なぜ女性支援団体は数あれど肝心の若い女性からの相談は全く来ないのか??

公開日: : NPO, 女性, 社会

京都で瀬戸内寂聴さんが全国の女性支援団体の代表を集めて会議をやりました。

 

仁藤夢乃さんや婦人保護施設代表の方、女性シェルターの代表の方などですね。

 

そこでの女性支援者の多くの悩みは、10代、20代など若い女性からの相談がないということでした。

 

瀬戸内寂聴さんは会場で女性ばかりの支援者を見て「若い男も入れたほうがいいわよ。男にしか話せないこともある」と言いましたがその通りだと思います。

 

今の女性支援の人たちの考え方って婦人保護施設の人たちのような、キャバ嬢や風俗嬢を昼の仕事に更生させてやろう!って人たちばかりなんですね。

 

風俗やキャバクラを無理やりやめさせて、携帯も無理やり取り上げて門限や規則も厳しい。

 

こんな支援者に誰が相談したいですか。

 

女性って言っても大きく二つのクラスタがあると思っています。

 

それは教室のクラスではっちゃけてたイケイケギャルグループとクラスの隅っこでおとなしく勉強していたタイプ。

 

女性支援団体の支援者や本田由紀さん、フェミニストの人たち、大手新聞社の人とかメディアの人はクラスの隅っこでマジメだった人たちですね。

 

だけどその学生時代からずっとマジメ腐った生き方をしてきた女性たちが支援したいとか言ってる女性たちは、クラスでイケイケではっちゃけてた人たちなんですね。

 

そういう女の子からしたら、なんで陰キャラのお前らに相談しないといけないんだよ!とか、お前らは私らよりイケてないカースト下のやつらだろ!となるわけです。

 

そして団体にはだいたい代表と似たようなタイプの女性たちが集まります。

 

代表がインテリマジメ系なら同じようなインテリマジメ系が集まります。

 

簡単に言うとオタクとヤンキーが分かり合えないのと一緒なのです。

 

オタクの支援者がヤンキーに支援してあげるよなんて言っても「はあ?」ってなるのです。

 

だから女性支援団体は数あれど肝心の若い女性からの相談は来ないのです。

 

もう正直わかり合うことは無理なんです!

 

だから女性支援団体の代表は男性じゃないとダメなんです。




関連記事

no image

朝日新聞の記者は風俗=「最悪の象徴」、「卒業させるべきもの」という非常に狭い認識しか持てていないと思います。

SWASHの要由紀子さんと電話。   真にセックスワーカーのために活動してい

記事を読む

no image

大資本家のイメージ

俺が思う大資本家のイメージ=キャバクラで寝てるおっさん。

記事を読む

no image

横浜(神奈川)は稲川会の傘下。横浜の治安維持は警察ではなくヤクザが担っている。

今新宿スワン読んでたけど本当リアルだね! ほぼあのとおりだと思って間違いはないよね。 &nbs

記事を読む

no image

ノーベル経済学者のポールクルーグマン

ノーベル経済学者のポールクルーグマン   「大学がコストに見合わなくなってしま

記事を読む

no image

高校生・大学生にオススメの初めてのアルバイト

高校生や大学生にオススメの初めてのアルバイトはどれがいいのか?   初めてのア

記事を読む

no image

キモくて金のあるおっさんはキモくて金のないおっさんよりも害悪。

  これはその通りですよね。   よく「世の中金だ」と

記事を読む

都心の超高級タワーマンションの購入者の半数は外国人でその9割は中国人。

海外の投資動向に詳しい東京一の不動産王「第一リアルター」の奈良田隆社長によると、都心の超高級タワーマ

記事を読む

no image

これから景気が良くなっても労働分配率は下がり続ける。

労働分配率、43.5%に低下 4~6月 大企業、46年ぶり水準:日本経済新聞 https://

記事を読む

no image

揉め事のほとんどは女絡み。

六本木での日々の喧嘩や海での喧嘩や刺殺事件とか、揉め事のほとんどは、女発端で起こってるわけで、だいた

記事を読む

no image

中村淳彦さんの「日本の風俗嬢」の感想。

    中村淳彦さんの「日本の風俗嬢」についても感想をまとめ

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、帰国子女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の相談、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」協力

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数