「リーダーは43歳」「会費3000円」「脱退禁止」神奈川最大の暴走族「川崎宮軍団」摘発の裏側(フジテレビ)

公開日: : ヤンキー・半グレ

神奈川県で最大規模とされる暴走族のリーダーが逮捕された。容疑は2つ。

 

去年10月30日に、川崎市内などで暴走行為を繰り返した「道路交通法違反」と、暴走族から脱退しようとした少年に対して、脱退を妨害するメールを送った「神奈川県暴走族追放条例違反」だ。

 

自称・建築業の藤井敏容疑者は、神奈川県で最大規模の暴走族「川崎宮軍団」(以後、「軍団」と記載)のリーダー。

 

年齢は43歳。

 

軍団は、横浜市や川崎市の暴走族や旧車會など19グループから構成されていたという。

 

いわゆる暴走族などの連合体だ。

 

構成員は、中学生から40代ぐらいまでの男女およそ400人にのぼっていた。

 

神奈川県警によると、藤井容疑者は、10代から暴走族のメンバーだったという。

 

暴走行為などで、逮捕され服役し、出所しては、また逮捕される。

 

それを繰り返していたそうだ。

 

出所後、旧車會に所属することもあったという。

 

旧車會は、年齢を重ねて、経済的に余裕が出てきた暴走族OBらが、「暴走族風」の派手な格好で、バイクなどを集団で乗り回すことで知られる。

 

近年、摘発件数も増え、警察当局も問題視している。

 

軍団が、いつ結成され、藤井容疑者がいつリーダーになったのかはハッキリしていない。

 

藤井容疑者が中心となり、街中をバイクなどで走っている少年少女を見かけると、積極的に声をかけて、軍団にスカウトする。

 

その”やり方”で勢力を拡大していったという。

 

400人もの大所帯。

 

当然、県警も捜査対象としてマークしてきた。

 

しかし、捜査のために設置されたカメラや警察車両の前では、明らかな暴走行為に及ばず、摘発を逃れてきたという。

 

ところが、この日は違った。

 

去年10月30日、軍団が、大規模な「ハロウィーン暴走」を決行したのだ。

 

藤井容疑者の呼びかけで集まったのは、バイクなど100台程度、およそ150人。

 

横浜市から川崎市にかけて、30キロにも渡って集団で走行したという。

 

県警のカメラは、バイクが、蛇行運転やウイリー走行などの暴走行為を繰り返す様子を捉えた。

 

軍団が、ついに”尻尾”を出したワケだ。

 

中には、ハロウイーンの仮装をしていたメンバーもいたという。

 

藤井容疑者は、この「共同危険行為(道交法)」の疑いで逮捕された。

 

県警は、ハロウィーン暴走に参加した他の150人ついても、立件の可否も含めて捜査している。

 

軍団には、2つの掟(おきて)があった。「脱退の禁止」と「会費」だ。藤井容疑者からスカウトされた少年少女らは、実質的に、そのスカウトを断ることができなかったという。

 

かなり強引な手法だ。そして、いったん軍団に入ると、脱退することも許されなかったとのこと。

 

また軍団では、メンバーから月3000円の「会費」を徴収していたそうだ。

 

軍団に所属する19グループが、それぞれのメンバーから月3000円を取り立て、それを藤井容疑者に渡していたという。

 

「会費」を集める暴走族があるとは。

 

暴力団の「上納金」と同じシステムと言えるだろう。

 

ところが、去年12月ごろ、メンバーの17歳の少年が、軍団を脱退する意向をグループLINEに送ったという。

 

すると、藤井容疑者から「自分の都合でさよならは認められない」「都合良すぎる」などの書き込みがあったそうだ。

 

県警は、この書き込みを入手。藤井容疑者について、神奈川県暴走族追放条例の「離脱の妨害」容疑でも、合わせて逮捕した。

 

「離脱の妨害」が適用されるのは、神奈川県では初めてとのこと。

 

調べに対して藤井容疑者は黙秘しているという。

 

昔と比べて、暴走族は激減している。

 

上下関係を強いる暴走族の”気質”が、今どきの若者に敬遠されているためとも指摘される。

 

そんな中、脱退を許さず、会費まで徴収する「川崎宮軍団」が摘発されたのは、時代の趨勢とも言える。

 

(フジテレビ)




関連記事

no image

ルフィの連続強盗事件の闇名簿は役所から流出していた(テレビ朝日)

『ルフィ』を名乗る人物が指示役とされる一連の強盗事件で、“闇リスト”が使われていたとみられています。

記事を読む

no image

山口組山健組二代目中川連合会若中の中井弘敏ら4人を大麻取締法違反で逮捕(暴力団ニュース)

福岡県警は1日までに、福岡県内に数か所の大麻栽培拠点を置いて大麻を隠し持っていたとして、特定抗争指定

記事を読む

no image

ルフィ強盗事件の実行役の福嶋幸也被告に懲役11年の判決。

「ルフィ」などと名乗る指示役らによる一連の広域強盗事件のうち、東京都中野区で発生した強盗事件の実行役

記事を読む

no image

マッチングアプリで誘い出した男性から法外な金額を脅し取ろうとしたとして札幌市の太田光を逮捕(HBC北海道)

30日、札幌のススキノで無許可でバーを経営したとして、25歳の男が逮捕されました。  

記事を読む

敵刺(坂井俊太)の兄貴分の村田会本部長の平田さんは瓜田さんとゆたかちゃんの舎弟だった。

敵刺(坂井俊太)の兄貴分の住吉会村田会本部長の平田さんは瓜田さんとゆたかちゃんの舎弟だったそうです。

記事を読む

no image

狛江の強盗事件で加藤臣吾を逮捕(日本テレビ)

東京・狛江市の住宅で、90歳の女性が殺害された強盗殺人事件で、警視庁は、新たに広島市の強盗傷害事件で

記事を読む

no image

TOMOROが安倍昭恵さんとの親密な姿をユーチューブにアップ。

TOMOROが安倍昭恵さんとの親密な姿をユーチューブにアップしていました。  

記事を読む

no image

山口組一心会会長の能塚恵と一心会副会長で朋友会会長の高島伸佳が心斎橋の路上で20代の男性を暴行したとして逮捕。

2018年06月05日、六代目山口組幹部で三代目一心会会長の能塚恵(57)=大阪市中央区宗右衛門町=

記事を読む

no image

内装会社経営の石原慎介と元スーパーバンタム級日本王者の中島吉謙と暴力団組員ら4人が退職した社員に因縁をつけて事務所に監禁して現金を脅し取ったとして逮捕。

退職した社員に因縁を付け、事務所に閉じこめるなどして現金を脅し取ったとして、警視庁は11日、東京都豊

記事を読む

no image

カナダ国籍の職業不詳のモハメッド・ゼイン・カワー・シャビアーと大学生のモハメド・アリーズ・カーンが覚醒剤31キロを密輸しようとしたとして告発。

覚醒剤31キロを航空便の手荷物で密輸しようとしたとして、東京税関羽田支署は20日までに、関税法違反(

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ