鈴木大介さんの「出会い系のシングルマザーたち」の感想

公開日: : 最終更新日:2017/04/20 書評, 社会

 

 

鈴木大介さんの出会い系のシングルマザーたちを読みました。

 

ここに鈴木さんが書かれている女性たちは私が知っている風俗店を短期間でクビになってしまう女性たちの姿と全く一緒でした。

 

書かれている何人もの女性に共通する特徴、明らかにおかしい言動、鈴木さんがそれぞれの女性に感じる違和感と苛立ちなど俺が今感じていることと全く同じでした。

 

女性たちが語っている言葉、言動が全く一緒だったことにも胸を抉られる思いがしました。

 

世の男性たちが言うメンヘラという女性です。

 

別の言い方をするとコミュ障や対人距離感覚不全と言われるものかもしれない。

 

極度のさみしがり屋で、恋愛依存体質、地元や集団の中で差別され孤立、特に女性集団の中での孤立が顕著、大人っぽい外見と裏腹の語尾に混じる幼さなどが挙げられています。

 

具体例として昼夜問わず入る相手の都合や時間帯を気遣うことのできないメール、初対面にもかかわらず距離がめちゃくちゃ近い、飲んでいるコーヒーを勝手に飲む、足が触れても触れっぱなしでどかそうとしないなどが挙げられています。

 

俺もNPOのアウトリーチ活動をしているときに、上記のことと全く同じことをされたことがあります。

 

一般の人ならあえて口に出して言わないでも了解されていることが、この子たちには全く了解されていないのです。

 

俺が体験したのは、俺が食べていたたこ焼きを何の了解もなしに勝手に食べる、交通費をせびる、とんでもない曲解をする、言葉を文字通り取る、全く空気が読めないなどです。

 

自分の裸の画像やオナニー中の画像を送りつけてくる女性もいました。

 

率直に言えば変なのです!!

 

当然店はそんな女性を雇うと、他の嬢とトラブルになるので雇いません。

 

一般的に風俗店で働かざるをえない女性の貧困問題なんかが語られますが、風俗店で雇用されているといことはセーフティネットとして店が機能しているということなのです。

 

最も問題なのは、風俗店に雇用されない様々な問題を抱えた女性たちをどのように支援していくかということだと思います。

 

シングルマザーの中でも生活保護を申請できる状態にあっても、9パーセントしか申請をしていないらしいです。

 

背景には、子どもがいじめられるかもしれない、地域からいじめを受けるかもしれないなどがあるようです。

 

日本は集団ごとに差別意識や個別意識が強く、通底する人権意識が低い。

 

そのため保護を受けているのにパチンコに行ったとか、朝から喫茶店に居たなど重箱の隅を叩くような批判をされます。

 

本の中で「本当に!?受けてても誰にもバレないの?なら喉から手が出るほど欲しい」と語られていたのが印象的でした。

 

匿名性や公平性の観点からもやはり日本にはベーシックインカムが適していると思います。

 

この本を読んでワリキリ女性と風俗嬢は対照的だと感じました。

 

風俗嬢は客に対して個人的な恋愛感情をあまり持ち込まない。

 

対してワリキリ嬢は今日のお客さんが再婚相手になってくれたらな、恋愛に繋がればなと思っています。

 

またワリキリシングルマザーがNPOに相談することを忌避する理由が、相談員が女性だからということ。

 

学生時代などに女性のネットワークの中で蔑まれいじめられてきたので同性の女性よりも男性の方が相談しやすいと感じている。

 

これはアウトリーチを繁華街でしていても、家出少女や風俗嬢の子もみんな男性じゃないと話せないと言います。

 

というのも彼女たちは過去に同性の女性にいじめられたり、ひどい目にあわされたりしてきた子が多いからです。

 

これまでの彼女たちの生い立ちをみていると同性を怖がるのも納得させられます。

 

同じシングルマザーであっても、水商売や風俗店で働けて、同僚のシングルマザーたちとの横の繋がりを築ける層と、どこにも雇ってもらえず風評を恐れて保護も受けられず、精神疾患を患い孤立に耐えながらワリキリで日銭を稼ぐ層とに分化しています。

 

より細かく支援策を考えていく必要があると思います。

関連記事

no image

朝日新聞の女子力特集。

朝日新聞が女子力とは?みたいな特集やってたけど、女子力について深く考えないような女の子の方がモテて幸

記事を読む

no image

俺がなぜ地元大阪ではなく神奈川の教師になったのか。

俺はなぜ地元大阪ではなく、神奈川で教師になったかというと、俺自身帰国子女の悩みがあったので、ニューカ

記事を読む

六本木事件簿2 セキュリティは命がけ!

六本木事件簿第二弾!   場所はジュマンジ前。   セキ

記事を読む

no image

北条かやを擁護する中村淳彦さんは同じように夜の女性への差別意識を持っている。

キャバ嬢はブスやデブばかりや、飛田の女性や風俗嬢への蔑視発言などで夜の女性を激怒させている北条かやを

記事を読む

no image

銀座、西麻布、恵比寿、赤坂の会員制ラウンジが売春斡旋クラブみたいになってるよね。要は夜わかってないミーハービッチ系女子大生のたまり場ですね。

銀座、西麻布、恵比寿、赤坂の会員制ラウンジが売春斡旋クラブみたいになってるよね。  

記事を読む

no image

朝日新聞の記者は風俗=「最悪の象徴」、「卒業させるべきもの」という非常に狭い認識しか持てていないと思います。

SWASHの要由紀子さんと電話。   真にセックスワーカーのために活動してい

記事を読む

no image

毎日新聞は腐ってる!AV強要された被害者を心の病気と中毒者と勝手に認定。

この記事酷い。 https://t.co/VjlYWxNJVO — 香西咲 ~Saki Kou

記事を読む

no image

JKビジネスという彼女たちの最後の拠り所を奪ってはいけない

JKビジネスを最後の拠り所にしていた女の子がお店の摘発により行き場をなくし、精神病院に入ってしまった

記事を読む

no image

年間4000円貰えるために何百億もかけて軽減税率やる必要はまったくない!公明党は早く自民党との連立を解消しなさい!

軽減税率2パーはする必要ないやろー。   それをするための費用が何百億て。

記事を読む

no image

今の日本に必要なのはバカッターを許す心の広さ。バカッターはリスクを取って面白いことをしてくれてる愛すべき存在。

バカッターって俺は面白くて好きだけどなー。   愛すべきバカだと思うなー。

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数