ドンファン事件を捜査していた和歌山県警の刑事が大田区で女性を転倒させたのは、スカートの中を盗撮していたことがバレたからだった。

公開日: : 社会

ドンファン事件を捜査していた和歌山県警の刑事が大田区で女性を転倒させてケガをさせたとして警視庁に逮捕されましたが、その理由が刑事が女性のスカートの中を盗撮していて、それがバレたために女性を転倒させてケガさせて逃げたからでした。

 

朝日新聞系列のアエラが詳しく報じていました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7954d04f78bf0d1725941374fb5358a192749746

 

「讃岐容疑者は天空橋駅のエスカレーターに向けて歩いている女性に目をつけた。

 

スマートフォンを取り出して、女性のスカートから手を伸ばすように盗撮しようとした。

 

女性はそれに気づき、エスカレーターで上がったところで、讃岐容疑者に『警察に電話しますから』と携帯電話で110番通報しようとした。

 

すると、讃岐容疑者は女性の携帯電話を奪おうとして、もみ合いになった。

 

讃岐容疑者は女性の手から携帯電話をとりあげ、最後は投げ捨てて、その場から脱兎のごとく走り去った。

 

女性の通報を受けて、捜査をしたところ、讃岐容疑者の犯行であることがわかった」(捜査関係者)  

 

なんと、紀州のドン・ファン事件を捜査中に女性を盗撮し、ばれて逃亡したというから驚きだ。

 

和歌山県警の幹部はこう怒る。

 

警視庁は讃岐容疑者の和歌山県内の自宅なども捜索。

 

讃岐容疑者は、警視庁の調べに対し、「好みの女性だったので、盗撮した。女性にばれてしまったので、犯行に及んでしまった」と容疑を認めている。

 

(アエラより引用)

 

あまりの酷さに唖然としますね。

 

女性を転倒させてケガさせたことも酷いですが、スカートの中を盗撮していて、バレたから女性のスマホを奪い投げ捨てるというのも信じられないです。




関連記事

no image

学校があるせいでたくさん死んでるなら、学校をなくせばいい

学校があるせいでたくさん死んでるなら、学校をなくせばいいと思います。   学

記事を読む

カジノに反対するために横浜でCIAによる事故多発を予言しているイルミナティカード。

911や東日本大震災などいろいろなことを予言していると言われる秘密結社イルミナティのイルミナティカー

記事を読む

no image

関東連合への憧憬はインテリ層に対してのルサンチマンも含まれている

また関東連合は世田谷、杉並といった裕福で受験が盛んな地域から出てきたアウトローです。 &nbs

記事を読む

キャバ嬢は客と付き合わないというのは迷信。

一般的に信じられている迷信の一つにキャバ嬢はお店で出会ったお客さんとは付き合わないということがある。

記事を読む

no image

NPO法人ほっとプラス代表の藤田孝典さんが女性差別発言を行い仁藤夢乃さんに糾弾される。

NPO法人ほっとプラス代表の藤田孝典さんが2019年10月に女性差別発言を行い、女性たちから抗議され

記事を読む

no image

総合支援資金と緊急小口資金の詳しい返済免除条件はこちら。

総合支援資金は1回目は去令和3年度または令和4年度の所得が住民税非課税ならば返済免除。 &nb

記事を読む

目黒区の都立大学駅の柿の木坂にあるクレープ店ラフェットドフィーユが女の子を執拗に脅迫して炎上!キャンセル料金9万円を家まで取り立て!

目黒区の都立大学駅の柿の木坂にあるクレープ店ラフェットドフィーユが女の子を執拗に脅迫して炎上していま

記事を読む

no image

東京都の改正迷惑防止条例が施行。盗撮の規制場所の拡大とナンパが完全に違法になりました。

7月1日より施行された東京都の迷惑防止条例の改正により盗撮行為の規制場所が拡大されました。 h

記事を読む

no image

国松警察庁長官狙撃事件の犯人は中村泰ではなくCIA傘下の北朝鮮工作員。

NHKスペシャルでは国松警察庁長官狙撃事件の犯人は過激派の中村泰であるという報道をしていました。

記事を読む

no image

毎日新聞がものすごい職業差別、障害者差別、職業蔑視記事。これは許されません。

風俗店で食い物にされる知的・発達障害者 https://mainichi.jp/article

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ