2001年の室蘭女子高生失踪事件は北朝鮮の拉致かパン屋のオーナーか同級生の彼氏が犯人。

公開日: : 最終更新日:2020/06/23 社会, 陰謀・謀略・未解決事件・冤罪事件

2001年に北海道室蘭の女子高生の千田麻未さんが失踪する事件がありました。

 

いまだ未解決となっています。

 

高校に彼女のファンクラブができるほど美人の人気者だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

「事件概要」

 

2001年3月6日の白昼、北海道室蘭市の繁華街で高校1年生の千田麻未さん(当時16歳)の行方が分からなくなりました。

 

自宅からアルバイト先に向かう途中に行方不明になりました。

 

人通りの多い繁華街で発生した失踪事件は、アルバイト先の関係者に対する警察の捜査が報道されたことやこの事件の奇怪さが知られることで、世間からの注目を集めました。

 

麻未さんの通っていた北海道立室蘭栄高校は、室蘭市の中でも一番の進学校で、彼女の成績はその中でも常にトップクラスでした。

 

事件が発生した3月6日は火曜日の平日でしたが、公立高校の入試日のため、麻未さんの通う学校を含め周辺の公立高校は休みでした。

 

室蘭市白鳥台の自宅は、両親と弟の家族4人暮らしで、近くのパン屋(支店)でアルバイトをしていた麻未さんは、自宅から7km程離れたパン屋の本店に行き、コーヒー講習を受けることになっていました。

 

【2001年3月6日11時30頃】

 

麻未さんは自宅から近くのパン屋の支店でアルバイトをしていましたが、コーヒーの講習を受けるべくパン屋の本店に「午後1時に行きたいのですが、オーナー(同店長)はいますか?」と電話をかけました。

 

この時に電話に出たのはオーナーではなく女性の従業員でした。

 

そして、麻未さんは白鳥台の自宅を出ました。

 

この日の麻未さんの服装は、ジーンズにベージュのコートという私服の服装でした。

 

【12時25分】

 

白鳥台の「白鳥台中央」バス停から「東町ターミナル」行きのバス(道南バス)に途中でコンビニに寄った後、乗車しました。

 

この時の友人の目撃証言によれば、バスに乗った麻未さんが自分に向かって後部座席から手を振っていたそうです。

 

この後、関係者の証言がすべて事実だとすれば、麻未さんは非常に奇妙な行動を取ったことになります。

 

【12時56分】

 

麻未さんを乗せたバスはパン屋から一番近い「東通り」のバス停に着いたものの、何故か麻未さんはそのバス停で降りませんでした。

 

【約束の13時頃】

 

降りるべき東通から3つ先の停留所の東町2丁目で麻未さんは下車し、室蘭サティ(現イオン)に立ち寄り、13時04分から13時26分の間化粧品売り場で何もせずに過ごしているのを、店の防犯カメラが記録していました。

 

そして、この映像が麻未さんの最後の姿となってしまいました。

 

買い物する訳でもなく、時間を潰すように歩く麻未さん。

 

 

その後、室蘭サティを出た麻未さんを同級生の男子生徒2人が見かけ、道路越しに挨拶をしたそうです。

 

麻未さんはこの後パン屋本店に向かう為室蘭サティ横の「東町2丁目」バス停を13時31分に発車する「中央町・工大循環線(外回り)」のバスに乗りパン屋から近い「東通り」のバス停で13時41分頃に下車したと推測されています。

 

当時このバスには24人の乗客がいましたが、麻未さんの目撃情報は得られず、あくまで推測となっています。

 

しかし、道南バスによると、通学定期券を使用していた人が一人だけおり、それが麻未さんだったのではないかと言われています。

 

【13時42分】

 

麻未さんの彼氏が、バスを降りてすぐの彼女のPHSに電話をかけていました。

 

その時、麻未さんは彼氏に「今、下に着いたよ」と話したそうです。

 

室蘭では、市街地のことを「下」と呼び、麻未さんが住んでいた高台の白鳥台のことを「山」と言っていたそうです。

 

つまり麻未さんの「今、下に着いた」と言っていたのは「市街地(パン屋の本店があるところ付近)に着いた」という意味だそうです。

 

当時のPHSの記録からも、アンテナの中継場所が東通付近(パン屋付近)だったことが判明しました。

 

【午後1時46分】

 

再びかかってきた彼氏からの電話に出た麻未さんは、「今話せないから、後でかけ直すね」と言い、電話を切りました。

 

彼氏はこの時、麻未さんが室内にいるような気がしたと言っていました。

 

背後の物音が全くしなかったそうです。

 

この後、麻未さんのPHSは繋がらなくなり 麻未さんは姿を消してしまいました。

 

「不可解な点」

 

なぜ麻未さんは、約束の時間が迫っていたのに目的地のバス停で降りなかったのかという点です。

 

予定時刻を過ぎているにもかかわらず、なぜサティの化粧品売り場に行っていたのかが疑問に残ります。

 

この事について、彼女の性格を知る友人たちは、「几帳面な麻未さんが、そんなことをするはずがない」と口を揃えて語っています。

 

そうだとすると、約束の時間はオーナーによって後から変更されたことになります。

 

麻未さんにコーヒーの講習をすると言い、事件当日に会う予定だったパン屋のオーナーはこう言っています。

 

「麻未さんが昼過ぎに来ると思い、午後1時30分まで店で待っていたが、来なかったので外出しました。その後、体調がすぐれなかったので、家で寝ていました」と警察の取調でオーナーは語っています。

 

北海道警札幌方面室蘭警察署は、麻未さんと「コーヒー講習」の約束をしていたこのパン屋のオーナーが怪しいと思い、3日間にわたって任意で取り調べを行い、所有する車両を押収し、自宅と店舗を捜索しました。

 

しかし、事件との結びつきは一切見つかりませんでした。

 

「真相考察」

 

パン屋のオーナーや彼氏(同級生)は確かにめちゃくちゃ怪しいと思います。

 

パン屋のオーナーにはアリバイがないことや、千田さんのことが好きだったこと、失踪直前に店を抜け出していること、2人きりでコーヒーの淹れ方を教えると誘っていることなどです。

 

パン屋のバイトの中でコーヒーの講習に誘われていたのは麻未さんだけだったそうです。

 

 

室蘭ではパン屋のオーナーが犯人ではないかという声が多かったそうです。

 

彼氏が怪しいのは本当に付き合っていたのか怪しいところと、数分おきに電話をかけていてこれはストカー並の電話のかけ方のことです。

 

それと「下についた」と麻未さんが答えてすぐ失踪していることです。

 

まるで下につくのを待ち構えていたようにも思えます。

 

サティからバスに乗っていた24人の誰一人麻未さんを覚えていないということからバスには麻未さんは乗っていなかった可能性があると思います。

 

24人も乗っていれば絶対誰かは女子高生のことを覚えているのが普通です。

 

これは北朝鮮の拉致の可能性もあると思います。

 

室蘭では女子高生の拉致未遂事件が頻発しています。

 

2019年4月8日、室蘭で男が帰宅途中の女子高校生の左足を持ち上げる事件がありました。

 

男は逃走しています。

 

8日午後7時半ごろ、室蘭市知利別町4丁目で、帰宅途中の17歳の女子高校生が、後ろから走ってきた男に突然、左足の太もも付近を持ち上げられました。

 

女子高校生が声を出して抵抗したところ、男はすぐに逃げたということです。

 

女子高校生にけがはありません。

 

警察によりますと、逃げた男は40歳から50歳くらい、身長およそ170センチの中肉で、マスクをつけ灰色の上着にズボン姿だったということです。

 

上記のように室蘭には女子高生を拉致しようという事件が多々あるのです。

 

行方不明者も多数います。

 

海に面しているために拉致しやすいということがあると思います。

 

新潟や京都なども海に面しているため北朝鮮の拉致が多いです。

 

2回目の電話の「今話せないからあとでかけなすね」はすでに拉致されていた状態だったのだと思います。

 

車が多い大通り沿いだから拉致はないという人がいますが町田市の成瀬の女子大生失踪事件も車の多い大通りでの拉致が疑われています。

 

大阪の北新地のホステス尾上民公乃さん拉致事件では心斎橋筋1のアンデコールビル前という繁華街にも関わらず拉致されています。

 

このように大通りや車の多い道でも拉致や数分間での拉致はありえます。

 

警察庁や政府が発表している北朝鮮による特定失踪者リストを見ると北海道では中高生の若い女性が狙われていることがわかります。

 

北朝鮮から北海道の中高生の女性を拉致してくるように指令が出ているようです。

https://www.sankei.com/premium/news/150611/prm1506110007-n3.html

 

それと失踪の翌日にイタンキ浜で麻未さんと非常によく似た人を見たという同級生の目撃情報もあります。

 

またはCIA・イルミナティ傘下の工作員による拉致の可能性もあります。

 

イルミナティのロナルドバーナードが証言しているように各国で女児・少女を拉致して悪魔的儀式を行っているそうです。

https://daiwaryu1121.com/post-23147/

 

日本での拉致の実行部隊には暴力団、半グレ、宗教団体、人権派団体、北朝鮮工作員などが使われます。

 

気になるのはパン屋のオーナーが現在カフェをやっているのですが、SNSにアップしている料理の写真がイルミナティの悪魔的料理なのです。

 

パン屋のオーナーがイルミナティのメンバーだった可能性がありますね。

 

 

この料理は尋常ではないですね。。

 

こんな料理を作っている人を初めて見ました。。

 

パン屋のオーナーが犯人の可能性が60パーセント、彼氏の可能性が20パーセント、北朝鮮の拉致の可能性が20パーセントですね。

 

それとどうも室蘭の住民が冷たく感じますね。

 

人に対して興味関心がないというか、まるで何かを隠しているような。

 

温かみをまったく感じられない街ですね。

 

24人も一緒のバスに乗っていながら目撃情報がない、同級生が翌日イタンキ浜でよく似た人を見たのに声もかけない、なんかこの街はおかしいです。




関連記事

no image

性犯罪を犯した教師がまたすぐに別の学校で働いているのはおかしいと思う。

教師の生徒へのわいせつ事件、レイプ事件などで逮捕情報をサイトにあげていると、当該教師から「現在別の高

記事を読む

東京メトロポリタンテレビジョン(東京MX)が優勝したホストにスーパーカーを渡さない詐欺行為!!(朝日新聞)

東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)が放送した、ホストクラブ勤務の男性を集めてゲームを競わせ

記事を読む

no image

札幌市中央区の医師・森直樹44歳を女子中学生に痴漢、盗撮したとして逮捕!(北海道文化放送)

札幌市内のリサイクルショップで女性の体を触ったとして、札幌市中央区の44歳の医師の男が逮捕されました

記事を読む

立憲民主党高井崇志議員は安倍総理の桜を見る会を厳しく追及したためにCIAにセクキャバスキャンダルで嵌められた。

立憲民主党高井崇志議員(たかいたかし)は安倍総理の桜を見る会を国会で厳しく追及したためにCIAにセク

記事を読む

no image

仮想通貨の税率55パーセントがゼロになる裏ワザがある。

仮想通貨の税率55パーセントがゼロになる裏ワザがあるらしいですね。   方法

記事を読む

女優の土屋太鳳さんは渋谷の松濤中学出身だったんですね!

代々木の陸上競技場で行われたイベントに女優の土屋太鳳さんが来ていて、すぐ近くの松濤中学出身だと言って

記事を読む

no image

2011年3月11日の東日本大震災はCIA、イルミナティ、DSのニュートリノ砲による人工地震。

2011年3月11日の東北4県が大きな被害を受けた東日本大震災はCIA、イルミナティ、DSのニュート

記事を読む

no image

4・4・4制が今の子どもたちの現状を見るとベスト

東京都が「4・4・4制」の小中高一貫校2017年度設置へ、検討委が中間まとめ報告  

記事を読む

no image

最終学歴保育園卒、幼稚園卒でも立派に社会で活躍しています。

私の知り合いには小学校を不登校で行っていない、不就学になったために最終学歴は保育園卒、幼稚園卒という

記事を読む

延羽の湯にはこの世の夢と希望が詰まっている。

延羽の湯というスーパー銭湯が最高に素晴らしいです!   温泉もワインの湯や露

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    電話=080-3799-3208

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数