伊藤弁護士や仁藤夢乃がまず向かっていかないといけない相手は芸能界ではないのか?

公開日: : AV, モデル・芸能

 

確かにティーパワーズ、ロータス、マインズ、CA(芸能人専門MUTEKIやムーディーズ、KIRAKIRAなど業界最大手、SOD、プレステージ、KMP)などは関東連合直営、住吉会、山菱など絡んでるのは事実です。

 

なので伊藤弁護士のAV批判は全てウソかというとそうではないです。

 

特にプロダクション系においては現状AVプロダクションはほとんどヤクザ直営か準構成員、ヤクザフロントであり、カタギはほぼいません。

 

なぜカタギが入れないかというと、現状AVにおいて撮影の際女優をプロダクションが飛ばすとメーカーからプロダクションに莫大な違約金を請求されます。

 

そのためプロダクションは女優を飛ばさない管理力ともし飛んだ時に見つけ出せるネットワークがいるのです。

 

そのため関東連合やヤクザ直営などのプロダクションはそういう力はすごいあるので、メーカーからも重宝されます。

 

したがって大手プロダクションになればなるほど不良直営となるのです。

 

よく勘違いしている人がいますが、大手だからヤクザが絡んでないとか不良じゃないとかはないです!

 

AVは大手ほどカタギではありません。

 

ただそれって根本的にはAVというよりも芸能界全体の問題なんですよね。

 

今回のSMAP騒動とこの伊藤弁護士の主張は繋がるものがあります。

 

なぜなら結局芸能やAVはある種のロボット化を強いるものがあるからです。

 

伊藤弁護士や仁藤夢乃が本当に敵視しないといけないのは芸能界だと思います。

 

伊藤弁護士や仁藤夢乃はAVと芸能界を別物だと考えてるからAVをあげてるんだけど、根本的にAVと芸能界が地続きで同じものであるという認識をしないと問題を見誤ります。

 

芸能界は敵が強すぎるから、比較的弱いAVを相手にしようとなってるように見えます。

 

伊藤弁護士が人権うんちゃら言うなら、SMAP騒動の時に真っ先にジャニーズ事務所に真っ向から向かっていかないといけないのではないですか??

 

またはオフィス48やバーニング、ケイダッシュなどにも同じように向かっていかないといけないのではないですか??

 

AVプロダクションが関東連合やヤクザ絡んでるというなら芸能界も同じように絡んでますよ。

 

伊藤弁護士や仁藤夢乃はまず芸能界に向かっていくべきですね!

関連記事

no image

大手だから良い!高級だから良い!というわけではない。自分が一番になれるフィールドで戦わないといけない。

AV、キャバクラ、風俗なんでも高級や大手だから良いということはない。   一

記事を読む

no image

キャバ嬢がキャバクラで輝くようにAV女優は撮影になると光り輝く。現場はものづくりの職人の集まり

ほんとVの現場は過酷!   女優のプロ根性はほんと凄い!  

記事を読む

no image

芸人もサラリーマンもヤクザも東京向き!大阪向き!ってあると思う。

最近芸人で大阪から東京に進出している人が多いけど、東京向きってあるよね。  

記事を読む

no image

ジャニーズのアイドルとAV女優がつきあってるなんてかつてなら考えられなかったよね。

V6の森田剛ってAV女優と付き合ってるんやね!   V6と付き合えるならAV女

記事を読む

no image

共同通信さんのサイトのU30のコンパスでNPOだいわピュアラブセーフティネットを取り上げていただきました!

U30のコンパス 夜の仕事の悩みに寄り添って(上)   共同通信さんのサイト

記事を読む

no image

赤谷まりえさんにブチ切れられた話。朝日新聞や毎日新聞が取材に来ないから信用がないのか??

この前のセックスワークサミットの飲み会でライターの赤谷まりえさんに、「だいわさんは信用されてないから

記事を読む

no image

毎日新聞のAV問題記事が的外れすぎて酷い。

毎日新聞のこのAV連載は全く何も知らない人ばかり出てる。 ほんとに誤解与えるだけで迷惑。 <

記事を読む

no image

仙台の某大手AVプロダクション、制作は声をかけて個室に連れ込むとレイプしそのまま撮影しています。

仙台の某大手AVプロダクションは本当に酷いですよ。。   テレビのインタビュ

記事を読む

90年代~00年代の東京のイベントやサークルをしきってた人たちの人間力ってやっぱり凄いと思う!

当時の90年代~00年代の東京のイベントやサークルをしきってた人たちの人間力ってやっぱり凄いと思う!

記事を読む

no image

吉原南雲グループ摘発の裏にAV強要問題か?

AV訴訟で敗訴したプロダクション側の弁護士は宮本智、田中絵美両弁護士か。 宮本智弁護士は第二東京弁護

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
  • 友だち追加数