イランとイギリス、アメリカがなぜ仲が悪いのか?の話。(広瀬隆雄さん)

公開日: : 最終更新日:2020/01/05 政治, 社会, 経営, 経済, 陰謀・謀略・未解決事件・冤罪事件

ちょっとアメリカとイランの歴史の話をしますね。

 

1901年英国の富豪ウイリアム・ノックス・ダーシーがペルシャ(=イラン)の国王から石油の探索・採掘権を買い取りました。

 

1908年に石油が発見されました。

 

これを機会にアングロ・ペルシアン・オイル・カンパニー(APOC)が創立されました。

 

後のBPの前身です。

 

当時、英国海軍は軍艦の燃料を石炭にするか、それとも石油にするかを検討していました。

 

ちょうどタイミングとしては日露戦争の後、第一次大戦の前の重要な時です。

 

当時英国海軍省総督だったウインストン・チャーチルはこのアバダン精油所の精製能力を頼って英国の軍艦の主燃料を石油に切り替えました。

 

英国政府はAPOCの重要性に鑑み、その過半数株式(51%)を取得し、英国の政府系企業とします。

 

なおイラン政府はイランのダーシーならびにAPOCに売り渡した油田からは僅か利益の16%しか受け取れない契約になっていました。

 

イラン政府は何度も比率変更を迫りますが黙殺されました。

 

1950年頃ベネズエラ政府が米企業との間で50:50の利益折半の契約を結びます。

 

サウジアラビアでアメリカ企業のコンソーシアムがサウジ政府と50:50で利益折半するという条件でアラビアン・アメリカン・オイル・カンパニー(AAOC=のちのサウジ・アラムコ)を設立しました。

 

「なぜサウジアラビアはアメリカと対等な条件に浴しているのに、我々は不平等な条件を呑まなければいけないのだ」というイラン国民の反発は強まります。

 

このときイランの選挙で首相に選ばれたのがモハマド・モサデクです。

 

彼はテヘランの裕福な家に生まれ、ソルボンヌで法学を勉強し、テヘラン大学で教鞭をとった後、政治の世界に身を投じました。

 

彼は重度の鬱病を患っており、閣議の最中に泣いてしまったり、ベッドから出る事が出来ず、寝室から国政を切り盛りしましたが、愛国心は揺るぎなく、国際情勢の把握、外交面での立ち回りなどではするどい切れ味を見せ、イラン国民からも圧倒的に支持されていました。

 

モサデクは首相になるとAIOC(アングロ・イラニアン・オイル・カンパニー=APOCから名称変更されました)との50:50の利益折半をイギリス側に要求します。

 

この要求が却下されるとモサデクはAIOCの採掘権を却下し、AIOCの国有化を宣言します。

 

言うまでも無くこの国有化宣言はイラン国民にとっては胸のすく瞬間であり、モサデクは国民の英雄になりました。

 

英政府はイラン石油のボイコットを世界の石油会社に呼びかけ、AIOCは誰も石油を買ってくれない状況に陥ります。

 

イランはたちまち輸出市場から締め出されてしまいました。

 

このためイランの石油収入は激減し、イラン経済は低迷します。

 

英政府は空軍(RAF)や海軍を使ってイランを攻撃する計画を着々と進めますが、アメリカは第二次大戦が終わったばかりのタイミングで再び中東で戦争をはじめることに難色を示します。

 

ドワイト・アイゼンハワーに対してチャーチルは「イランがどんどん共産主義に傾斜している」と吹き込みます。

 

チャーチルの「共産主義の脅威」をすっかり信じたアイゼンハワーはモサデク政権を転覆することを企てます。

 

この任務に当たったのがCIAのエース、カーミット・ルーズベルト・ジュニアです。

 

彼はテディ・ルーズベルトの孫であり、その仕事は裏金を使ってアメリカの意のままに現地の政治家を操ることです。

 

カーミット・ルーズベルト・ジュニアはイランの国王、シャーを懐柔し、傀儡政権を打ち立てることを納得させます。

 

裏金を使ってならず者達を雇い、狼藉を働いた上で「モサデク万歳、共産主義万歳!」と叫ばせ、国民に(モサデクの支持者は過激だな)という印象を演出したのです。

 

こうして混乱を演出した後で1953年8月にシャーの署名した「モサデクを解任する」というレターをモサデクに届けようとします。

 

しかしこの決定的瞬間にその使者が逮捕され、クーデターは失敗します。

 

カーミット・ルーズベルトはそこで慌てず、「クーデターの企てを阻止したとモサデク側の気が緩んでいる今こそもう一度クーデターを決行すべきだ」と判断し、3日後にもう一度政府転覆を図ります。

 

このルーズベルトの機転にはさすがのモサデクも虚を突かれ、ついにモサデク政権は崩壊します。

 

アメリカはシャー(パーレビ)を傀儡としてイランに据え、その後25年に渡ってイランは中東で最も親米的な友好国になります。

 

しかしシャーはだんだん独裁色を強め国民からは嫌われます。

 

それが1979年のイラン革命につながるわけです。

 

じっちゃま(広瀬隆雄さん)




関連記事

no image

なぜ大阪のホームレスや日雇い労働者は激減したのか?

大阪では急激にホームレスや路上生活者がいなくなっています。   それはなぜな

記事を読む

no image

迷惑系ユーチューバーだっすーが町田駅の森野1丁目の路上で稲川会に拉致される。

迷惑系ユーチューバーだっすーが町田駅の森野1丁目12-3の路上で稲川会に拉致されました。 &n

記事を読む

no image

政府は地方から若者を集めて東京の老人たちの介護をさせようとしています。地方の人は東京ではなく地方中核都市に出ましょう!東京は消滅します。

数年後あたりから奨学金破産する大卒若者が続々現れると予想され、国がその人たちをどう活用するのか注目だ

記事を読む

no image

アメリカの無人偵察機撃墜事件はCIA(軍産複合体)の謀略だった。

アメリカの無人偵察機撃墜事件はCIAによる謀略でした。   トランプ大統領がイ

記事を読む

no image

トモヒコTVの内容が酷い。三浦春馬さんをゴムマスク、人妻に迫った、隠し子がいると罵倒の嵐。

ユーチューバーのトモヒコTVを久しぶりに覗いてみると、とんでもなく酷い内容になっていて驚きました。

記事を読む

no image

学研プラスの月刊「ムー」はアメリカCIA、イルミナティが真実を隠蔽するために発行させた雑誌。

学研プラスの月刊「ムー」はアメリカCIA、イルミナティ、ディープステイトが明るみになってほしくない真

記事を読む

no image

政府の時短要請の背後にもイルミナティの人口削減の狙い

政府の時短要請の背後にもイルミナティの人口削減の狙いがあります。   政府がや

記事を読む

no image

キャバクラのツートップは新宿と渋谷、ヘルスのツートップは渋谷と錦糸町

都内のキャバクラに関しては新宿、渋谷がツートップです。   六本木や銀座はもう

記事を読む

フリースクール「東京シューレ」での性被害「居場所の安全守って」(朝日新聞)

フリースクールでの性被害「居場所の安全守って」(朝日新聞) https://www.asahi

記事を読む

no image

明石市が子育てに手厚いとか福祉に力を入れているとかは完全にウソ!

明石市が子育てに手厚いとか福祉を充実させているとか完全にウソです!   アピ

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数