大手脱毛サロンの「キレイモ」が28店舗をコンサルティング会社GFAに譲渡(東京商工リサーチ)

公開日: : 社会, 経営, 美容整形・脱毛

大手脱毛サロンの「キレイモ」が28店舗をコンサルティング会社GFAに譲渡しました。

 

解約返金などで顧客とのトラブルが続く脱毛サロン「キレイモ」を運営する(株)ヴィエリス(TSR企業コード:363955682、渋谷区)は9月28日、借入金の代物弁済で一部店舗を不動産投融資コンサルのGFA(株)(TSR企業コード:295641762、東証スタンダード)に譲渡すると発表した。

 

事業譲渡のため、GFAは債務を引き継がず、未払い債務は今後もヴィエリスが対応する。

 

ただ、遅れている顧客への返金について詳細は明かされておらず、トラブルは長期化の様相を呈している。  

 

ヴィエリスは譲渡対象外の店舗について、「後日、お知らせにて随時、皆様にご報告させていただきます」としている。

 

ヴィエリスは、顧客への返金について「解約希望依頼を受けている状況が続いており、希望されているお客様への対応が遅れている状況です。一日でも早く返金希望のお客様へ、返金対応を進めてまいります」とのコメントを公表した。  

 

GFAやヴィエリスによると、譲渡対象は「キレイモ」の28店舗で、10月1日に実行する予定。

 

GFAが運営する予定の店舗は、ヴィエリスから引き継いだ顧客の未消化役務について、2022年12月まで月間1万件を限度に無償で施術を引き受ける。

 

2023年1月以降の方針は未定で、決まり次第公表するという。  

 

GFAの担当者は「運営を引き継ぐ予定の店舗は、10月1日以前の予約内容を見直す可能性がある」とコメントした。

 

2022年6月、GFAはヴィエリスが保有する総額3億4,900万円の割賦債権を取得した。

 

すでに6月と7月で7,300万円を回収したという。

 

また、GFAはヴィエリスの関連会社にも資金を貸し付けており、ヴィエリスの店舗の什器、設備、商標権、テナントの保証金などに担保を設定している。  

 

ヴィエリスは2022年1月以降、スポンサー支援を含めた経営戦略の見直しを進めたが、交渉は進展しなかった。

 

さらに、信用不安などでヴィエリスの7月の全店売上は前年の10%にとどまり、経営悪化が深刻さを増していた。

 

SNSでは、キレイモの解約手続きができないことや返金の遅れ、予約が取れないことなどを嘆く声が今も多い。

 

ヴィエリスは、顧客離れを食い止めるためにも顧客へのサービス提供を守ると同時に、随時細やかな説明が求められている。

 

(東京商工リサーチ)

 

大手脱毛サロンはポンジスキームによる詐欺。黒幕は松浦グループ。

https://daiwaryu1121.com/post-62658/




関連記事

no image

ゆうちょ銀行が硬貨の預け入れに手数料を導入。

ゆうちょ銀行が硬貨の預け入れに手数料を導入しました。   ATMでの預け入れは

記事を読む

no image

エンリケさんの旦那の派遣会社エンリケスタッフで派遣された女性が給料未払い、労働基準法違反を告発。

エンリケさんの旦那の派遣会社エンリケスタッフで派遣された女性が給料未払い、労働基準法違反を告発してい

記事を読む

no image

給付金の不正受給で逮捕されたマイニングエクスプレスのメンバー7人の関係。

給付金不正受給で逮捕された7人の関係。     東京国

記事を読む

no image

NHKプロフェッショナル仕事の流儀で銀座のクラブのママを特集。

NHKプロフェッショナル仕事の流儀で銀座のクラブのママと文壇BARのママを特集するようです。

記事を読む

no image

小倉美咲さんのお母さん「骨は美咲のものではないと確信」

小倉美咲さんのお母さんが道志村の現場を訪れて「骨は美咲のものではないと確信した」と語っていました。

記事を読む

no image

薬害エイズと子宮頸がんワクチンは同じ。細菌兵器です。

子宮頸がんワクチンが安全とか言ってる人は薬害エイズが安全と言ってた医者や厚労省と同じなんです。

記事を読む

no image

カナダがマリファナを合法化。本当に若者を守るならマリファナも売春も合法化するしかない。

カナダがマリファナを合法化しました。 http://www.yomiuri.co.jp/wor

記事を読む

no image

反共労組、反共左翼、連合、社会党、社民党、民主党、立憲民主党などはアメリカ側のエージェント組織。

反共労組、反共左翼、社会党、社民党、民主党、立憲民主党などはリベラル、人権派に見せかけた共産主義、社

記事を読む

明石市の児相が職員にパワハラを行い自殺させる。明石市は子育て、福祉は最悪の最悪です!

兵庫県明石市にある県中央こども家庭センター(児童相談所)の男性職員=当時(27)=が2014年に自殺

記事を読む

no image

電子書籍は一部収録されていないことがあるので要注意!

読みたい雑誌が楽天市場の電子書籍で安かったから買ったら、「その部分は収録されていません」ってなってま

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ