ドンファン事件を捜査していた和歌山県警の刑事が大田区で女性を転倒させたのは、スカートの中を盗撮していたことがバレたからだった。

公開日: : 社会

ドンファン事件を捜査していた和歌山県警の刑事が大田区で女性を転倒させてケガをさせたとして警視庁に逮捕されましたが、その理由が刑事が女性のスカートの中を盗撮していて、それがバレたために女性を転倒させてケガさせて逃げたからでした。

 

朝日新聞系列のアエラが詳しく報じていました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7954d04f78bf0d1725941374fb5358a192749746

 

「讃岐容疑者は天空橋駅のエスカレーターに向けて歩いている女性に目をつけた。

 

スマートフォンを取り出して、女性のスカートから手を伸ばすように盗撮しようとした。

 

女性はそれに気づき、エスカレーターで上がったところで、讃岐容疑者に『警察に電話しますから』と携帯電話で110番通報しようとした。

 

すると、讃岐容疑者は女性の携帯電話を奪おうとして、もみ合いになった。

 

讃岐容疑者は女性の手から携帯電話をとりあげ、最後は投げ捨てて、その場から脱兎のごとく走り去った。

 

女性の通報を受けて、捜査をしたところ、讃岐容疑者の犯行であることがわかった」(捜査関係者)  

 

なんと、紀州のドン・ファン事件を捜査中に女性を盗撮し、ばれて逃亡したというから驚きだ。

 

和歌山県警の幹部はこう怒る。

 

警視庁は讃岐容疑者の和歌山県内の自宅なども捜索。

 

讃岐容疑者は、警視庁の調べに対し、「好みの女性だったので、盗撮した。女性にばれてしまったので、犯行に及んでしまった」と容疑を認めている。

 

(アエラより引用)

 

あまりの酷さに唖然としますね。

 

女性を転倒させてケガさせたことも酷いですが、スカートの中を盗撮していて、バレたから女性のスマホを奪い投げ捨てるというのも信じられないです。




関連記事

no image

まじめな大学生やフリーターの兄ちゃんがハローワークなどの求人から悪徳不動産営業や英会話勧誘に

よく行くコンビニの兄ちゃんが、何カ月か前からいなくなって、聞くと不動産屋に就職しましたとのことで喜ん

記事を読む

no image

六本木が基地の街横須賀や相模原と似てガラ悪く感じたのは、六本木は都内唯一の米軍基地があるから!

俺はもう関東に住んでもうすぐ6年になるんですが、最初は神奈川に住んでいました。  

記事を読む

no image

大阪地検特捜部が奈良県御所市議の小松久展を加重収賄で逮捕(毎日新聞)

奈良県御所(ごせ)市が発注した火葬場の建設工事を巡り、特定の業者が受注できるよう便宜を図った見返りに

記事を読む

no image

福島県警の男性警部補が自殺(NHKニュース)

11日朝早く、福島県の福島警察署のトイレで40代の男性警部補が頭から血を流して倒れているのが見つかっ

記事を読む

no image

チャラリーマンの末路。

  これはナンパ師、チャラリーマンに本当によくあることですね。 &nb

記事を読む

no image

塾業界(教育業界)は昔からブラック。準備や会議の時間を入れた実質時給は時給500円とかになる。

塾業界は昔からブラック!俺も学生時代塾でバイトしたけどひどかったなー。教育に競争原理はなじまない

記事を読む

no image

中学生、高校生が学校で先生にアイプチを外されて不登校になることが多発中。

最近の中学生、高校生でアイプチをして二重にしていた女の子が先生に見つかりその場でアイプチを外されて一

記事を読む

no image

大阪府茨木市の障害者福祉施設「障がい者サポートセンターしみず」で入所者の男性に暴行を加えて死亡させる(毎日新聞)

大阪府茨木市の障害者福祉施設「障がい者サポートセンターしみず」で今年3月、入所者の男性(当時30歳)

記事を読む

no image

「福祉署」は地域包括支援センターや社協と同じこと。

市町村に「福祉署」を 学術会議分科会がソーシャルワーク強化を提言(福祉新聞) http://w

記事を読む

ママの良さでその店の良さが決まる。 瑞木の涼子ママ(銀座)やブレアの明日香ママ(銀座)など。

銀座にしろ六本木にしろ人気のあるクラブはどこも良いママを揃えています。   マ

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ