トミージョン手術を受けたおよそ4割が高校生以下の子どもで、小学生もいる(NHK)

公開日: : 若者, 高校生

ひじを傷めたプロ野球選手が行うことで知られる「トミージョン手術」、じん帯を切除して行う大手術ですが、この手術を行う病院を取材したところ、手術を受けたおよそ4割が高校生以下の子どもで、中には小学生もいることが分かりました。(NHK)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190731/k10012014821000.html

 

医師は「予防すれば必要のない手術であり、野球の指導者の意識を変える必要がある」と話しています。

 

群馬県館林市にある慶友整形外科病院は「トミー・ジョン手術」を行う国内でも有数の病院で、これまでプロ野球選手を含めおよそ1200件の手術を行っています。

 

このうち、10年以上にわたって600件以上の手術を行ってきた古島弘三医師が、担当した患者を分析したところ、高校生以下の子どもがおよそ4割を占め、中には小学生もいたことが分かりました。

 

トミー・ジョン手術はひじのじん帯を切除し、ほかの部分のけんを移植するもので、手術を受けた子どもの多くは投球できない状態になっていて、手術以外に回復する方法がなかったケースが多いということです。

 

古島医師は「骨ができあがっていない子どもの時期に休まずに投げすぎることで、ひじを傷めるリスクがどんどん高くなる。予防をすれば必要のない手術であり、指導者が絶対にけがをさせないというように意識を変える必要がある」と話しています。

 

強豪校に通う16歳の高校1年生の投手は、近く、トミー・ジョン手術を受けることになりました。

 

ひじに痛みを感じるようになったのは小学生の時で、中学校に入ると1試合で100球ほど1か月では合わせて試合で800球ほど投げることがあり、強い痛みを感じることも出てきました。

 

高校に入ると痛みはさらにひどくなり、病院の検査でひじの内側のじん帯についている骨がはがれていることが分かり手術が決まりました。

 

この投手は「中学では代わりのピッチャーがいないため、大会も練習試合もほぼ1人で投げていたことが原因だと思う」と話していました。

 

手術を行う古島医師によると、野球関連の新規患者が年間におよそ800人訪れますが、そのおよそ4分の3が高校生以下の子どもで、「小中学生は骨が弱いので球数を投げていなくてもひじを傷める。

 

また痛くないと言っても、検査をするとひじの骨が変形していることがたくさんある。将来を考えると痛みがなくても1回は検査を受けてほしい」と話しています。

 

古島医師がことし1月、野球チームに所属している小学生289人のひじの状態を検査した結果、過去にひじを傷めたり、現在ひじを傷めたりしている選手は89人で28%に上りました。

 

また、病院がある高校の野球選手60人を調べたところ、39人が小中学校でひじを傷めた経験がありこのうち半数近くが高校でもひじを傷めていました。

 

一方、小中学校でひじを傷めた経験のないのは21人で、このうち高校でひじを傷めたのは2人にとどまりました。

 

古島医師は小中学校の間、ひじを傷めない環境づくりが長くプレーをしていくうえで必要だとしていて、「多いのは上手な選手が試合に出続けて、けがをするパターン。

 

子どもの時に勝ちにこだわった指導をしているかぎりひじを傷める選手は減らない」と話しています。

 

子どもたちの肩やひじのけがを防ぐための球数制限をめぐっては全国で議論が活発になっています。

 

全日本軟式野球連盟は、ことしの全国大会から試合でのピッチャーの1日の投球数を70球までに制限することを決めました。

 

全日本軟式野球連盟によりますと、ここ5年間の全国大会での各チームの投球数は、1試合平均100球程度で、1人の投手が最後まで投げ抜いた試合が全体の53%に上っていて、連盟は、球数制限の導入によって投げすぎを未然に防ぐ効果があるとしています。

 

一方、競技者数の減少などで複数のピッチャーの育成が難しいチームもあるという意見もあったということです。

 

また、高野連=日本高校野球連盟も投手の負担軽減策について検討する有識者会議を設置しています。

 

6月に開かれた会議では、球数制限が必要だということで意見は一致したということす。

 

しかし、1試合ごとに球数制限をかけることについて「チームへの制約が大きい」という反対意見が出たことから、日数など一定の期間を設けて球数を制限する案を提言する方針を決めました。

 

有識者会議ではことし11月下旬までに議論をまとめ、提言を行うことにしています。

 

アメリカでは、大リーグ機構などが2014年に18歳以下のアマチュア投手のけが防止のためのガイドライン「ピッチ・スマート」を公表しています。

 

年齢ごとに1日の試合の最大投球数を定め、7歳から8歳は50球、11歳から12歳は85球、日本の高校生にあたる17歳から18歳は105球までなどとしています。

 

さらに、1日に投げる投球数ごとに次の登板までの休息期間も示していて、17歳から18歳では31球から45球で休息期間を1日間、76球以上投げると4日間の休息期間が必要などどしています

 

また15歳から18歳では、1年間に100イニングを超えて投げてはいけないことも決めています

 

古島医師は「外国では、子どもにけがをさせると指導者としてはやっていけなくなる国もある。投球数の基準をつくることで、指導者や保護者が子どもをけがから守ろうという意識が生まれてくると思う」と話しています。




関連記事

no image

男性用ピルが開発される。

「精子を抑えて性欲を保つ」男性用ピルの安全試験が良好 https://www.huffingt

記事を読む

no image

「ライン」の大学生の新入生用プロモーション動画がめちゃくちゃリアル!

「ライン」の大学生の新入生用プロモーション動画がネット上で話題になっていました。  

記事を読む

no image

私のNGOは児童養護施設の子どもたちのアフターケアも取り組んでいます。

児童養護施設出身で現在はアフターケアに取り組まれてる方とこれからお茶することになりました。

記事を読む

CIA、イルミナティの傘下工作員の認定NPO法人フローレンス代表の駒崎弘樹は逮捕または殺される可能性が高い。

CIA、イルミナティの傘下工作員の認定NPO法人フローレンス代表の駒崎弘樹は逮捕または殺される可能性

記事を読む

理工学部の准教授が刺されたことで話題の名城大学の広告が卑猥すぎると炎上!

理工学部の准教授が刺されたことで話題の名古屋の名城大学の広告が卑猥すぎると炎上していました。

記事を読む

田中みなみさんの努力と規則正しいスケジュールが凄い!

田中みなみさんのスケジュールが凄いです。   美容への努力は勉強になりますね。

記事を読む

no image

ドワンゴのニコニコ動画が高齢化。有料会員は年間28万人減。

ドワンゴの運営するニコニコ動画が高齢化。有料会員は年間28万人減。 http://www.it

記事を読む

no image

「月曜から夜ふかし」の盛岡ゼブラ応援団の齊藤さんは良い!周りも温かく応援してあげましょう。

「月曜から夜ふかし」で盛岡ゼブラを熱狂的に応援していた齊藤晃さんという方が出てきました。 &n

記事を読む

no image

渋谷・六本木・西麻布のナイトクラブ(ダンスクラブ)でよくかかる曲の紹介。Taio Cruz – Break Your Heart

渋谷・六本木・西麻布のナイトクラブ(ダンスクラブ)でよくかかる曲の紹介です。  

記事を読む

no image

田舎の学生を見ると自分も田舎の学生生活を体験してみたかったなと羨ましくなります。

田舎に行って学生を見ると、都市部の学生と違いものすごい素直で擦れていない純朴な学生なんだろうなという

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数