アパレル崩壊。アパレル産業の総ブラック化。

公開日: : 最終更新日:2017/08/06 アパレル, ファッション, 社会, 美容・健康・青汁, 若者

読売新聞でアパレル産業のブラック化について連載が始まっています。

 

日経BPでも誰がアパレルを殺すのか [ 杉原 淳一 ]という本が発売されて話題になっています。

 

百貨店の売り上げが軒並み低迷していて大変な状況のようです。

 

つまり中価格帯~ハイブランドが軒並みダメだということですね。

 

オンワード、三陽商会、ワールド、THIホールディングスなどですね。

 

大手4社は15~17年度に合計1500店舗以上を閉鎖し希望退職は1000人以上にのぼるようです。

 

三陽商会は主要ブランドはエポカ、ポールスチュアートなどです。

 

バーバリーを失ったことで大幅赤字に転落したようです。

 

オンワードは23区や組曲、icbなどです。

 

ワールドはアンタイトル、オゾックなどですね。

 

TSIはナノユニバース、ステューシーなどです。

 

百貨店同様に渋谷109やルクアイーレ、ルクアなどの中価格帯の専門店街、SCなども軒並み厳しいようです。

 

原因としてはファストファッションの台頭ですね。

 

ZARAやフォーエバー、H&M、ユニクロなどの安いブランドしか消費者は買っていませんね。

 

あとは【神戸レタス】楽天市場メルカリなどのネットショッピングの台頭があると思います。

 

ネットショップもファストファッション同様で安くて良い物が手に入ります。

 

また第二回で書かれているのはアパレルメーカーがデザイン、企画をしなくなっているそうです。

 

以前なら卸の専門商社が生地だけを展示していたのが、最近は生地だけでなくデザインまで全て行っているようです。

 

マネキンに300点のデザインされたものが並ぶようです。

 

2000年代以降ユニクロなどファストファッションが海外で自社開発の商品を大量生産しだしたために、従来の中価格帯メーカーはコスト面で対抗するために卸商社に全て丸投げする形になったようです。

 

アパレルメーカーが開発コストを削って商社に丸投げした結果、品質が低下して消費者からはそっぽを向かれる結果になったようです。

 

勝ち組だと言われているユニクロも売上高は横ばいでブラック労働が問題となっていました。

 

しまむらも出店はしていますが第1四半期決算が2ケタ減益と大幅に悪化しています。

 

しまむらのビジネスモデルは限界か?とも言われています。

 

https://www.fashionsnap.com/the-posts/2017-07-27/simamura-limit/

 

サマンサタバサもここにきてかなり落ち込んでいるようです。

 

 

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120170713431090.pdf

 

中価格帯のアパレルメーカーや大手の百貨店に就職した子たちからは過剰なノルマや売り上げ目標を立てられて達成できないと詰められるそうです。

 

そのために精神疾患や鬱病になってしまう人も多いようです。

 

アパレルの総ブラック化が始まっていると思いますね。

 




関連記事

no image

日本エンターライツ協会の声明がおかしい!まるで圧力声明。

日本エンターテイナーライツ協会が、武井咲の違約金10億円報道をうけ声明。10億円は到底考えられず、報

記事を読む

no image

A級戦犯が処刑された巣鴨プリズンが現在の池袋サンシャイン。

【事件史】死刑になった元総理がいるのをご存知か? 第32代総理大臣 廣田弘毅。 「満州事変以降の

記事を読む

六本木、麻布エリアは権力者がガールズバーやラウンジ、クラブを目の敵にしている。

六本木、麻布は昔からの低層高級住宅街なんですね。   だからスカウトとかホーム

記事を読む

no image

川崎のさいか屋つぶれるんだー!残念。。

川崎駅前の「さいか屋」が閉店してしまうんだけど、いま入り口のところで写真展やってて、それがすごくおも

記事を読む

no image

昼の世界のレールに乗ることしか知らないものがJK産業の子を昼の価値観で理解しようとするのは無理

風俗やキャバクラ、JK産業を搾取という頭の弱さ。   一体誰が搾取しているんで

記事を読む

no image

美容師って技術職だから何歳になってもできるんじゃないの?

美容師って若い間は勤め人としてやっていけるけど、一定の年齢になると、どうしても「経営者側」に回らざる

記事を読む

no image

キャバ嬢、風俗嬢の9割は月収20万~30万。派手で金遣い荒いなどというのは幻想。夜の世界への偏見を変えないといけない!

政府や企業にNPOとして寄付を頼むときに、何のNPOなんですか?と聞かれて、「キャバ嬢や風俗嬢、家出

記事を読む

no image

大阪人は金がないから大阪では高級スーパーは流行らない。

いかりスーパーて勢いなくなってきてる気がするんだけど…やっぱり? https://t.co/CR

記事を読む

no image

よくキャバ嬢は誤解していますが、大企業のサラリーマンよりも新興企業のサラリーマンの方がお金を持っています。ストックオプションがあるので。

よくキャバ嬢なんかでも誤解してますが、大手の大企業のリーマンの方が新興ベンチャーやIT系よりも金持っ

記事を読む

no image

学校の学級経営における女の子の指導と管理とキャバクラにおける女の子の教育と管理は同じ!良い黒服は良い教師になれる!

教師時代、子どものサイレントメッセージを見逃すな!とよく言われていました。  

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、シングルマザーを中心に女性・男性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力

    週刊ポスト「援助交際について」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数