覚醒剤を譲り渡したとして住吉会系幹部の中里英弘(60)を逮捕(宮崎放送)

公開日: : ヤクザ・マフィア

10月、宮崎県西都市の夫婦らが逮捕された覚せい剤密売事件で、警察は新たに暴力団幹部を逮捕したほか、男女合わせて14人を再逮捕しました。

 

逮捕されたのは、埼玉県の指定暴力団住吉会系の暴力団幹部、中里英弘容疑者や、西都市の寶滿敦容疑者、妻の綾佳容疑者など、合わせて15人です。

 

警察の調べによりますと、中里容疑者は寶滿敦容疑者に対し、覚醒剤のようなものを発送し、有償で譲り渡した疑いが持たれています。

 

また、寶滿敦容疑者と妻の綾佳容疑者は、営利目的で覚醒剤およそ85グラムを所持した疑いです。

 

このほかの12人のうち、2人は覚醒剤を譲り受けた疑い、10人は覚醒剤を使用した疑いです。

 

中里容疑者以外の14人は、10月、すでに逮捕されていて、今回、覚醒剤取締法違反の疑いで再逮捕されました。

 

県警は、全員の認否を明らかにしていません。

 

(宮崎放送)

 

県内で過去最大規模の逮捕者が出ている覚醒剤事件で、県警は4日、麻薬特例法違反(譲り渡し)の疑いで埼玉県蕨市、指定暴力団住吉会系暴力団幹部の男(60)を逮捕し、覚醒剤取締法違反(営利目的共同所持)の疑いで西都市右松、無職男(44)とその妻(38)=いずれも麻薬特例法違反容疑で逮捕、処分保留=を再逮捕したと発表した。

 

この他に覚醒剤取締法違反容疑で12人を同日までに再逮捕したことも明らかにした。

 

(宮崎日日新聞)

 

蕨市を縄張りとしている暴力団は武州前川一家、領家一家でした。




関連記事

no image

六本木の路上で会社役員の男性を拉致して監禁して高級時計を奪ったとして谷口健志と松下勝ら4人を逮捕(日本テレビ)

去年、東京・六本木の路上で、会社役員の男性を車に押し込み監禁してケガをさせ高級腕時計を奪ったとして男

記事を読む

no image

中国人グループに口座情報を売り渡したとして稲川会系組員の一柳敏春ら4人を逮捕(産経新聞)

SNSでネット口座を開設する人を募集し、中国人グループに口座情報を売り渡していた疑いで、暴力団組員ら

記事を読む

no image

やから先輩と沖田臥龍。

やから先輩と沖田臥龍さんは同じ時期に山口組の大平組にいました。   本部当番で

記事を読む

no image

住吉会幸平一家加藤連合会幹事長補佐で賢総業組長代行の林田大輔が違法カジノの客の男性を監禁して小指を切り落としたとして逮捕(暴力団ニュース)

警視庁は、2015年4月、違法に運営されていたインターネットカジノ店の客の男性を仲間の男らと車に押し

記事を読む

no image

やから先輩が13日から全国ツアーをスタート。

ふわっち、ユーチューブの人気配信者のやから先輩が13日の福島県を皮切りに全国ツアーをスタートします。

記事を読む

no image

覚醒剤480キロを香港から密輸したとして住吉会羽黒一家五代目幹部で海老澤組組長の海老沢浩被告に無期懲役、罰金1千万円の判決(暴力団ニュース)

2017年8月、ひたちなか市付近の沖合で船で受け渡しする「瀬取り」という手法で、覚醒剤約480キロを

記事を読む

no image

学校の近くで暴力団事務所を運営したとして住吉会幸平一家幹事長補佐・木本組組長ら7人を逮捕(日本テレビ)

学校の近くで暴力団事務所を運営したとして、組長の男ら7人が逮捕されました。  

記事を読む

no image

山口組良知組督嗣会会長の望月督剛と駿河区のキャバクラ店経営の森英次がみかじめ料の受け渡しをしたとして逮捕(暴力団ニュース)

静岡県警は14日、みかじめ料をを支払った飲食店経営者と金を受け取った六代目山口組会長を県暴力団排除条

記事を読む

no image

1993年の天野信也さんのPBBVS谷山秀行さんの杉並グループ。

S51の代で最も有名な不良少年グループはPBBでした。    

記事を読む

no image

福岡県警が工藤会矢坂組事務所が民間企業に売却されたことを確認(暴力団ニュース)

福岡県警は2日、特定危険指定暴力団・工藤会の新たな拠点となっていた「二代目矢坂組」事務所について、事

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ