大和彩さんの「失職女子」読んだけど全く必死さが伝わってこない。セックスワーカーを見下しすぎ!!

公開日: : 最終更新日:2017/04/20 書評, 社会, 貧困

 

 

大和彩さんの失職女子読んだけど、ところどころで風俗をバカにする記述が出てくるね。

 

生活保護を受給するまでの経過なら、そこにいちいち風俗がどうとか割り切りがどうとか持ち出す必要は全くないと思う!

 

本の中で頻繁にセックスワーカーを貶める発言が出て来る「売春するしかない」とか「売春を検討するほど」とか「最低ラインである売春婦にならない」 著者自身が風俗嬢やワリキリを行っている女性を見下しているからだろう。

 

あとで取り繕っていてもそうでないとこういう記述はできないと思う。

 

大和さん自身、社会学が好きで「最後の色街飛田新地」とか荻上チキさんの「彼女たちの売春」なんかを読んでいるから、貧困=風俗と結びついているし、また荻上さんが書いてる内容なんかも現場の感覚とはぜんぜん違うものがということを理解できていない。

 

この著者が疑問なのは、本を読んでも必死さがぜんぜん伝わってこないんですよね。

 

なんか社会学かぶれの人がフィールドワークで生活保護貰えるまでを書いてみました的な軽さがあります。

 

だって生活保護とは何かを調べに図書館行って、荻上チキの「セックスメディア30年史」読んでるんだから(笑)

 

この人はたぶんそんな必死さなかったんじゃないかなと思います。

 

だって本当に必死な人がツイッターにトイレットペーパー送ってくださいとかツイートしないと思いますけどね。

 

それに著者自身述べてますが、派遣や契約社員を鼻から嫌がってますし、仕事を選ぶ第一が「安定」っておかしいでしょう!

 

本当に必死だったら、派遣でもアルバイトでもいいから始めようとなりますよ。

 

面接100社落ちるのも著者のフィールドワークだったんじゃないかと感じてしまいます。

 

さっきも書いたけど、本の中で引用される本がおかしいんですよね(笑)

 

「最後の色街飛田新地」とか荻上チキの「セックスメディア30年史」とか「彼女たちの売春」とか(笑)

 

「生活保護受給マニュアル」とかも引用してますがそういうのはわかりますよ。

 

だけどなんで「最後の色街飛田」や「彼女たちの売春」が出て来るのが意味不明です。

 

それってこの著者の中に風俗嬢やセックスワーカーの方たちを「売春婦」と見下してるところがあったってことだし、飛田新地で働く女の子は貧困でしかたなくやってるとか風俗は貧困者が行くものだっていう決めつけがあったからなんですよ。

 

それは西原理恵子さんを例に出して本人も認めてますが。

 

実際現場から言わしてもらって、荻上チキとかが書いてる「彼女たちの売春」とか嘘ばっかりのでたらめですからね。

 

統計取ったとか言ってますが、アンケートに売春やってる子がその通り書くわけないじゃないですか。

 

そこをわかってない時点でもうダメですよ。

 

そういう荻上チキとかの情報をうのみにして、セックスワーク=貧困の最底辺ラインみたいに思いこんでるから、ツイートがセックスワーカーの方からの大批判で炎上してしまうんです。

 

まず生活に困ったら、生活保護を受給する! そこにいちいち「風俗」がどうとか「売春」がどう考えなくていいんですよ。 これは男も女も関係ないです。

 

困ったらすぐ生活保護の受給です!

 

もし生活保護が通るか心配とか言う人いたら、俺が通します!!

 

生活保護を受けましょう!!

 

生活保護は俺が役所に言って通すし、家はこっちで保証人用意して審査通します。

 

仕事も用意します。

 

本当に困ったら俺に言ってください。

 

なんとかします!!

 

43306528

関連記事

朝日新聞の貧困報道や私たちは買われた展にはじゃあ解決策をどうしたらいいの?が全くない!

ETV特集「私たちは買われた―少女たちの企画展―」やクローズアップ現代の「奨学金破産の衝撃2急増する

記事を読む

千葉パルコに続き大津パルコも閉店に。

滋賀・大津パルコが2017年営業終了へhttps://t.co/mOOrNxV5IC pic.t

記事を読む

六本木事件簿

どうやら女絡みの喧嘩のようでした。   ただ一方の側のオラオラの兄ちゃ

記事を読む

no image

都内の治安良くするには半グレとして準暴力団ではなく、指定暴力団化しないとダメでしょうね。

都内の治安良くするには半グレとして準暴力団ではなく、指定暴力団化しないとダメでしょうね。 &n

記事を読む

no image

いつまでもあのミルクコーヒーを忘れられません。

この前アウトリーチで知り合った女の子は親が中小零細企業を経営していて、毎月なんとかやりくりする自転車

記事を読む

「cancam」や「JJ」が80万部が11万部になったのは中身がないカタログ誌だからだと思う。「VIVI」は中身が面白い!

80万部が11万部になった「cancam」。売れない雑誌の共通点とは?+-+http://toria

記事を読む

no image

景気がよくなったからと言ってもう社員の給料は上がらない

アベノミクスで大手が業績を伸ばしてるのに賃上げに結びつかないのは、バブルの頃までと違って、内部留保を

記事を読む

no image

警察と反体制派組織

警察は時々の反体制、反権力組織に対して、別の反体制派勢力をぶつけてきた歴史があると思う。 &

記事を読む

no image

これからの年金は貰えるか貰えないかではなく刑務所に入れられるか入れなれないかになってくる

国民年金は今は差し押さえっていう状況だけど、納付率が上がらないようなら、税金化になってくると思う。

記事を読む

no image

今の日本の不動産システムが自立を阻んでいる

日本の不動産は保証人やちゃんとした企業で勤めているかどうかなどをみて貸すかどうかを判断する。

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」
    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数