やはりキャバクラでは居酒屋や焼肉屋のように和気藹藹、みんな仲良くアットホームに働くことは不可能。

キャバクラ業界、会員制ラウンジ業界、高級クラブ業界、AVの業界にそれぞれ入り込むことで、外からだけではわからなかった中の部分がよくわかるようになった。

 

実際情報だけ聞いてるのと中に入ってみて知るのとでは大きく違うと思う。

 

たとえば、AVのスカウトマンでAVは風俗より楽だよ!とかソフトだよ!と言って勧めてる人は大嘘だということが中から見るとよくわかる。

 

またたいていのAVスカウトマンは中のことをぜんぜん理解していない人ばかりだということ。

 

会員制ラウンジもキャバクラ以上にシビアな世界だということがよくわかる。

 

ノルマなし私服をうたっているから楽かというと大間違い!

 

売上をつくらないと出勤調整でほされてしまうし、扱いもひどくなる。

 

ラウンジも厳しい世界ですよ。

 

キャバクラでみんな仲良くアットホームにっていうのはやっぱり無理なんだろうなと思う。

 

キャバクラって女の子が商品なわけで、その商品を使って商売をする。

 

お店側は当然利益を出さないといけない。

 

じゃないとつぶれてしまうので。

 

居酒屋やバーもキャバクラと同じ水商売だけど、根本的に何が違うかというと、居酒屋やバーはお酒が商品だけどキャバクラは女の子が商品でお酒はおまけなんですよね。

 

居酒屋やバーは森永ミルクチョコレートやガーナチョコだけどキャバクラはチョコエッグなんですよね。

 

もっと言うと居酒屋やバーは照り焼きマックバーガーやベーコンレタスバーガーだけど、キャバクラはハッピーセットなわけです。

 

お酒はあくまでおまけでメインは女の子なんですよね。

 

結局キャバクラってここの根本の考え方が俺の理念である、女の子を幸せにするという理念と反してしまうんですよね。

 

俺のNPOとしての女の子に対しての考え方って、その仕事をやろうと思ったらやればいいし、やめたいと思ったらやめたらいいと思うって考え方なんですよね。

 

無理にやったってその子は絶対に幸せにはならないですからね。

 

だけどキャバクラでの管理って結局はお店がいかに売上を上げるかどうかのための女の子管理だから女の子のためというより完璧に店のためのものなんですよね。

 

そのための担当と女の子とのコミュニケーションであるし、そのための売上圧力だし、そのための競争至上主義なんですよね。

 

だからキャバクラというシステム上居酒屋のように和気藹藹とか一致団結のようなものって不可能なんですよね。

 

和気藹藹とやることがキャバクラの売上を上げるということと反してしまうので。

 

キャバクラは実際に働いてお金をただ貰う手段だと割り切って考えるなら、それはそれでいいんですが、どうしても何かもやもやとしたものが胸に去来してしまいます。

 

それはやはりさきほどのチョコエッグの例ではないですが、おもちゃで釣って高額のチョコを買わせるというやり方、及びそのためのおもちゃの管理方法や、お店の運営方法にどうしても違和感を感じてしまうからだと思います。




関連記事

no image

キャバ嬢でナンバーワンになる顔がある!キャバ嬢はヤンキー系のネコ目が最強!

一般的には違うけどキャバクラにおいてはこの顔が圧倒的に強い!っ言う顔があるんだよね。 &nb

記事を読む

no image

商売は貧乏人を相手にしてはいけない。金持ちを相手にしないと。

  キャバクラでも同じですね。   ローカルの地元の

記事を読む

西麻布にTフロントに紐Tバックの全裸レストランオープン!

西麻布にオープンした全裸レストラン(身長に対する平均体重よりも15キロオーバーの人は入店禁止)っ

記事を読む

no image

wantedlyの先行きは非常に暗いと思います。

DMCAの悪用で話題になったwantedlyが今日上場しました。   Face

記事を読む

no image

渋谷のカリスマアディ男逮捕。渋谷109SBYから連なる不良人脈。

少し前まで越川真美ってモデルの子と付き合っていたけど、彼女と揉めた相手のところに殴り込んだとか、

記事を読む

no image

今マイナンバー制度始まるから~って言って詐欺するマイナンバー詐欺集団が大量に出現しています!

ちなみに今、マイナンバー制度始まるから〜って言って詐欺する集団が大量に現れています! &nbs

記事を読む

no image

渋谷の健全化による衰退と同様、六本木も健全化されることによってつまらない街になっていった。

今日の朝日新聞の渋谷衰退の記事じゃないけど、六本木もクラブ摘発とかキャッチ摘発とか半グレを取り締まろ

記事を読む

no image

赤羽のキャバクラ事情。女の子の採用基準も低く緩いお店が多い。

赤羽のキャバクラ事情について書いておきます。   赤羽は女の子の採用基準も低く

記事を読む

no image

これからの飲み会は男子会がくる!

今日は会社のみんなと飲み会でした。   飲み会は同性だけの方が好きですね。

記事を読む

no image

元ホストや元ヤクザを教師にすれば日本の教育は劇的に良くなります。

これは真面目に提言したいんだけど、元ホストとか元キャバクラの黒服、元ヤクザとか元暴走族とかは教師にな

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、シングルマザーを中心に女性・男性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力

    週刊ポスト「援助交際について」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数