統一教会と敵対する弁護士やジャーナリストは命懸けだった(日刊ゲンダイ)

統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の信者救済を続ける「全国霊感商法対策弁護士連絡会」(全国弁連)の弁護士や、問題を追及するジャーナリストは、嫌がらせを受け、身の危険を感じるなど、皆、命懸けだ。

 

代表世話人の山口広弁護士は、先月29日に外国特派員協会で開いた会見でこう振り返った。

 

「この問題に取り組み始めてから毎日200~300件の嫌がらせ電話がかかってきて、3週間続いた。自宅の近所や事務所の周りで顔写真付きの誹謗中傷のビラを10万枚以上まかれた。この問題に取り組んでいる弁護士にはいろいろな嫌がらせがあった。命を狙われることについては、今も『気を付けろ』と言われてますけど、今のところ幸い生き残っています」  

 

全国弁連は1987年5月、全国約300人の弁護士によって結成された。

 

その直後から悪質な嫌がらせを受けたのが、代表世話人のひとり、河田英正弁護士だ。

 

無言電話や尾行、ホノルルまでの航空券予約や、遺体搬送車の手配も  

 

当初は事務所と自宅に毎日、ほぼ同じ時刻に無言電話があり、時には受話器の向こうで「イヒヒヒ」と薄気味悪い笑い声を立ててガチャッと切れることもあったという。

 

嫌がらせは日を追うごとに次第にエスカレート。

 

にぎり寿司上6人前、見舞い用マスカット3個を注文されたのは序の口だった。

 

ホノルルまでの航空券を予約されたり、引っ越しの依頼、ホテル5室の予約、スキン5万円分を勝手に注文され、ガス漏れ通報、家政婦や盲目のマッサージ師の派遣を依頼。

 

「長男が亡くなったので」と自宅に遺体搬送車を呼ばれたことも。

 

「偽注文」は、全国弁連の結成直後の87年7月30日から8月7日まで続き、計60回以上、1日に14回という日もあった。

 

「常に身の危険を感じていた。

 

エレベーターを降りる時は周囲を見渡し、駅のホームでは前に立たないようにしていました」(河田弁護士)  

 

カルト宗教に詳しいジャーナリストの鈴木エイト氏も自身の体験をこう話す。

 

「尾行は結構あって、帰宅時、誰かがついてきていたので、交番の横を相手が通り過ぎようとしたところでパッと振り返ったら、ギョッとなって立ち止まった。そのまま取り押さえて『尾行していただろう』と言って警察に突き出したら、取り調べに『統一教会から言われて後をつけました』って白状していた。

 

宅配業者を装って『荷物をお届けしたいのですが、雨に濡れて住所がにじんで確認できないので、教えてもらえますか』と住所を聞き出そうとしてきたこともあった。

 

その後、住所がバレ、自宅周辺を不審者がウロついたり、隠しカメラで撮影された。給湯器からお湯が出ないなぁと思っていたら、ガスの元栓をひねられていたこともあった」  

 

世界平和統一家庭連合に事実関係を確認したところ、「把握しているも何も、したことが前提になっていますが、そのようなことはないと思いますよ」(広報部)と回答した。

 

(日刊ゲンダイ)




関連記事

no image

ユーチューブの視聴者さんから親が新型コロナのワクチンを打ったら直後に亡くなったというメールを貰いました。

ユーチューブの視聴者さんから親が新型コロナのワクチン(ファイザー製)を打ったら直後に亡くなったという

記事を読む

なぜアミューズやバーニングやジャニーズ、AKS、電通など大手芸能プロダクション系列は逮捕も報道もされないのか?

そもそも戦後の日本の警察、公安警察、検察庁を作ったのはGHQ参謀第二部、通称G2のチャールズ・ウィロ

記事を読む

no image

小倉美咲さんの事件は変態、小児性愛者によるものではない。

小倉美咲さんの事件は変態、小児性愛者によるものではないです。   小倉美咲さん

記事を読む

ウォーレン・バフェット、チャーリー・マンガー、ビルゲイツ、トランプは毎日マクドナルドを食べている。

ウォーレン・バフェット、チャーリー・マンガー、ビルゲイツ、トランプは毎日マクドナルドを食べているそう

記事を読む

no image

日本政府や厚労省、自民党、立憲民主党、国民民主党、公明党の考えもメンタリストDaiGoと同じです。

厚労省や立憲民主党がメンタリストDaiGoの生活保護者やホームレスはいらない発言の炎上をうけて、生活

記事を読む

no image

NHKニュース7の日本が天然ガス不足に陥っているというニュースを見て。

今日のNHKニュース7で日本が天然ガス不足に陥っているというニュースをやっていました。 &nb

記事を読む

no image

アメリカで性産業が合法化の流れ。

アメリカの十代向けファッション雑誌ティーンヴォーグが「セックスワークは本物の仕事だ」という記事を出し

記事を読む

no image

山口県周南市の保見光成による5人殺害事件もひきこもり事件。一番の誤りであり悲劇は地方にUターンしたこと。

山口県周南市の保見光成による住民5人殺害事件もひきこもり事件ですね。   被害

記事を読む

no image

自民党清和会の会長の細田博之さんが統一教会の韓鶴子さんをたたえる(日本テレビ)

自民党清和会の会長の細田博之さんが統一教会の韓鶴子さんをたたえていました。  

記事を読む

非正規雇用の増加の原因は高齢者の再雇用。現役世代の非正規ではない。

  公明党の衆院議員いさ進一議員より引用しました。  

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ