中村淳彦さんの「日本の風俗嬢」の感想。マッチングを行うことで偏差値10上げることは可能。

公開日: : NPO, 女性, 教育, 書評, 社会, 若者, 風俗

中村淳彦さんの「日本の風俗嬢」についても感想をまとめておこうと思います。

 

ここは個人的に気になったところなんですが、千葉の大学院に通いながらデリヘルで働いている子の話です。

 

この子は昔教員を目指して教育実習に行ったけど失望してしまうんですね。

 

その理由が「小学校の内部が閉鎖的で幻滅した。思ったより先生たちの上下関係が厳しすぎるし規則とか建前でがんじがらめ。精神的に病む先生が多いのもよくわかった。」と書かれています。

 

これは本当その通りで学校が閉鎖的で凝り固まった考えだから、多様性をはぐくむことなんて不可能なんですよね。

 

俺も教育現場にいたのでよくわかります。

 

レールに乗った生徒だけしか見ていないんですよね。

 

そこから零れ落ちる生徒は、あいつはおかしい!あいつは変だ!というレッテルをはって孤立させようとする、それが今の日本の教育現場ですよ。

 

だから俺も教師をやめて、1人1人の女性と一対一で向き合いたいなと思い女性のためのNPO代表になりました。

 

教師は無理やりレールに乗らせるのが仕事です。

 

だけどそれ以外の生き方もあっていいはずなんです。

 

教師ではぜったいその子たちに寄り添えない。

 

学校自体がそうなってないからですね。

 

もっと言うと日本がそうなってないんですけどね。

 

あとは全体を通して書かれているのは、風俗嬢の採用難度が上がって稼ぐことが難しくなってきたところですね。

 

そこは同感ですね。

 

ただ中村さんは偏差値55の大衆ソープに入れないレベルの女の子は一般の昼職をしていた方がいいのではないかと書いています。

 

そこは違うと思いますね。

 

それは満足に稼げないからということだと思います。

 

しかしそこで女性の仕事のマッチングの役割が大事なんだと思います。

 

俺のNPOはこの表の偏差値47であっても、マッチングさせて稼げるお店に紹介することができます。

 

マッチングすれば偏差値5~10近く上がることもあるわけですね。

 

あとやはり稼ぎだけで昼職というのは違うと思いますね。

 

やはり風俗には時間の融通や自由度が好きで働いている子も多くいます。

 

その辺を考えると、例え偏差値が40であろうと30であろうとその子がやりたいのであればやるべきだと思いますね。

 

稼ぎに関しては先ほども言ったようにマッチングを行うことで稼げるようにはなります。

 

あと最後に登場されたホワイトハンズの坂爪さんの意見も違うと思いますね。

 

サービス可能範囲の説明と同意署名をさせるということですが、風俗と言うのは本番できるのかな?できないのかな?という楽しみもあってきてるお客さんが多いのです。

 

そこがデリの魅力でもあるわけです。

 

女の子目線でも、本番はプラス~円と人を選んでチップをもらってる女の子も多くいます。

 

杓子定規にルール通りやろうというのは風俗にはなじみません。

 

あと粘膜接触を伴う行為を禁止させると書いていますがこれも違うと思います。

 

なぜなら吉原や福原では生プレイのお店もあります。

 

NSやNNだから稼げるのでやっている子もいます。

 

その子たちを追い出すことになってしまうと思います。

 

その子たちはNNだからそこまで稼げているのであって、それがS着のソープに行くと稼げなくなるわけです。

 

そのあたりを坂爪さんはわかっていないのではないかと思いました。

 

こういう風に何もかもを透明化していこうとすると、お客さんは来なくなってしまいます。

 

ある程度の柔軟性というのが風俗業界には必要なことなんだと思います。

関連記事

no image

JKビジネスやグラビアをやりたいという子が溢れてるのに規制してもより危険にさらされるだけ!

規制強化しても当然なくなりはしませんが、現実的には規制強化を繰り返す以外に取るべき方法が無いので

記事を読む

no image

不動産屋さんとスカウトマンは似ている

不動産屋さんとスカウトは近いような気がする。 数ある物件の中からお客さんの希望を聞いてその中でベスト

記事を読む

no image

景気がよくなったからと言ってもう社員の給料は上がらない

アベノミクスで大手が業績を伸ばしてるのに賃上げに結びつかないのは、バブルの頃までと違って、内部留保を

記事を読む

no image

池袋は都内の大阪

池袋って都内の大阪なんだよね。   雑多で怪しくて魅惑的で気取っていない。

記事を読む

no image

日本の若者のニートはわずか2、3パーセント。そのうち病気の者を除くと1、3パーセントしかいない。

工藤啓さんと西田亮介さんの「無業社会」を読み西田さんの講演に行ってきました。  

記事を読む

no image

ナンパは幸せからどんどん遠ざかる道でもある。

特にナンパクラスタの人は病んでる率高い。ナンパでの出来事なんてバーチャルだと思わないと危険だよ。 リ

記事を読む

no image

これは酷い。女子大生にとっても生きにくい世の中になってきた気がしています。

これは読むのつらい、、 pic.twitter.com/VRT8BrMjM2 — 稲井大輝

記事を読む

720x1020xd30db6fa2f653614ff2e5b0

ギャルはこいつが人として魅力的かを瞬時に見抜く!! ギャルにモテないということは自分がつまらない人間だということ。

ギャルが冷たいとか反応が悪いって書いてる人がいたけど、そんなことはないと思う。  

記事を読む

ctlfie4ueaeankc

渋谷はなぜハロウィンで仮装一色になるのか?なぜ池袋や新宿はならないのか?

渋谷がハロウィンの仮装一色になるのはなぜなのだろうか?    

記事を読む

no image

警察は正義の機関ではない

「バーニングを絶対潰す!」“芸能界のドン”を追及し、“無実の罪”で逮捕された暴力団組長が命を懸けた反

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
  • 友だち追加数