名古屋と東京が山口組となる契機の事件。弘道会VS運命共同会と麻布抗争。

公開日: : 最終更新日:2022/02/14 ヤクザ・マフィア, ヤンキー・半グレ, 名古屋, 東京, 社会

名古屋抗争・山口組弘道会VS運命共同会

 

 

1991年に勃発した弘道会VS運命共同会。

 

それまでは名古屋は中京五社会という反山口組が主流でした。

 

しかしこの名古屋抗争での弘道会の圧倒的強さで名古屋が山口組になってしまう事件。

 

名古屋駅に広大にシマを持つ稲葉地一家や錦三丁目を縄張りにしていた導友会や中京浅野会、平野一家が弘道会の傘下に入るというヤクザ界に衝撃を与えた事件。

 

他の反山口組だった中京五社会の瀬戸一家、平井一家は五代目山口組の傘下に入りました。

 

これにより名駅から錦三丁目~栄に至るまで名古屋一帯は弘道会の一色支配となります。

 

それと2005年の関東一のシマ持ちと言われた独立組織の国粋会が内部分裂しそうになったときに仲裁に入り国粋会を山口組入りさせたのが弘道会。

 

それまでは山口組は箱根の山を越えないという不文律があったがこれが破られた事件です。

 

これにより関東の反山口組の親睦団体関東二十日会は事実上消滅。

 

青山から六本木、麻布、恵比寿、広尾、銀座、渋谷、日本橋、茅場町、上野、入谷、南千住、浅草など都内一等地が山口組となってしまいます。

 

警察庁と警視庁は寝耳に水と大激怒。

 

関東二十日会の住吉会の小林会と山口組国粋会との間で麻布抗争が勃発します。

 

国粋会が住吉会小林会幹部の杉浦良一さんを西麻布で射殺。

 

直後に住吉会も報復として渋谷の落合金町連合、麻布十番の太田会、池袋の関係事務所を銃撃。

 

その後国粋会の工藤会長が拳銃自殺をして抗争終結。

 

弘道会がいなければ名古屋も東京も山口組ではなかったのです。

 

PS運命共同会の幹部で弘道会とドンパチやっていた人はいまは更生して高齢者介護施設の現場で介護を頑張っておられます。




関連記事

no image

新型コロナにかかっても宿泊療養のホテルに入らない方がいい。

新型コロナにかかっていた神奈川県の50代の男性が県が用意した宿泊療養のホテルに入ったあとに亡くなると

記事を読む

no image

Z李が小山けいごさんを嫌っている理由。

Z李が関東連合の柴田さんと一緒に小山けいごさん潰しに加担しています。   Z李

記事を読む

ビルゲイツとマーク・ザッカーバーグ

ビルゲイツ「お前は投稿の削除な。俺は人間の削除しとくから」   &nb

記事を読む

no image

関東連合の松井知行が南アフリカで怪死。紙谷惣は帰国後逮捕。松井知行はCIAに殺されたか。

東京都奥多摩町で2003年に元飲食店員古川信也さん=当時(26)=の切断遺体が見つかった事件で、警視

記事を読む

no image

最近は工場も居酒屋も製造も派遣!派遣!派遣!

今ってなんでも派遣!派遣!派遣!って感じになりましたね。   工場も派遣、製造

記事を読む

no image

オスカープロモーションの菊川怜さんの愛人だった菱和ライフクリエイトの西岡社長が死去。

オスカープロモーションの菊川怜さんの愛人だった菱和ライフクリエイトの西岡進社長が死去されました。

記事を読む

no image

池袋で住吉会系幸平一家と土支田一家が乱闘か。

東京・豊島区池袋で暴力団組員ら12人が乱闘し、逮捕されました。     指定暴

記事を読む

プチエンジェル事件で有名な未成年少女売春クラブプチエンジェルの少女に会いました。プチエンジェル事件の黒幕はアメリカCIA・イルミナティでした。

      &nbs

記事を読む

no image

奨学金は1円も返す必要はありません。10年で消滅時効になります。

月3.9万円の奨学金返済、48歳まで… 子ども諦めた:朝日新聞デジタル https://www

記事を読む

no image

横浜プリンスが今、会長が白昼堂々半グレに拉致されるなど大変な状況に。

横浜キャッチ10人一斉摘発。 http://www.kanaloco.jp/article/2

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ