キャバ嬢とホスト、キャバクラとホストクラブは似ているようで全然違う。ホストの方がかなり難しい。

公開日: : 最終更新日:2016/06/01 キャバクラ・ラウンジ・クラブ, ホスト, 社会

よく誤解している人がいるのがホストはキャバクラの男版だと思ってる人。

 

キャバクラとホストクラブは似ているようでぜんぜん違います。

 

キャバ嬢とホストどちらが難しいか? もちろん両方とても難しい仕事だと思いますが、俺はホストの方がかなり難しいと思います。

 

まず前提としてキャバクラとホストクラブでは需要が違います。

 

キャバクラはなんだかんだ言ってもサラリーマンの接待でも使われるし、男同士で居酒屋で飲んでたらキャバクラ行こうかという流れにもなるときがあります。

 

純粋にキャバ嬢が好きという客もいます。

 

あと男はなんだかんだ女性が好きだしエロいので、男が100人いたら99人はキャバクラが好きなのです(笑)

 

キャバクラに行かないという男も、金があればとか、彼女がいなければとなると行く人が多いです。

 

このようにキャバクラには需要がとてもあります。

 

対してホストクラブはそんなに需要自体がないです。

 

会社の接待でも使われないし、女性同士食事していてホスト行こうかとはまずならないです。

 

だからホストクラブがあるエリアはとても限られています。

 

首都圏でも歌舞伎町、池袋、横浜、立川など。

 

キャバクラはそれこそ各駅にあります。

 

そのためホストクラブでは色恋や本彼営業は必須のものになってきます。

 

キャバクラのように友営や癒し営業などはまず無理です!

 

キャバクラは純粋に話したいとか、癒されたいというお客さんも多いので友達営業でも十分成り立つし、ナンバーワンもいけます。

 

またキャバ嬢の場合は時給自体が最低時給でも2500円以上あるので、仮にお客さんを全くつかめなくても待機しているだけで2500円から引かれ物引いた額は貰えます。

 

しかしホストは時給が良くて1000円とかです。

 

ホストはなんとかして指名してもらってボトルを入れてもらわないと稼げません。

 

またキャバクラとホストクラブは客層がぜんぜん違います。

 

キャバクラの場合は結構富裕層も来るので、社長も多いです。

 

ホストクラブの場合はあまり富裕層の女性は来ません。

 

OLは初回に来てもお金自体ないので通うのは無理です。

 

なのでホストはなんとかしてOLをAVか風俗に落とす必要があるのです。

 

またホストクラブは女性が掛けで飲むことができるので、掛けで100万飲まれて女性に飛ばれるとホストが100万円を背負わないといけなくなるのです。

 

キャバクラは銀座など一部を除いて掛けで飲むシステムを採用していないので、キャバ嬢が客の飲み代を被る必要はまずありません。

 

よく歌舞伎町のホストもキャバ嬢が羨ましいよ!と愚痴ってますが、そういうことですね。

 

キャバ嬢とホストは似ているようでぜんぜん違うのです。

関連記事

no image

関東の麺文化

環七はラーメンストリートと言われるくらいラーメン屋がひしめき合っています。  

記事を読む

児童福祉法改正に断固反対!児童年齢引き上げはより児童を追い詰める!!夜の仕事の女性も追い詰められる!!

厚労相の有識者会議が児童保護を18歳から20歳にするために児童福祉法改正を提言しました。 &

記事を読む

no image

東洋経済さんがマイナンバーとキャバ嬢についてデタラメ記事があったので電話しました。キャバ嬢が源泉徴収されていることを知らなかったそうです。

東洋経済でも朝日新聞と同じようにマイナンバー制度に関して間違った記事が書かれていました。 &n

記事を読む

no image

地方のキャバ嬢にキモがられてヤフー知恵袋に相談される若者研究者でZIPの原田曜平さん(笑)めっちゃうける!(笑)若者に嫌われてるじゃん(笑)

若者研究で有名な原田曜平さん、地方のキャバ嬢にキモがられて知恵袋で相談されている(笑) 若者研究

記事を読む

no image

少年Aが中目黒のキャバクラに頻繁に出没

少年Aが中目黒のキャバクラに頻繁に行ってると言われてるけど本当なのかな?  

記事を読む

no image

公明党は内からは安保反対と創価学会員の苦情が来て、かといって外からは政教分離に反してると苦情が来るので嫌でも与党にとどまらないといけない矛盾。

公明党が今、安保法案で学会員からすごい苦情が来てるみたいだけど、これは公明党の矛盾さを表してるね。

記事を読む

六本木、麻布が都内一治安が悪くなったのは00年代に山口組が本格的に進出したからか?

関東連合の正体とは!?謎の組織の真相に迫る!!: http://youtu.be/9TSZ4UVPF

記事を読む

15年前の飛田新地が一番レベル高かった。今の飛田は正直レベルかなり低い。

半年に一回帰省した際に飛田をぶらっと歩き回るけど、だいたいの子は半年でいなくなってるような気がする。

記事を読む

no image

東京都は30代以下の若者の自殺率が非常に高い!自殺率が一番低いのは大阪!若者は大阪に来ましょう!

東京での自殺者、若者が高い割合 ブラック企業問題など要因か(フジテレビ系(FNN)) - Yah

記事を読む

no image

最近の朝日新聞の女性の貧困と子どもの貧困の煽り記事が凄い!

最近の朝日新聞の女性の貧困と子どもの貧困の記事が凄いな!   ティッシュを味

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
  • 友だち追加数