スタンドバイミーのリバーフェニックスさんも三浦春馬さんと同じくCIAに殺された。

スタンドバイミーでお馴染みのハリウッドスター、リバーフェニックスさんもCIAに殺されましたね。

 

 

リバーフェニックスは23歳という若さでした。

 

死因は薬物の過剰摂取によるものとされています。

 

しかし映画「ダーク・ブラッド」の撮影中であり、リバーフェニックスが自殺する理由はありませんでした。

 

また当時、リバーフェニックスは共演者のサマンサ・マシス、弟のリーフ、妹のレインと一緒にいて自殺をする状況にもありませんでした。

 

サマンサの証言ではリバーフェニックスは何者かに酒を飲まされた後に、急に体調が急変したそうです。

 

また薬物は一切接種していなかったそうです。

 

リバーフェニックスはインタビューでも「タバコも酒も好きじゃないし、クスリなんて触ったこともないよ」と答えています。

 

このことからリバーフェニックスは何者かに殺されたということがわかります。

 

ロス市警が即座に事件性なしと判断して、マスメディアが薬物を使用していないにも関わらず薬物死にさせられていることから、警察やマスメディアを操る大きな組織が関与していたことがわかります。

 

リバーフェニックスは反戦平和活動に熱心に取り組んでいました。

 

また動物愛護活動も行っていて、動物を使った生物化学兵器の開発などにも反対していました。

 

また死の直前、リバーフェニックスはインタビューでジョンレノンと同じことを言っていました。

 

「アメリカだけじゃなく、世界は政府の多国籍間協力でつながった勢力に支配されているんだ。それが国境を引いたり、人を戦争に駆り出したりするのさ。」と答えていました。

 

これはリバーフェニックスがイルミナティ、軍産複合体が世界中で紛争や戦争を引き起こして莫大な利益を得ているということを言っていたわけですね。

 

リバーフェニックスはイルミナティ、ディープステイト、軍産複合体の闇に立ち向かったために殺されてしまったのです。

 

これは三浦春馬さんと全く同じですね。

 

奇しくもリバーフェニックスも三浦春馬さんもどちらも映画、ドラマの撮影途中での出来事でした。

 

三浦春馬さんは自殺ではなく他殺。三浦春馬さんはCIAに殺された。




関連記事

アフガニスタンの国際NGOで働く中村哲医師を射殺したのはCIA

アフガニスタンの国際NGOペシャワール会で働く中村哲医師を射殺したのはCIAですね。 &nb

記事を読む

no image

パナソニックとコニカミノルタが開発した新型コロナの監視システムがイルミナティ。

パナソニックとコニカミノルタが共同開発したとされる新型コロナの監視システムがまるでイルミナティのシン

記事を読む

no image

長谷川京子さんは細眉にした方が絶対に良いと思う。

長谷川京子さんがこの記事を見ているかわかりませんが笑、長谷川京子さんは絶対に細眉にした方がいいと思い

記事を読む

no image

やはり「ごぼうの党」の黒幕は松浦大助さん、朝堂院さんだった。

やはり「ごぼうの党」の黒幕は松浦大助さん、朝堂院さんでした。   銀座の会員制

記事を読む

no image

てっちゃんが三浦春馬さんを利用して詐欺行為を行おうとしている。

てっちゃんの興味津々のてっちゃん(桑原哲也)が三浦春馬さんを利用して詐欺行為を行おうとしています。

記事を読む

no image

榊英雄監督が、映画へのキャスティングを持ち掛けて女優に性的関係を強要(週刊文春)

榊英雄監督が、映画へのキャスティングを持ち掛けて女優に性的関係を強要したと週刊文春が報じていました。

記事を読む

no image

紗栄子ってやっぱり美人だなー!オーラがある。

ZOZOタウンの前澤社長が紗栄子と付き合ってることをお披露目したようです。  

記事を読む

三浦春馬さんは7月2日放送のNHK「世界はほしいモノにあふれてる」でイルミナティのポーズを強要されていた。

三浦春馬さんは7月2日放送のNHK「世界はほしいモノにあふれてる」でイルミナティのポーズを強要されて

記事を読む

no image

範田紗々さんもAV強要被害に。

  芸能やグラビア、アイドル、タレントからAV女優になっているのは強要でまず

記事を読む

no image

群馬県宮城村三夜沢(前橋市三夜沢)の赤城神社主婦失踪事件を考察。

群馬県宮城村三夜沢(前橋市三夜沢)の赤城神社主婦失踪事件について考察したいと思います。 &nb

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • wpp header='人気記事ランキング' post_type='post,page' limit=50 range='daily' order_by='views' stats_views=0