仁藤夢乃さんの「女子高生の裏社会」のあまりのズレすぎに激怒!

公開日: : JKビジネス, NPO, 女性, 少女, 社会

仁藤さんの「女子高生の裏社会」の方は読んでて嫌な気持ちになるくらい現状をわかってないし、まったくその子の身になって考えられていないなと感じました。

 

この本はJKビジネスと言われる、いわゆるJKおさんぽや、JKパンツ小屋、JK撮影会などにいるJKに取材して書かれたものです。

 

ただこの人の主張というか、立場が一貫して「少女を食い物にする大人社会」とか「少女」を狙う裏社会、「風俗や水商売に最終的に落とされる少女」という被害者意識でずっと書かれてるんですね。

 

それは一時期の風俗界でずっと言われていた、「男に食い物にされてる風俗嬢」とか「借金のかたに無理やり働かされてる風俗嬢」、「かわいそうな風俗嬢」的な認識で思考停止してるんですね。

 

この仁藤さんの考えはこれの少女版なんですね!この人は風俗やキャバクラなどに関してもかなりの偏見を持ってるみたいですが、肝心の「少女」に関してもまったく見当違いの認識をしてるわけです。

 

俺は正直ここで出てきてるJKおさんぽの子たちやJKパンツ小屋の子たちともNPOとしてずっと接してきています。

 

この人がぽっと行って取材して書いたみたいな浅い感じではなく!!

 

この人の認識ではスカウトマンは少女を助けているようで裏社会に招きこんでいる大悪人のようですが・・・

 

この著者の言い分ではこの子たちは裏社会に搾取されて働かされているので、なんとか昼の世界に戻すのが正解だ!みたいに思ってるわけです。

 

まるで自分が正義の使者のように。

 

これって風俗嬢を無理やりやめさせてなんとか昼の仕事につかせるが正解だ!みたいな見識と一緒なんですね。

 

というかこの人は風俗や水商売も嫌ってるのでおそらく同じように思ってるんでしょうが。

 

それでは何の解決にもならないし、少女たちを追い詰めてる以外の何者でもないわけですよ。

 

俺のNPOは毎日渋谷や池袋、横浜などにずっといるのでこういう子たちの知り合いやネットワークができてきます。

 

その子たちはみんないろいろな悩みや病気を抱えて病んでいるわけです。

 

これはJKおさんぽだろうが、JKリフレだろうが、JKパンツ小屋だろうが、ブルセラだろうがみんな一緒です。

 

いわゆるメンヘラ女子高生なわけです。

 

一見普通に見えても、中身はメンヘラなんです。

 

その子をなんとか昼に戻そう戻そうとしてもダメなわけです。

 

あとこの人はJKをやたらと「少女」「少女」と強調しますが、正直大人と変わらないです。

 

というか著者の一番の認識違いは彼女たちが「少女」だからやっているのではなく、「精神を病んでいる」からやっているわけです!

 

これは「少女」だろうが「大人」だろうが変わらないわけです!!

 

彼女たちは昼の世界では馴染めないし、疲れてしまっているから、JKパンツ小屋やJKリフレに居心地の良さを感じているんです。

 

これは著者が書くようなスカウトマンの手練手管でもないし、店長の色管理でもないです! そこが一番の著者の無理解です!!

 

彼女たちにとってJKパンツ小屋やJKリフレ、JKおさんぽは昼世界からの避難所でもあるのです。

 

彼女たちがJKパンツ小屋からキャバクラや風俗へ行って働いたとしても、それはスカウトマンの口車に乗せられたわけでも店長に丸め込まれたわけでもないのです。

 

それは彼女たち自らが選び取ったことなんです。

 

もう彼女たちは「大人」なんです。

 

著者はまるでJKパンツ小屋やJKおさんぽがあるから、その後風俗やキャバクラへ進んだように書いていますが、俺はそうではないと思います。

 

俺は仮に彼女たちがJKパンツ小屋やJKおさんぽをやっていなくても、風俗やキャバクラをやったと思います。

 

また俺はそれが悪いことだとは思いません。

 

著者はJKおさんぽやJKパンツ小屋、JK撮影会が裏社会の危ないこととしてセンセーショナルに書いていますが、単に彼女たちが選んだ一つでしかありません。

 

JKおさんぽも、JKパンツ小屋も彼女たちにとっての青春なんです。

 

著者が外部からJKなんだから昼に働いた方がいいとかとやかく言うことではないのです!!

 

著者は女の子たちに入り込んでいるようでいて、外部からの観察者でしかないんです。

 

そんな偏見を持った人が当事者心理を読み解くことは不可能です。




関連記事

no image

最貧困女子でも書かれていた発達障害についての誤解!発達障害は治せます!

まず発達障害についての誤解!   これは鈴木大介さんの最貧困女子でも感じたこと

記事を読む

沢尻エリカ司会の「山口組対一和会史上最大の抗争」

NHKで沢尻エリカ司会の「山口組対一和会史上最大の抗争」がやっていました。  

記事を読む

no image

漫画家の人もよくキャバクラ来ます

新宿スワンの作者の和久井さんと知り合いのキャバ嬢の子が恵比寿でよく飲むそうです(*^_^*)

記事を読む

no image

JKビジネスという彼女たちの最後の拠り所を奪ってはいけない

JKビジネスを最後の拠り所にしていた女の子がお店の摘発により行き場をなくし、精神病院に入ってしまった

記事を読む

銀座高級クラブのブレア明日香ママ愛用化粧品・コスメなど。

銀座の人気オーナーママのあすかママ。     あすかマ

記事を読む

no image

駒崎弘樹はマザーテレサを真似している?

マザーテレサは表では貧しい人々を救うように振る舞っていたけど、実際は寄付金などを貯金して48億もため

記事を読む

no image

最近のグレーを許さない!という無菌主義みたいなものがかなり気持ち悪く感じます。

  朝日新聞にコンビニにエロ本置かないで!という投書が載っていました。

記事を読む

no image

大津駅~浜大津駅

仕事の関係で大津に行ったので大津駅からタクシーに乗りました。   結構良い雰

記事を読む

no image

NNNドキュメント「彷徨う10代~大阪中1男女の死が問いかけるもの~」街が若者を追い出す構造が問題だと思いますね。

西成の山王子どもの家が出ています。   うちのNPOだいわピュアラブセーフテ

記事を読む

no image

警視庁が進めるJKビジネス規制は風俗店やキャバクラの制服コスプレも摘発対象になる。

今警視庁が進めてるJKビジネス規制は成人女性のなんちゃってJKの規制も入ってるから、風俗店やカフェな

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、ヤンキー、モデル、中高生、シングルマザーを中心に女性・男性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性・男性を支援しています。6000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性・男性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の割引紹介希望の方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力

    週刊ポスト「援助交際について」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数