神風特攻隊を創設させた黒幕は昭和天皇であることが濃厚。

神風特攻隊を創設させた黒幕は昭和天皇であることが濃厚です。

 

教科書的には神風特攻隊を創設したのは海軍幹部の大西瀧治郎と城英一郎だとされています。

 

城英一郎が大西瀧治郎に提言を行ったとされています。

 

その城英一郎は海軍の侍従武官で、昭和天皇の側近でした。

 

城英一郎が神風特攻隊の導入を提言した背後に昭和天皇の影が見えます。

 

大西瀧治郎さんは神風特攻隊の導入についてはずっと拒否していたと伝えられています。

 

その大西瀧治郎が神風特攻隊の導入に踏み切った背景にも昭和天皇の意向があったと思います。

 

そして神風特攻隊を導入したキーマンの2人が太平洋戦争の末期に2人とも亡くなっていました。

 

大西瀧治郎は自殺したとされていますが、その現場にいたのが英米のエージェントだった児玉誉士夫でした。

 

実際は児玉誉士夫がキーマンである大西瀧治郎を口封じに葬り去ったのではないでしょうか。

 

同じく真珠湾攻撃のキーマンである山本五十六も海軍によって葬り去られていました。

 

山本五十六は米軍の航空機に撃ち落とされたということになっていますが、その場所には米軍機がいなかったとされています。

 

また山本五十六の頭部に銃創があったことから海軍の何者かに殺害されたことが有力となっています。

 

城英一郎はレイテ沖海戦で亡くなっていました。

 

レイテ沖海戦も非常に怪しい戦いでした。

 

このレイテ沖海戦では栗田中将が米内光政海軍大将によって謎のUターンをさせられていました。

 

この謎のUターンによって海軍は壊滅的な打撃を被ることになりました。

 

米内光政は英米のエージェントであったことが判明しています。

 

城英一郎もレイテ沖海戦で口封じに葬り去られたのではないでしょうか。

 

太平洋戦争では三国同盟を推進した松岡洋右やソ連への北進ではなく英米の植民地としている東南アジアへの南進を推進してアメリカ、ヨーロッパとの開戦のきっかけを作った近衛文麿などキーマンがことごとく謎の死を遂げています。




関連記事

no image

ごぼうの党の党首の奥野さんとレペゼン地球のDJ社長が三浦春馬さんのことを聞かれると答えられなかった理由

ごぼうの党の党首の奥野さんとレペゼン地球のDJ社長がユーチューブでコラボをしていました。 &n

記事を読む

no image

上島竜兵さんが亡くなった後に5ちゃんねるの掲示板で単発IDが「誰がなくなるとメンタルに来る?」と多数書き込みを行う。

上島竜兵さんが亡くなった後に5ちゃんねるの掲示板で単発IDが「誰がなくなるとメンタルに来る?」と多数

記事を読む

no image

政府が「働き方改革」で労災担当者を666人削減。悪魔的世の中になるという予言。

政府が「働き方改革」で労災担当者を3年間で666人を削減するそうです。 http://www.

記事を読む

no image

維新の丸山穂高議員は早く議員辞職しないとKGBに殺されますよ。

維新の丸山穂高議員は早く議員辞職しないとKGBに殺されますよ。

記事を読む

no image

バーレスク摘発の本当の狙いはバーレスクの上部組織。そこがルフィ事件や三浦春馬さん、神田沙也加さん事件の黒幕。

バーレスク摘発の本当の狙いはバーレスクの上部組織です。   風営法違反というの

記事を読む

no image

山上徹也のお母さんが入っていた実践倫理宏正会の成り立ち。

戦前に「ひとのみち教団」だったものが戦後にPL学園のパーフェクトリバティ教団、倫理研究所、実践倫理宏

記事を読む

no image

PCR検査は実はめちゃくちゃ危険だった。アメリカのロレイン・デイ医師がPCR検査の先にナノワクチンが仕込まれていると暴露。

PCR検査は実はめちゃくちゃ危険でした。   アメリカのロレイン・デイ医師がP

記事を読む

no image

谷口光弘と太田浩一朗の10億円詐欺事件の背後に創価学会、安倍総理。

谷口光弘と太田浩一朗の10億円詐欺事件の背後に創価学会、安倍総理の存在がありました。 &nbs

記事を読む

上場企業の63パーセントは同族経営、家族経営。日本はまさに既得権益社会。

  保有資産5億円以上の上場企業の63パーセントは同族経営、家族経営だそうで

記事を読む

no image

安倍総理は死んでいない説について。

安倍総理は実は死んでいないという人がいます。   なぜそういうことを言っている

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  • 神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ