美容整形のフィラー注射が危険!!失明者多数。(毎日新聞)

公開日: : 美容・健康・青汁, 美容整形・脱毛

美容整形のフィラー注射が危険です!

 

失明者が多数いるそうです。

 

顔のしわ取りなどのために「フィラー」と呼ばれる充塡(じゅうてん)剤を注射する美容医療を巡り、「痛みや傷が残った」との訴えが後を絶たない。

 

大阪の弁護士有志でつくる「美容・エステ被害研究会」は「術後数年たって感染症やしこりなどの合併症を起こすケースもある」と警鐘を鳴らしている。

 

フィラーや脱毛、脂肪吸引など美容医療の契約や術後の健康被害に関する相談は、全国の消費生活センターに毎年約2000件寄せられている。国民生活センターは2016年、「しわ取り注射で1300万円を請求された」「注射の後、腫れがひかない」といった相談が60歳以上の女性から相次いでいると注意を呼びかけた。

 

フィラーは液状やジェル状で、コラーゲンやヒアルロン酸のように体に吸収される「吸収性」と、吸収されにくい「非吸収性」がある。

 

メスを使わない「プチ整形」として人気があり、鼻や胸を大きくする施術にも使われる。しかし、非吸収性のフィラーを使った豊胸術で健康被害が相次いでいるとして、日本形成外科学会など4団体は今年4月、豊胸目的で使用するべきではないとする共同声明を発表した。

 

研究会は7月、被害実態を把握しようと、無料の電話相談を実施した。一日で10件近くの相談が寄せられ、「料金は高額なのに効果がなかった」「注射痕ができたり、赤く腫れたりした」といった訴えの他、「何を入れたのか分からない」と話す人もいたという。

 

専門医によると、非吸収フィラーは長期間体内にとどまり、組織にしみこんで一体化する。トラブルが起きた場合、周りの組織ごと取り除かなければならず、完全に元の状態に戻すことは難しいという。

 

研究会の代表を務める西村陽子弁護士は「吸収性のフィラーも血管に詰まって失明したケースがある」と指摘。

 

「施術を受ける前に、体に異物を入れるリスクについてよく考えてほしい」と話している。

 

(毎日新聞)




関連記事

no image

静脈麻酔は非常に怖い。死の危険がある。

    静脈麻酔は患者側からすると楽で痛くない最先端

記事を読む

女子中高生の50パーセントは韓国のブランドのファッションをしている。

読売新聞の朝刊に載っていましたが、女子中高生の50パーセントは韓国のブランドのファッションをしている

記事を読む

田中みなみさんの努力と規則正しいスケジュールが凄い!

田中みなみさんのスケジュールが凄いです。   美容への努力は勉強になりますね。

記事を読む

卓球の石川佳純選手が見るたびに美人になっていきます。

卓球の石川佳純さんが見るたびに美人になっていきます。   いまの石川佳純さん

記事を読む

モデルやアイドル、女優、AV女優の美容整形はほとんどこのクリニック。

モデルやアイドル、女優、グラビアアイドル、レースクイーン、AV女優の美容整形はほとんど麻布十番のプリ

記事を読む

no image

すべてのことはブランディングで決まる。

すべてのことはブランディングで決まると思います。   アパレルも化粧品も福祉

記事を読む

no image

エステサロンPMKが社員にパワハラ、恫喝。

店舗数30店舗を数える中規模エステサロンのPMKの社長が社員に恫喝する、怒鳴る、罵るなどを繰り返して

記事を読む

no image

ミュゼプラチナムや銀座カラー、TBCなども薄利多売ビジネス。 レーザー脱毛の方が良い!!

脱毛に関しても今はテレビや雑誌などあらゆるところでミュゼプラチナムや銀座カラー、TBCなど載っていま

記事を読む

no image

韓国の美容整形の雛形を作ったのが高須クリニックの高須院長。

  韓国の美容整形の雛形を作ったのが高須クリニックの高須院長なんですね。

記事を読む

no image

資生堂の化粧品の原価率は5パーセント。1万円の化粧水は500円で作られている?

  美容外科の裏側さんによると資生堂の化粧品の原価率は5パーセントだそうです

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法、気功、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    電話=080-3799-3208

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数