女性は出産するときは産婦人科、病院ではなく、助産院にしましょう!

公開日: : 最終更新日:2021/01/10 医療, 女性, 子育て, 教育, 発達障害, 社会, 福祉, 精神障害, 若者

女性は出産するときは産婦人科、病院ではなく、助産院、助産所にしましょう!

 

産婦人科の医師は変態が多いことが知られています。

 

産婦人科医が妊婦を強姦する事件も足立区で起きています。

https://daiwaryu1121.com/post-29263/

 

産婦人科医が妊婦の女性にセクハラ、ハラスメント行っているという証言は看護師さんなどからも多く聞きました。

 

助産院の助産師さんというのは赤ちゃんの出産のプロの人たちですから、赤ちゃんの出産に関しても病院よりも助産院の方が絶対良いです。

 

助産院では基本的に女性の助産師さんですからセクハラ、パワハラなどはありません。

 

温かい雰囲気で出産することができます。

 

長い陣痛の最中、ほとんど助産師さんがついてくださり、さすってくれたのですごく心強かったですというお母さんの声もありました。

https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=16767&id=54329374

 

助産院が素晴らしいのは自然分娩を行っていることです。

 

できる限り自然のままで出産を迎えるというのが本来の人間の在り方ですから、この方法が母子ともに負担もないものになります。

 

助産院で生まれた子どもは病院で生まれるよりもはるかに健康状態が良くて、発達障害、言語障害、精神障害などの障害がないことも知られています。

 

これはなぜかというと、病院の場合は病院経営というお金の部分を第一に考えられているので母子のその後の健康のこと、障害のことなど考えていません。

 

流れ作業で、その日の当直の産婦人科医が担当するという機械的なものになっています。

 

病院では長い陣痛中も放置状態で一人寂しかったです、心細かったですという声が多くありました。

 

極端な話、とりあえず出産させて退院させることしか考えてないのです。

 

またクスリを打てば打つほど病院は儲かりますから、多くのクスリが母体に打たれてしまうのです。

 

だから陣痛促進剤を打ったり、無痛分娩のための麻酔を打ったり、会陰切開したり、帝王切開したり、早産でも生ませたり自然分娩ではない方法で生ませようとします。

 

しかしそれらは副作用として、子供の健康状態に影響が出たり、発達障害、言語障害、精神障害が出る可能性が非常に高まったりしてしまうのです。

 

出産のときに産道を通って赤ちゃんは生まれてきますが、そのときに自然分娩で子宮が赤ちゃんを締め付ける感覚によって、生まれてきた後に言語、微細な動き、微細な感覚を獲得することができるのです。

 

そういった感覚なしに生まれてくることによって言語障害、発達障害、感覚過敏、精神障害が引き起こされてしまうのです。

 

それらのことは病院側は言いません。

 

いまだに自然分娩ではない方法と発達障害、言語障害、精神障害との因果関係はないとか言う医者もいますが、それはウソです。

 

自然分娩ではない方法で出産させるようになってから発達障害、精神障害の子どもは8倍以上増えているのですから。

 

すでに現場の調査では発達障害、言語障害、精神障害の子どもは出産時に自然分娩ではない方法が行われていることは明らかになっています。

 

アメリカのジャーナリストやメディアではそれを報じているところもあります。

 

しかし日本では医療業界、製薬業界などの圧力がありマスメディア、学会などではタブーとなっていて表に出ることはありません。

 

医者、病院を信用したらダメです!

 

発達障害、精神障害、言語障害を大量生産しているA級戦犯こそが産婦人科医なのです!

 

したがって出産するときは産婦人科医、病院ではなくて助産院でしましょう!




関連記事

no image

吹田事件の犯人や原宿事件の犯人や池田小の宅間守、サカキバラを生み出す元凶は関西の同和行政と同和教育にある。

吹田警察殺傷事件の犯人や原宿の事件の犯人はどうやら精神障害か発達障害があったそうです。 &nb

記事を読む

no image

杉並区下井草の乳児院の保育士殺害はカトリック教会の闇が絡むものなのか。

2019年の3月26日の正午ごろ杉並区下井草の乳児院カリタスの園つぼみの寮乳児院で保育士の照井津久美

記事を読む

no image

医療・福祉は大卒3年で離職率が38パーセント。

医療・福祉は大卒3年で離職率が38パーセント http://www.fukushishimbu

記事を読む

神戸新聞の連載「ゆがむ境界。現代裏社会事情」が面白い。

神戸新聞の連載「ゆがむ境界。現代裏社会事情」が面白かったです。   &

記事を読む

no image

小池百合子さんの後ろ盾が松浦大助さん、朝堂院大覚さん。

小池百合子さんの後ろ盾が松浦大助さん、朝堂院大覚さんです。   松浦グループの

記事を読む

裁判所や裁判官は正しい結論を出す機関ではない。

      裁判所や裁判官と

記事を読む

no image

隣の男子高校生

ラーメン屋で隣の男子高校生の会話。   A「最近ツイッター3日は見てへんわー

記事を読む

no image

コンビニってよく誰でもできる仕事の代名詞みたいに言われるけどそんなことないよね。。

コンビニってよく誰でもできる仕事の代名詞みたいに言われるけどそんなことないよね。。 &nbs

記事を読む

若者は東京に上京してくるより地方にいた方が絶対楽しい。東京は構造的差別都市。

[日本の格差社会]どん底の貧困に救いはあるか〔1〕日本は階層社会? - 鈴木大介(ルポライター)(月

記事を読む

no image

1959年9月26日の伊勢湾台風では死者5098人、停電も一か月以上続いた。

1959年9月26日の伊勢湾台風では名古屋、岐阜、三重など東海地方を中心に死者、行方不明者合わせて5

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ