会社員の大野実とコロンビア国籍のペレス・エナオ・ウイリアム・アンドレスら6人が板橋区の男性を拉致して監禁したうえ暴行を加えて重傷を負わせたとして逮捕。

金を奪う目的で大阪市内の路上で板橋区の54歳の男性を連れ去り、車に監禁した上、暴行を加えたとして男ら6人が逮捕されました。男らは、SNSなどを介して特定の犯罪目的でつながる「匿名・流動型犯罪グループ」略して「トクリュウ」とみられています。

 

逮捕監禁致傷の疑いで逮捕されたのは、会社員の大野実容疑者(49)やコロンビア国籍のペレス・エナオ・ウイリアム・アンドレス容疑者(32)ら6人で、警察によりますと、今年2月17日午前3時ごろ、大阪市西区の路上で自営業の男性(当時54)を車で連れ去り監禁した上、殴る蹴るの暴行を加えた疑いが持たれています。

 

ペレス容疑者らは目だし帽姿で男性を車に押し込み、手足を結束バンドで縛り、さらに袋をかぶせ暴行を加えていて、男性は約1時間後、約12キロ離れた大阪市住之江区の路上で解放されましたが、ろっ骨を折るなど全治5週間の大けがをしました。

 

大野容疑者はグループの指示役で、ペレス容疑者は実行役とみられていて、指示は匿名性の高いSNSなどを使って伝えられ、グループ内では「ディアブロ(スペイン語で悪魔の意味)」、「パッキャオ」、「マイケル」などのニックネームでお互いを呼び合っていました。

 

警察は6人の認否を明らかにしていませんが、金銭を奪う犯罪目的で集まったとみられています。

 

警察庁は今年7月、こうした特定の犯罪目的でSNSなどでつながる犯行グループを「匿名・流動型犯罪グループ」、略して「トクリュウ」と名付け対策を強化しています。

 

(参考:読売テレビ・朝日新聞)




関連記事

no image

山口組大同会幹部が250万円払えと脅したとして米子警察署が中止命令(日本海テレビ)

米子警察署は12日、指定暴力団六代目山口組大同会に所属する幹部の52歳の男に暴力団対策法に基づく中止

記事を読む

no image

山口組組員の加山勝と塗装工の今村泰志が覚醒剤取締法違反で逮捕(暴力団ニュース)

佐賀県警佐賀北署は、営利目的で覚醒剤を譲り渡したとして特定抗争指定暴力団・六代目山口組系組員・加山勝

記事を読む

no image

神奈川県藤沢市で飲食店の店長を暴行して100万円を奪ったとして千葉県市原市の松田光左希と高橋洸揮、柏市の川戸涼太を逮捕。他の共犯者も捜査中(テレビ朝日)

神奈川県藤沢市で、58歳の男性を棒のようなもので襲ってけがをさせ、現金100万円以上を奪ったとして男

記事を読む

no image

工藤会長谷川組組員の渡邊椋也が同じ組の組員の男性を10時間に渡って脅して小指を切断させたとして逮捕(テレビ朝日)

去年10月、知人の男性に対し、自らの左手の小指を切断することを強要したとして、警察は27歳の男を再逮

記事を読む

no image

住吉会系組員の野崎隆二と同組員で雑貨販売業の吉本直樹と解体業の杉田富久治ら5人が越阪部清一さんを殺害して遺棄したとして逮捕。

さいたま市岩槻区の雑木林で9月、所沢市狭山ケ丘の職業不詳の越阪部清一さん=当時(45)=の遺体が見つ

記事を読む

no image

山口組極心連合会副会長で兼一会会長の植野雄仁(金圭轍)が暴行の様子が映っていた監視カメラの映像を消去したとして懲役2年・執行猶予3年の判決。

2019年06月20日、二代目兼一会会長の植野雄仁こと金圭轍の判決公判が大阪地裁で開かれ、裁判長は懲

記事を読む

no image

稲川会森田一家の幹部の男が藤枝市の解体業の男性を暴行して全治3週間のケガを負わせたとして逮捕。

知人の顔を殴るなどしてけがを負わせた疑いで、稲川会森田一家の幹部が逮捕されました。  

記事を読む

no image

瓜田夫婦が就職活動に悩む若者の相談に答える。

瓜田夫婦が就職活動に悩む若者の相談に答えていました。  

記事を読む

no image

IP電話回線を提供して特殊詐欺グループを手助けしたとしてチャイニーズドラゴンの山口明俊を逮捕(共同通信)

インターネットを使って会話するIP電話回線を提供して特殊詐欺グループを手助けしたとして、岐阜県警と警

記事を読む

no image

小桜一家組員の新原翔太と建設作業員の松田沙織が20代の女性から現金を脅し取ったとして逮捕(南日本新聞)

鹿児島県警組織犯罪対策課と鹿児島西署は8日、恐喝の疑いで、本籍鹿児島市、住所・職業不詳、指定暴力団四

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ