自民党の岸田派のホープの吉川赳(たける)衆議院議員が18歳の女子大生とパパ活をしていた(週刊ポスト)

岸田派のホープとして知られる自民党の吉川赳(たける)・衆議院議員(40)が、18歳の女子大生と高級焼き肉店で一緒に飲酒し、高級ホテルでともに過ごしていたことが『週刊ポスト』の取材でわかった。

 

同誌の取材に対して女性は「4万円のお小遣いをいただいた」と証言しており、その言葉が事実であれば、現役政治家が10代を相手に“パパ活”もしていたことになる。どんな人物だったのかその素性を探ると、土地持ちの資産家で、家庭人としての一面もあることが見えてきた──。

 

吉川氏は、六本木や西麻布で飲み歩き、界隈では知られた存在だったという。

 

港区の飲食店店員が語る。

 

「吉川氏は港区女子のあいだでは“お金持ちのおじさん”として、知る人ぞ知る有名人。モデルや港区女子を相手に“パパ活”をしているという噂が絶えない人です」  

 

今年4月に公開された衆議院議員の資産報告書によると、吉川氏の資産総額(株式を除く金融資産、土地、建物などの合計)は9098万円にも及び、静岡県内でトップ。

 

沼津市などに所有する土地が資産の大半を占めていた。

 

まさに“資産家おじさん”なのである。  父親・吉川雄二氏も地元静岡の名士で、県議会議員を務めた。

 

息子の吉川赳氏は選挙に弱く、2014年、2017年と落選が続いたが、女性問題で自民党を離党した議員の辞職にともない、2019年に繰り上げ当選。

 

昨年の総選挙では、これまで何度も競ってきた細野豪志氏(50)にまたも敗北したが、なんとか比例復活を遂げた。

 

総裁選で奔走した功労者のひとりとして、岸田文雄首相(64)の覚えもめでたい。

 

「岸田首相は、吉川氏を『我が派のムードメーカー』と評しています。

 

かつて吉川氏は国会中に無関係な落語の本を読んでいたことが問題になりました。

 

それだけ落語好きなだけあって、なんといっても弁が立つ。

 

周囲を和ませるジョークを良いタイミングで言えるのです」(政治記者)  

 

吉川氏には、家庭人としての一面もあった。

 

「妻と、10代の娘さんがふたりいます。娘さんたちと一緒に料理をするのが趣味だそうで、家族の時間も大切にするタイプだったと聞いています。

 

それゆえに、子ども関連の政策について衆院の予算委員会で積極的に発信することもありました。

 

自民党青年局学生部長として若者と交流することも多かったはず……。

 

今回のパパ活報道により、有権者から厳しい目を向けられるのは必然でしょう」(前出・政治記者)

 

記者の取材に対し、吉川氏は「(女性は)20歳以上だと思っていた」などと回答した。

 

しかし、記者は吉川氏が「18歳」という前提で女性と会話するところを確認しており、女性の証言とも大きく食い違っている。  

 

なお、落語好きの吉川氏は、落語家の故・立川談志さんの「落語とは、人間の業の肯定である」という言葉を過去にブログで紹介している。

 

〈『業』という字は様々な意味を持ちますが、『ごう』と呼んでこの台詞の意味を考えた時、『人間の理性によって制御できない心の動き』という意味で解釈するんだと思います〉(2016年11月9日のブログより)    

 

“パパ活飲酒”もまた人間の業か。

 

(週刊ポスト)

 

5月27日、東京・お台場の高級ホテルのフロントはひっそりと静まりかえっていた。一組の男女が姿を現わしたのは19時45分のことだった。

 

紺色のスーツ姿の男と、その後ろにはミニスカートにニーハイソックスというファッションに身を包んだアイドル風の女性が距離を置いて歩く。

 

2人はエレベーターで高層階まで上がると、「1236号室」に姿を消した──。 

 

スーツ姿の男は、吉川赳・衆議院議員(40)。

 

岸田派に所属し、トップの岸田文雄首相から「我が派のムードメーカー」と評される自民党の若手議員だ。政治部記者が語る。

 

「岸田総理が誕生した総裁選で奔走した功労者の一人が吉川氏です。岸田首相からの信任も厚く、会食にもたびたび同席しています。

 

昨年、岸田首相が就任後に岸田派の事務総長を務めた故望月義夫・元環境相の墓参りをした際にも、吉川氏は同行しています」 吉川氏の名が注目されたのは昨年10月の衆院選だった。

 

地元の静岡5区は、当時無所属ながら二階派であった細野豪志氏と岸田派の吉川氏が争う異例の「保守分裂選挙」が繰り広げられた。

 

「選挙に弱い吉川氏は2012年の衆院選で細野氏に敗れるも比例復活して初当選。2014年には落選、2017年も落選したが、女性との問題で自民党を離党した議員の辞職に伴い、繰り上げ当選(2019年)。

 

そして昨年の総選挙では首相側近の木原誠二官房副長官が駆けつけ『私も岸田文雄も全力で応援する』と語り、岸田首相との近さをアピールしたが、結果は細野氏に4連敗。

 

辛うじて比例復活したばかりです」(同前)

 

選挙には連敗したものの岸田派の若手議員として自民党青年局学生部長を務めるなど評価を受けてきた吉川氏。

 

一方で、その素行には不安の声も上がっていた。

 

吉川氏をよく知る自民党関係者はこう語る。

 

「彼の遊び方はハンパない。酒が強く六本木や西麻布で飲み歩いています。

 

自民党では若手議員になりますが“オヤジキャラ”で、女性が大好き。

 

口にする下ネタも下品で、女性にセクハラと捉えられかねない発言も多い」

 

港区の飲食店店員が声を潜めてこう続ける。

 

「吉川氏は港区女子のあいだでは“お金持ちのおじさん”として、知る人ぞ知る有名人。モデルや港区女子を相手に“パパ活”をしているという噂が絶えない人です」

 

ちなみに、吉川氏には妻と2人の娘がいる。

 

取材を続けていた本誌『週刊ポスト』取材班が吉川氏の決定的シーンを目撃したのは、衆院予算委員会が開かれていた最中だった。

 

5月27日は国会で「調査研究広報滞在費(旧・文書通信交通滞在費・以下『文通費』)」の改革について質疑が行なわれ、岸田首相が「いつまでと区切って議論することではない」と答弁。改革を先延ばしにしたとしてメディアでも話題になった。

 

その国会散会後の夕刻、吉川氏の姿は汐留の高層ビルにあった。

 

議員バッジをつけた吉川氏は、きっちりとセットされたツーブロックのヘアスタイルで、何かに急かされるように速足で歩いていた。

 

手には白い紙袋を携えて、向かった先は夜景が綺麗なことで有名な高級焼き肉店だ。

 

18時になる数分前に店に入った吉川氏はイライラした様子でレジのカウンターを何度も叩いて店員を呼ぼうとする。

 

ようやく店員が応対に出ると、「吉川です」と名乗りながら、案内を待たずに店の奥へと進んでいった。

 

1秒でも惜しむかのように入っていった個室には、すでに女性が1人で待っていたようだ。 しばらくすると、個室の格子扉から吉川氏の声が漏れてきた。

 

「お酒は飲める? 甘いのがいい? ディタオレンジをください。私は瓶ビール!」 吉川氏は2人分の酒を注文すると、女性と楽しそうに会話を始めた。

 

「学生だよね? 俺、18歳に興味あるわ」

 

「じゃーさー、遊びのカノジョやってみる?」

 

「乾杯」の言葉が聞こえてから間もなく、吉川氏は甲高い声でパパ活を提案するような言葉を投げかけた。

 

女性の声は籠り気味でよく聞き取れない。

 

記者が格子越しに中の様子を窺うと、「18歳」という女性のグラスは空になっていた。

https://www.news-postseven.com/archives/20220609_1762267.html?DETAIL

 

(週刊ポスト)

 

同誌によると、吉川氏は5月27日の夜、汐留にある高級焼き肉店で女子大生・Xさんと待ち合わせ。

 

吉川氏は2人分の酒を注文した後、「学生だよね? 俺、18歳に興味あるわ」などと会話をしていた。

 

その後、2人は店を出てタクシーに乗り込み、お台場の高級ホテルへ。ホテルの「1236号室」に姿を消した2人は1時間半ほど滞在していた。  

 

取材班が後日Xさんに直撃すると、当初は吉川氏とのデートについて否定していたが、記者がすべてを確認していたことを伝えると、「はい……。吉川さんがお酒を勧めてきて、軽いお酒ならと飲んで……」と飲酒について認めた上で、「4万円のお小遣いをいただいて、バーに行くだけだからって……。

 

バーだったはずがホテルの部屋で飲むと言われて。

 

何も考えずについて行ってしまった私が悪いんです」と語った。  

 

Xさんの言葉が事実であれば、吉川氏は女子大生に小遣いを渡して飲食店やホテルで過ごす“パパ活”を行っていたことになる。

 

(週刊ポスト)

 




関連記事

安倍昭恵さんの車が警察の警備車両に追突される。

安倍昭恵さんの車が首都高で警察車両に追突されるという事件がありました。  

記事を読む

小室圭さんは本当にチャラいのか?について考察。

ネットやYouTube、ツイッターでは小室圭さんがチャラい!という意見と写真が出回っています。

記事を読む

no image

ガーシーのインスタのストーリーに三崎優太さん、春木開さんの友達の辻敬太さんが登場。

ガーシーのインスタのストーリーに三崎優太さん、春木開さんの友達の辻敬太さんが登場していました。

記事を読む

no image

ウマヅラビデオがまたミスリードのウソ動画を出している。カトリック、イエズス会は係長レベルである。

ウマヅラビデオがまたミスリードのウソ動画を出していました。   こういう動画を

記事を読む

no image

持続化給付金10億円詐欺事件の谷口光弘と太田浩一朗の後ろ盾が松浦大助さん、松浦グループ。

持続化給付金10億円詐欺事件の谷口光弘と太田浩一朗の後ろ盾が松浦大助さん、松浦グループであったと関係

記事を読む

no image

小田急の事件を起こした対馬悠介の謎。

小田急の事件を起こした対馬悠介36歳には謎が多いです。    

記事を読む

no image

イルミナティのビルゲイツさんやロックフェラーさんが新型コロナの世界共通ワクチン接種証明書を発行と日経新聞が報じる。

イルミナティのビルゲイツさんやロックフェラーさんが新型コロナの世界共通ワクチン接種証明書を発行と日経

記事を読む

no image

上沼恵美子さんが自身の番組で華原朋美さんを批判。上沼恵美子さんはイルミナティの手先。

上沼恵美子さんが自身の番組で華原朋美さんを批判していました。   そのことを東

記事を読む

統一教会の本部があった場所が安倍総理の家。

統一教会の本部があった場所が安倍総理の家「富ヶ谷ハイム」でした。   安倍総理

記事を読む

no image

日本政府が統一教会の名称変更に関する文書を黒塗りで開示。

日本政府が統一教会の名称変更に関する文書を黒塗りで開示していました。  

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ