと思います。

 

そんなに無業やニートになることを心配する必要はないですよ!という番組や記事もどんどん配信していかないといけないと思います。

 

ただ西田亮介さんは、無業は数的には非希望型が2,3パー、求職型を合わせても6パーとたいしたことないけども、数が少ないということは、それだけ肩身が狭い思いをしやすいということをおっしゃられていました。

 

つまりキューバなどのように無業者が多い社会だと、「俺無業になっちゃってさー!」「俺も俺も―!」みたいに軽く話せるけど、日本のように数が少ないとそういうわけにもいかないということですね。

 

確かに周りが働いてる人ばっかの方がなかなか言い出せませんよね。




関連記事

no image

ヤンヒーやMDを使ったダイエットに手を出すのは絶対にやめましょう!シャブと同じです!

キャバ嬢や風俗嬢、ギャル、女子高生の間で流行ってるヤンヒーやMDダイエットは絶対やめた方がいいです!

記事を読む

no image

NPO法人マナビーが運営を終了。NPOは認定だから良い、非認定だから悪いというものではありません。

manavee.comは運営を終了しました   大学生による授業動画で人気を博した

記事を読む

no image

長崎市長の伊藤一長さん射殺の黒幕はCIA。市長によるアメリカ批判が原因。

2007年4月17日に長崎市長の伊藤一長さんがJR九州長崎駅近くの歩道で山口組系水心会会長代行の城尾

記事を読む

no image

マリリンモンローはケネディ大統領からディープステイトの闇を聞いていたためにCIAに口封じで殺されたか。

アメリカの大人気女優だったマリリンモンローは1962年8月5日ロサンゼルス郊外のブレントウッドにある

記事を読む

海上自衛隊の公式アカウントが投稿していた写真がすごく良かった。

海上自衛隊の公式アカウントが投稿していた写真がすごく良かったです。   出国前

記事を読む

no image

慶應大学アメフト部不祥事。女子部員の風呂を盗撮。(日刊スポーツ)

慶大アメリカンフットボール部が15日、部員の不祥事で無期限活動自粛を発表した。  

記事を読む

no image

工藤明生君(あっくん)ほど六本木、銀座、歌舞伎、中洲、渋谷、熊本など日本全国のトップキャバ嬢に愛される人は他にいないと思う。人間的魅力が凄いあるんだと思う!

工藤明生君(あっくん)は歌舞伎でも六本木でも渋谷でも西麻布でも恵比寿でも銀座でもトップクラスのキャバ

記事を読む

no image

イランとイギリス、アメリカがなぜ仲が悪いのか?の話。(広瀬隆雄さん)

ちょっとアメリカとイランの歴史の話をしますね。   1901年英国の富豪ウイリ

記事を読む

大阪の十三の20歳のキャバ嬢の子が客にストーカーされた上ダムに埋められて殺される。

大阪の十三の20歳のキャバ嬢の小西優香さんがキャバクラの客にストーカーされてつきまとわれて加古川のダ

記事を読む

no image

関電はまだ正直に認めてるだけマシな気がします。

関電はまだ正直に認めてるからマシな気がします。   東電とかはもしやってても

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数