なぜ歌舞伎町から六本木に行ったけどまた歌舞伎町に戻る子が多いのか?

公開日: : 最終更新日:2015/11/28 キャバクラ・ラウンジ・クラブ, 六本木, 新宿

あとこれもさっき聞かれたので書いときますと、なぜ歌舞伎町から六本木に行ったけどまた歌舞伎町に戻る子が多いのか?

 

たとえばディアレストにいてビゼに行ったけど、またディアレスト戻るとかね。

 

アジアンクラブいてミュゼルバ行ったけどアジアンに戻るとかね。

 

これは確かに多いですね。

 

立花胡桃さんや一条葵さんなども一時六本木に行きましたが、すぐ歌舞伎町に戻りました。

 

六本木と新宿は一部のお店を除いて完全実力主義でやっているので、同じやる気がある子にとっては稼げるシステムだから行き来がしやすいということですね。

 

あとは本当に実力がある子にとったらやっぱり六本木よりも歌舞伎町の方が稼げます。

 

客数や客単価ではやはり歌舞伎町の方が高いです。

 

あと輩系やオラオラ系のお客さんが歌舞伎の方がさらに多いですね。

 

なんだかんだ一番お金を使うのはオラオラ系の人たちです。

 

六本木でも流行ってるミトスやフュージョンはオラオラに人気だからですね。

 

だから普通に歌舞伎町でバリバリやれてた子にとったら六本木は物足りなく感じちゃうんですね。

 

だから結局歌舞伎町に戻っちゃうということになります。

 

あとは女の子のカラーの問題ですね。

 

新宿だとそんなに身長高くなくてもいいし、オラオラが主要客層なんで金髪とかギャルが受けるわけですね。

 

六本木は黒か茶髪でメイクもおとなしめが受けます。

 

カラーが合わないということはありますね。

 

さらに今の六本木は当時の立花胡桃さんや一条葵さんが六本木行った頃よりもだいぶんと衰退してしまって、客単価から客入りも凄い落ち込んでいます。

 

なのにノルマや調整がきついので六本木に行くメリットというのがほとんどなくなっています。

 

歌舞伎がハイリスクハイリターンだとしたら、六本木はハイリスクローリターンになってしまっています。(かつてはハイリスクミドルリターンくらいだった)




関連記事

北新地の門のりょうさんが自伝を出版。

北新地の門のりょうさんが北新地の門りょう ナンバーワンキャバ嬢の仕事とお金と男のホンネ (TWJ b

記事を読む

no image

銀座のクラブに行っていた松本純議員と遠山清彦議員は悪くない。

銀座のクラブに行っていた自民党の松本純議員と大塚高司議員、田野瀬太道議員、公明党の遠山清彦議員は悪く

記事を読む

no image

駒込、高田馬場のキャバクラ事情。かなりヒマでお勧めできない。

駒込と高田馬場のキャバクラ事情についてです。   高田馬場はホワイトビーチやイ

記事を読む

no image

神楽坂のキャバクラ事情。大手企業のサラリーマンが多くて客層は良い。デメリットは短時間しか働けない。

神楽坂のキャバクラ事情について書きます。   神楽坂のキャバクラっていうのは基

記事を読む

no image

渋谷のキャバクラと六本木、新宿のキャバクラの時給を比べることは間違ってる。

渋谷と六本木、新宿、銀座を同じ目線で見て、渋谷は時給出ない!とか稼げない!っていう意見をよく見るし聞

記事を読む

no image

相模原のキャバクラ事情。輩直営店が多い。避けた方がいいエリア!!

相模原のキャバクラ事情についてです。   相模原はピンサロで有名な街ですね。

記事を読む

no image

最近六本木、西麻布のキャバ嬢、ラウンジ嬢が続々と自殺!

最近西麻布や六本木のキャバ嬢、ラウンジ嬢が続々と自殺してるんだけど。。   M

記事を読む

キャバ嬢はコミュニケーション力の帝王。キャバクラは選ばれた者しかできない。

能力がなくてとか、メンヘラでキャバクラしかできないからキャバクラに来たとか思ってる人大間違いだからね

記事を読む

no image

キャバクラの爆弾行為。六本木、西麻布、恵比寿などはフリーが入らないので競争が熾烈。

📝【爆弾行為】 1意見お聞かせ下さい。。 でもキャバクラの楽しみ方を

記事を読む

no image

住吉会直営のキャバクラ「ピーチジョン」がキャバ嬢と客にコカインを強要。

大宮のキャバクラ「ピーチジョン」の経営者で住吉会の男性がキャバ嬢や客にコカインを無理やり吸わせていた

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ