パパが欲しい、楽したいという会員制ラウンジや銀座(六本木)のヘルプの女には全く魅力がない。芯のある強い女性にならないとダメ!

ちょっとこれは最近ずっと書いておきたいなと思ったので書きます。

 

最近東京の女の子でパパが欲しいとか、愛人が欲しいという問い合わせが非常に多いことです。

 

これは都内の女子大生を中心に会員制ラウンジなどで働いてパパや愛人を見つけるというのが一種の流行りになっているからだと思います。

 

そこでおじさんのパパを見つけた子たちがSNSなどでシャネルやヴィトンのカバンを買ってもらった!と自慢気に画像をアップします。

 

それを見た他の女子大生たちは「良いなー!私もブランド物とか買ってくれるパパ欲しい!」となるのです。

 

近年のパパ希望者の増大によって愛人価格はダンピングが起きており、最近だと月4~5回のデートとエッチで一か月15万~20万にまでなっています。

 

こういう女子大生のパパ希望者は夜の仕事などもやったことない子が多いので月エッチ4回で15万だとかなり高く感じるのです。

 

実質これなんかはパパに体を売る風俗(個人売春)と同じなんですが、愛人、パパなどと聞こえの良い言葉によって本人たちは売春している意識はありません。

 

昔の観念だと体を売る行為は魂を売る行為であるという考え方が主流だったので、最近のように気軽に誰もがやることではありませんでした。

 

しかし最近の若い女性は売れるうちに売りまくろう、減るもんでもないしという意識になっているのです。

 

俺自身も昔の女性が言ってるような売春が魂を売る行為だとも思いません。

 

やりたければやればいいと思っています。

 

しかし一番問題なのは、会員制ラウンジやBARなどで愛人を見つけることは知らず知らずのうちに他人任せになるということです。

 

会員制ラウンジや銀座や六本木のクラブ(ヘルプ)、愛人業で暮らしている女性はその後精神を病んでメンヘラになっています。

 

それは他人任せの精神が身についてしまい、結局歳を取ってパパに捨てられた時や、お店に使い捨てにされたときに病んでしまうのです。

 

正直こういう自分からパパ欲しい、愛人契約したいとか言ってる女の子は男性からしたら全く魅力がないのです。

 

会員制ラウンジや銀座や六本木のクラブのヘルプを転々としてるような女の子には全く魅力がありません。

 

容姿だけで中身が全くないのです。

 

なので若いうちはおじさん連中にちやほやされて、ブランド品を買ってもらったり時計を買ってもらったりしますが、年を取るとすぐに捨てられます。

 

それは中身(内実)がないからです。

 

対照的なのがキャバ嬢やクラブのお姉さんです。

 

会員制ラウンジの子や銀座のヘルプの子はパパに依存して買ってもらっています。

 

つまり愛人のおじさんや銀座のお姉さんに体よく利用されているのです。

 

対してキャバ嬢やクラブの係りのお姉さんやママはおじさんに自発的に買わせています。

 

他人依存的ではないのです。

 

男性に対して全く媚びていないのです。

 

それが魅力になっているのです。

 

捨てられない女になるには男に媚びてはダメなのです!

 

浜崎あゆみも、安室奈美恵もなぜかっこいいのか、なぜあの歳になっても魅力的なのか、それは全く媚びてないからです。

 

キャバ嬢がなぜその後昼に転身したあとも活躍するのか。

 

それはキャバ嬢時代から全く媚びないからです。

 

一条葵さん、荒木さやかさん、ももえりさん、早川沙世さん、山上紗和さん、愛沢えみりさん、ミュゼルバの樹里さん、ひなのさん、涼子ママ、メグママみんな媚びません。

 

男性はこういう芯のある強い女性に惹かれるんだと思います。

 

だから芯のない男任せの会員制ラウンジの女や銀座や六本木の楽だからとヘルプ巡りをしている女、派遣キャバ嬢は捨てられてしまうのです。

 

そういう子たちは昼に転身するときも、楽をしようという姿勢が身についてしまいできません。。

 

結果的に歳を取った後精神を病んでしまい、メンヘラになってしまっているのです。

 

こうならないために、芯のある女性になろうと言いたいです。

 

クラブなら係りのお姉さんを目指す、ママを目指す、キャバ嬢ならナンバーワンを目指す。

 

そういう女性は昼に行っても成功しています。

関連記事

no image

六本木もヒルズやミッドタウンなどの再開発により衰退が加速。その土地の属性や歴史性を無視することはできない。

東京も六本木はそれで再開発を失敗した!   六本木ヒルズやミッドタウンをぼん

記事を読む

朝日新聞の貧困報道や私たちは買われた展にはじゃあ解決策をどうしたらいいの?が全くない!

ETV特集「私たちは買われた―少女たちの企画展―」やクローズアップ現代の「奨学金破産の衝撃2急増する

記事を読む

no image

スニーカー

スニーカー、ギャル系とかヤンキー系の子はナイキ履いてて、大人しめの子とか、清楚系の子はアディダスのス

記事を読む

no image

オランダでは180センチの男性もチビ。

オランダ人の平均身長男性190センチ、女性185センチって凄いなー!!  

記事を読む

no image

西麻布は元来高級住宅なのでラウンジの営業許可が降りにくい。低層高級住宅のため住民の目が厳しい。

西麻布のラウンジが恵比寿に進出してるのは、西麻布だとキャバクラの営業許可が降りにくいからなんだよね。

記事を読む

no image

日本はあまり力をつけすぎた出る杭は国家権力が別の誰かにやられてしまう。

許永中さんの「日本の闇を背負い続けた男」(溝口敦)がめちゃくちゃ面白い。  

記事を読む

no image

不良のファッション

渋谷でアウトリーチをしてたときに、中学からずっとアメリカの現地校で生活している大学生の女の子と知り合

記事を読む

no image

なぜ数々の凶暴凶悪な事件を起こしてきた関東連合が、若者の間で時に憧憬の対象として見られるのか。

なぜ数々の凶暴凶悪な事件を起こしてきた関東連合が、若者の間で時に憧憬の対象として見られるのか。

記事を読む

no image

代官山蔦屋はオシャレすぎて、目当ての本がどこにあんのかわからん(笑)

紀伊国屋書店、渋谷に新型店 イベントスペース併設  日本経済新聞【有料会員限定】 http://s.

記事を読む

no image

真にセカンドキャリアの支援が必要なのは大衆店の風俗嬢

夜の世界のセカンドキャリアの問題も真に支援が必要なのは、キャバと風俗でも高級店を除いた風俗をやってい

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
  • 友だち追加数