パパが欲しい、楽したいという会員制ラウンジや銀座(六本木)のヘルプの女には全く魅力がない。芯のある強い女性にならないとダメ!

ちょっとこれは最近ずっと書いておきたいなと思ったので書きます。

 

最近東京の女の子でパパが欲しいとか、愛人が欲しいという問い合わせが非常に多いことです。

 

これは都内の女子大生を中心に会員制ラウンジなどで働いてパパや愛人を見つけるというのが一種の流行りになっているからだと思います。

 

そこでおじさんのパパを見つけた子たちがSNSなどでシャネルやヴィトンのカバンを買ってもらった!と自慢気に画像をアップします。

 

それを見た他の女子大生たちは「良いなー!私もブランド物とか買ってくれるパパ欲しい!」となるのです。

 

近年のパパ希望者の増大によって愛人価格はダンピングが起きており、最近だと月4~5回のデートとエッチで一か月15万~20万にまでなっています。

 

こういう女子大生のパパ希望者は夜の仕事などもやったことない子が多いので月エッチ4回で15万だとかなり高く感じるのです。

 

実質これなんかはパパに体を売る風俗(個人売春)と同じなんですが、愛人、パパなどと聞こえの良い言葉によって本人たちは売春している意識はありません。

 

昔の観念だと体を売る行為は魂を売る行為であるという考え方が主流だったので、最近のように気軽に誰もがやることではありませんでした。

 

しかし最近の若い女性は売れるうちに売りまくろう、減るもんでもないしという意識になっているのです。

 

俺自身も昔の女性が言ってるような売春が魂を売る行為だとも思いません。

 

やりたければやればいいと思っています。

 

しかし一番問題なのは、会員制ラウンジやBARなどで愛人を見つけることは知らず知らずのうちに他人任せになるということです。

 

会員制ラウンジや銀座や六本木のクラブ(ヘルプ)、愛人業で暮らしている女性はその後精神を病んでメンヘラになっています。

 

それは他人任せの精神が身についてしまい、結局歳を取ってパパに捨てられた時や、お店に使い捨てにされたときに病んでしまうのです。

 

正直こういう自分からパパ欲しい、愛人契約したいとか言ってる女の子は男性からしたら全く魅力がないのです。

 

会員制ラウンジや銀座や六本木のクラブのヘルプを転々としてるような女の子には全く魅力がありません。

 

容姿だけで中身が全くないのです。

 

なので若いうちはおじさん連中にちやほやされて、ブランド品を買ってもらったり時計を買ってもらったりしますが、年を取るとすぐに捨てられます。

 

それは中身(内実)がないからです。

 

対照的なのがキャバ嬢やクラブのお姉さんです。

 

会員制ラウンジの子や銀座のヘルプの子はパパに依存して買ってもらっています。

 

つまり愛人のおじさんや銀座のお姉さんに体よく利用されているのです。

 

対してキャバ嬢やクラブの係りのお姉さんやママはおじさんに自発的に買わせています。

 

他人依存的ではないのです。

 

男性に対して全く媚びていないのです。

 

それが魅力になっているのです。

 

捨てられない女になるには男に媚びてはダメなのです!

 

浜崎あゆみも、安室奈美恵もなぜかっこいいのか、なぜあの歳になっても魅力的なのか、それは全く媚びてないからです。

 

キャバ嬢がなぜその後昼に転身したあとも活躍するのか。

 

それはキャバ嬢時代から全く媚びないからです。

 

一条葵さん、荒木さやかさん、ももえりさん、早川沙世さん、山上紗和さん、愛沢えみりさん、ミュゼルバの樹里さん、ひなのさん、涼子ママ、メグママみんな媚びません。

 

男性はこういう芯のある強い女性に惹かれるんだと思います。

 

だから芯のない男任せの会員制ラウンジの女や銀座や六本木の楽だからとヘルプ巡りをしている女、派遣キャバ嬢は捨てられてしまうのです。

 

そういう子たちは昼に転身するときも、楽をしようという姿勢が身についてしまいできません。。

 

結果的に歳を取った後精神を病んでしまい、メンヘラになってしまっているのです。

 

こうならないために、芯のある女性になろうと言いたいです。

 

クラブなら係りのお姉さんを目指す、ママを目指す、キャバ嬢ならナンバーワンを目指す。

 

そういう女性は昼に行っても成功しています。




関連記事

no image

渋谷がダメ、新宿がダメ、池袋がダメっていうよりも東京全体がダメなんだと思います。

今朝の取材で「渋谷は商業で見るとかなり終わりつつある街。中高生の非日常消費は原宿に取られ、社会人

記事を読む

no image

神奈川県海老名のキャバクラ事情。海老名で働くのはやめた方がいい!!本厚木か町田にしましょう!

海老名のガールズバーやキャバクラで働くのはやめた方がいいですね!   女の子か

記事を読む

no image

NPO法人マナビーが運営を終了。NPOは認定だから良い、非認定だから悪いというものではありません。

manavee.comは運営を終了しました   大学生による授業動画で人気を博した

記事を読む

no image

最近のグレーを許さない!という無菌主義みたいなものがかなり気持ち悪く感じます。

  朝日新聞にコンビニにエロ本置かないで!という投書が載っていました。

記事を読む

no image

風俗業界と介護業界の支援の難しさ。ホスト大好き風俗嬢もいれば、学費のため働く風俗嬢もいる。

風俗嬢に対しての支援の難しさは介護業界への支援の難しさと似ているような気がする。  

記事を読む

no image

最近キャバクラに来る若い金持ちにスマホのアプリ開発してるという人が多い。

最近キャバクラ来る若い人でスマホのアプリ開発やってますって人多い気がする。  

記事を読む

no image

無業社会のNHKの番組を見て思うこと。日本人は生真面目すぎ!!堂々と生活保護を貰いましょう!ギリシャを見習いましょう!

「ゆるい就職」はフリーター礼賛と同じなのか 「親が死んだらどうする」と懸念も - キャリコネニュース

記事を読む

no image

2月はキャバクラひまだとか言ってるキャバ嬢は銀座に来ましょう!銀座は毎日満員御礼です。

キャバ嬢で2月がヒマとか言ってる人、銀座は常に満卓でめちゃくちゃいそがしいですよ! &nbs

記事を読む

no image

武闘派組織が仕切っている街とそうでない街との間に治安格差が生まれてくるのかもしれませんね。

山口組と「ドラゴン」が乱闘、傷害容疑で7人逮捕 http://yabee.in/YAKUZA

記事を読む

no image

これからの時代はDVDやブルーレイではなくネット配信でエロ動画を見る時代。

性行為ライブ配信を手助け容疑 「FC2」運営か、大阪の会社を捜索(産経新聞) - Y!ニュース ht

記事を読む









  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」
    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数