大和彩さんの「失職女子」読んだけど全く必死さが伝わってこない。セックスワーカーを見下しすぎ!!

公開日: : 最終更新日:2017/04/20 書評, 社会, 貧困

 

 

大和彩さんの失職女子読んだけど、ところどころで風俗をバカにする記述が出てくるね。

 

生活保護を受給するまでの経過なら、そこにいちいち風俗がどうとか割り切りがどうとか持ち出す必要は全くないと思う!

 

本の中で頻繁にセックスワーカーを貶める発言が出て来る「売春するしかない」とか「売春を検討するほど」とか「最低ラインである売春婦にならない」 著者自身が風俗嬢やワリキリを行っている女性を見下しているからだろう。

 

あとで取り繕っていてもそうでないとこういう記述はできないと思う。

 

大和さん自身、社会学が好きで「最後の色街飛田新地」とか荻上チキさんの「彼女たちの売春」なんかを読んでいるから、貧困=風俗と結びついているし、また荻上さんが書いてる内容なんかも現場の感覚とはぜんぜん違うものがということを理解できていない。

 

この著者が疑問なのは、本を読んでも必死さがぜんぜん伝わってこないんですよね。

 

なんか社会学かぶれの人がフィールドワークで生活保護貰えるまでを書いてみました的な軽さがあります。

 

だって生活保護とは何かを調べに図書館行って、荻上チキの「セックスメディア30年史」読んでるんだから(笑)

 

この人はたぶんそんな必死さなかったんじゃないかなと思います。

 

だって本当に必死な人がツイッターにトイレットペーパー送ってくださいとかツイートしないと思いますけどね。

 

それに著者自身述べてますが、派遣や契約社員を鼻から嫌がってますし、仕事を選ぶ第一が「安定」っておかしいでしょう!

 

本当に必死だったら、派遣でもアルバイトでもいいから始めようとなりますよ。

 

面接100社落ちるのも著者のフィールドワークだったんじゃないかと感じてしまいます。

 

さっきも書いたけど、本の中で引用される本がおかしいんですよね(笑)

 

「最後の色街飛田新地」とか荻上チキの「セックスメディア30年史」とか「彼女たちの売春」とか(笑)

 

「生活保護受給マニュアル」とかも引用してますがそういうのはわかりますよ。

 

だけどなんで「最後の色街飛田」や「彼女たちの売春」が出て来るのが意味不明です。

 

それってこの著者の中に風俗嬢やセックスワーカーの方たちを「売春婦」と見下してるところがあったってことだし、飛田新地で働く女の子は貧困でしかたなくやってるとか風俗は貧困者が行くものだっていう決めつけがあったからなんですよ。

 

それは西原理恵子さんを例に出して本人も認めてますが。

 

実際現場から言わしてもらって、荻上チキとかが書いてる「彼女たちの売春」とか嘘ばっかりのでたらめですからね。

 

統計取ったとか言ってますが、アンケートに売春やってる子がその通り書くわけないじゃないですか。

 

そこをわかってない時点でもうダメですよ。

 

そういう荻上チキとかの情報をうのみにして、セックスワーク=貧困の最底辺ラインみたいに思いこんでるから、ツイートがセックスワーカーの方からの大批判で炎上してしまうんです。

 

まず生活に困ったら、生活保護を受給する! そこにいちいち「風俗」がどうとか「売春」がどう考えなくていいんですよ。 これは男も女も関係ないです。

 

困ったらすぐ生活保護の受給です!

 

もし生活保護が通るか心配とか言う人いたら、俺が通します!!

 

生活保護を受けましょう!!

 

生活保護は俺が役所に言って通すし、家はこっちで保証人用意して審査通します。

 

仕事も用意します。

 

本当に困ったら俺に言ってください。

 

なんとかします!!

 

43306528




関連記事

no image

まじめな大学生やフリーターの兄ちゃんがハローワークなどの求人から悪徳不動産営業や英会話勧誘に

よく行くコンビニの兄ちゃんが、何カ月か前からいなくなって、聞くと不動産屋に就職しましたとのことで喜ん

記事を読む

歌舞伎町で出会ったギャル

昨日歌舞伎町でアウトリーチしているときに出会ったデリヘル嬢の子が俺のことを知っていて、俺こんなギャル

記事を読む

no image

ホワイトハンズの坂爪真吾さんが仁藤夢乃さんに寄付するも返金される。

  そもそも仁藤さんはJKビジネスは未成年少女の性搾取の温床だと言ってるのに

記事を読む

no image

座間の9人殺しの犯人が新宿のAVプロダクション(スカウト会社)に所属。臓器売買か?

先ほどの警察筋の情報によると座間の9人殺しの男が新宿のスカウト会社のスカウトマンとのことです。

記事を読む

no image

病んでるキャバ嬢は新宿、六本木、西麻布、恵比寿のキャバ嬢。銀座のホステスは病まない。

キャバ嬢でもよく病むわ~とか、だるいわ~とか、死ねとかつぶやいてるのは正直新宿とか池袋、六本木、恵比

記事を読む

no image

貧困や奨学金と夜の仕事を結び付けて書くのは偏見や差別を助長する。中村さんや角間さん自体が偏見や差別意識を持っている。

貧困や奨学金と夜の仕事を結び付けて考えることってできない。   なぜなら貧困

記事を読む

no image

やはりキャバクラでは居酒屋や焼肉屋のように和気藹藹、みんな仲良くアットホームに働くことは不可能。

キャバクラ業界、会員制ラウンジ業界、高級クラブ業界、AVの業界にそれぞれ入り込むことで、外からだけで

記事を読む

東急は渋谷の開発をことごとく失敗している。東急の地下化は完璧に利用者を舐めたよね!

毎年上位にいた渋谷が住みたい街ランキングで圏外になり、乗降客数でも圏外になり、渋谷を避ける傾向が顕著

記事を読む

no image

最近ナンパが流行りだして渋谷や新宿、池袋で嫌がってる女の子に無理やり抱きついたり、道をふさいだり、転倒させたりする迷惑ナンパが増えています。

金土の渋谷はクソしかおらん!!笑   最近、渋谷や新宿でも本当迷惑なナンパ増え

記事を読む

no image

最近は関西で東急の存在感がかなり増している気がします。東急が阪急を駆逐するか?

大阪の心斎橋筋商店街に新商業施設が建設。2017年冬オープンへ https://t.co/ZCZ

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、シングルマザーを中心に女性・男性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力

    週刊ポスト「援助交際について」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数