FJS(日本風俗女子サポート協会)の大いなる問題点。

公開日: : 最終更新日:2018/02/16 NPO, 社会, 福祉, 風俗

FJS(日本風俗女子サポート協会)という風俗嬢による自助グループがあります。

 

代表はあや乃さんという風俗嬢の方がされています。

 

この前のセックスワークサミットでも登壇されていていろいろお聞きしました。

 

そのうえでこの団体の何が大きな問題であるかを書きたいと思います。

 

これは代表のあや乃さんやメンバーの方もおっしゃられていましたが、風俗嬢が辛くなり辞めたくなった時があったそうです。

 

そろそろ年齢的にも昼職(OLや事務など)に就いた方がいいのではないかと悩んだそうです。

 

しかしそんなときにこのFJS(日本風俗女子サポート協会)に相談することで辛いけど頑張っていこうよ!と励ましてもらい奮起できたと言っていました。

 

一見良い話のようですが、これは表面上の自己啓発に過ぎないのではないかということです。

 

「風俗が辛い」「セカンドキャリアが心配、そろそろ昼職がしたい」という根本的な悩みが解決されていないんですよね。

 

むしろ「風俗が素晴らしいんだ!」という逆洗脳になってしまっているということですね。

 

もともとこの風俗女子サポート協会のスタンスは風俗も立派な仕事だ、昼職と何ら変わらないというものなので風俗をできる限り続けようというアドバイスになってしまうのだと思います。

 

もう一つの問題点は悪徳税理士事務所と組んで風俗嬢は個人事業主だから確定申告をしなくてはいけないというデマを言っていることです。

 

ここが組んでいる税理士法人松本はこちらにも1回目の相談で6万円、2回目の相談ではまた6万円を請求されたなど女の子から多数の相談がありました。

 

まず風俗嬢は個人事業主ではありません!

 

平成22年3月9日の判決や平成27年の判決でも風俗嬢は店長やマネージャーからの指揮命令系統下にあるため個人事業主ではないとはっきりと判決が出ています。

 

また風俗嬢が個人事業主だとされたような判決はありません!

 

出会い系サイトや立ちんぼで客を取っている場合は個人事業主ですが、お店に雇用されている場合は個人事業主ではありません。

 

また税金に関してもほとんどのソープやデリヘルでは源泉徴収を行っています。

 

そういった事実を無視して風俗嬢は個人事業主だから確定申告をしろというのは二重課税になり違法です。

 

なぜ二重課税になるかというと店側が女の子の税金を申告していなかったり源氏名で払っていたり、過少申告しているからですね。

 

また確定申告をしようとして源泉徴収票を店に出してくれるように言っても店は脱税がばれるのが嫌なので出さないのです。

 

そうすると儲かるのは税理士事務所だけになります。

 

被害者は結局女の子なわけですよね。

 

またFJS(日本風俗女子サポート協会)に実際に行った風俗嬢の子から聞いた話ですが、在籍店とは別のお店をその子の意に反して紹介されたそうです。

 

意に反して裏でそういうことをしているとしたら大きな問題だと思います。




関連記事

no image

NPOだいわピュアラブセーフティネットへの講演・執筆・お仕事のご依頼

NPOだいわピュアラブセーフティネットへの講演・執筆・お仕事のご依頼ありましたら気軽にご連絡ください

記事を読む

no image

インターネットでWEB閲覧している人はわずか17パーセントのみ。過半数は動画視聴。

読売新聞からです。   インターネットをしている人の57パーセントは動画視聴

記事を読む

大阪心斎橋のクラブオンジェム閉店。一つの時代の終焉で悲しいですね。

Onzieme(オンジェム)を愛してくれた皆様へ。 フランス語で「11」を意味する「Onziem

記事を読む

no image

やっぱりボンドプロジェクトの橘ジュンさんはおかしい!これでは人格否定ですよ。

これ見ても思うけどやっぱりボンドプロジェクトの橘ジュンさんのやってることはおかしい! &nb

記事を読む

no image

日高屋はまずい! 王将や山田うどんの方がだんぜんうまい!!

日高屋のバイトの離職率11%なんだって。めちゃ低いよね。(普通は30%くらい) — ちきりん

記事を読む

no image

女性は戦前、戦後を通して一貫して非正規であり無業社会。

最近になって安倍首相が年功序列賃金や終身雇用の見直しを明言したり、非正規雇用や無業社会の問題が取り上

記事を読む

高校生が最も使っているSNSはツイッター。

  高校生が最も使っているSNSはツイッターですね。  

記事を読む

no image

中目黒からの日比谷線でユーたちと遭遇!

夜の11時くらいに中目黒から六本木まで日比谷線に乗ろうとホームを歩いていました。  

記事を読む

no image

奨学金を借りている方は奨学金をチャラにすることを公約にしている「れいわ新選組」に投票しましょう。

れいわ新選組は徳政令による奨学金の借金のチャラを公約にしています。   奨学

記事を読む

アメリカ人が大熱狂しているQanon(キューアノン)、ディープステートとはなにか?

アメリカで今Qanon(キューアノン)、ディープステートが大流行しています。  

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数