「買われた展」の少女たちを救うには児相など行政に繋ぐことではなくJKビジネスを認めること。

公開日: : 最終更新日:2016/10/11 JKビジネス, NPO, 少女, 発達障害, 社会

川越であった藤田孝典さんと仁藤夢乃さんの講演会「子どもたちは今」に行ってきました!

 

cupnezrusaac34n

 

まず「私たちは買われた展」やETVなんかの特集を見た人の反応で間違っているのは、買われた被害者がかわいそうだから児相や自立支援ホーム、児童養護施設に繋ごうということ。

 

まず仁藤さんのCOLABOやJKビジネスをやってる子たちは、そこにはすでにつながっています。

 

だけど児相や児童養護施設、自立支援ホームが嫌でたまらないからそこを飛び出してきてるのです。

 

なのにそこに繋いであげようなんて彼女たちにとってはありがた迷惑でしかありません!

 

余計に彼女たちを自殺に追い込むことになります。

 

一番大事なのはJKビジネスを肯定することなんです。

 

Kビジネスを俺は断固として肯定するのはそれが彼女たちの助けになってるから。

 

JKビジネスをやっている子は発達障害や精神障害を抱えている子が多いです。

 

その子たちはこれまでコンビニ、居酒屋、工場、事務とやってきたけどどれも苦痛で自殺未遂をしています。

 

しかしJKビジネスは出勤自由、同じ悩みを持つ仲間ができる、生きる気力が初めて持てたと療育の現場となっています。

 

発達障害にはベストな職場となっているのです。

 

彼女たちの家庭環境、虐待、貧困の前にまず発達障害、精神障害がある。

 

仮に彼女たちの家庭環境、虐待、貧困を取り除いても通常の職場では働くことはできないのです。

 

絶対にミスマッチがおきる!

 

じゃあ行政の発達障害や精神障害者向けの作業所で働かせればいいのかと言ったら、それこそ搾取ですよ!

 

8時間働いて大半の助成金と給与をNPOや社団法人が中抜きして女の子には200円とかしか貰えない。

 

行政や作業所や施設は働かせてやってるだけありがたいと思え!という態度ですよ。

 

自己肯定感を育み仲間ができ仕事が楽しくできる仕事はJKビジネスしかないのです。




関連記事

慶応大に進学した“ビリギャル” その後の物語:日本経済新聞。ギャルから慶応行くよりも、地元のキャバ嬢になった方が絶対幸せになれる!

慶応大に進学した“ビリギャル” その後の物語  :日本経済新聞 http://t.co/vVq7Lw

記事を読む

約1億円の税金がカントリーマアムととんがりコーンになるスキームを教えてください駒崎さん。

      &nbs

記事を読む

no image

音楽、ダンスは90年代、00年代の細分化から10年代は70年代的なマスの時代に。

あと昨日のLIFE聴いてても思ったんだけど、音楽も60年代的というか細分化された時代からマスの時代へ

記事を読む

no image

レイプ大国は韓国ではなく日本。日本はレイプの被害届を5パーセントしか受理しない。

韓国はレイプ件数が日本の43倍だから危険!ということをよく耳にします。  

記事を読む

ジュリアンブランクさんが言っている白人がピカチュウと言えばセックスできるという真実も存在している

ピカチュウって言えば白人なら日本人女性とすぐセックスできるっていうのは実際六本木のクラブにいる子に関

記事を読む

no image

児童養護施設の子や里親の子にスマホを持たせようと寄付を募っているNPO法人はおかしい!

児童養護施設の子や里親の子どもにスマホを待たせよう!という運動をしているNPO法人スマホ里親ドットネ

記事を読む

日本が真似するべき世界一学力の高いフィンランドの教育がこれ。

      &nbs

記事を読む

no image

アメリカのTIME誌から取材を受けました

さきほどアメリカのTIME誌のジョセフ・ヒンクスさんというジャーナリストの方にうちのNPOだいわピュ

記事を読む

no image

歌舞伎町のJKビジネスの女の子がおじさんをしばく!

歌舞伎町の日常。 爺乗りjk pic.twitter.com/WxS0zuoera — si

記事を読む

no image

関東連合が強大な力を持つ背景にアメリカCIAの存在。

警視総監から公安、芸能界、裏社会まで強大な力を保持する関東連合。   そもそも

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、帰国子女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女・少年支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の相談、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    東洋経済「女子の貧困」取材協力

    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力

    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力

    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    デンマークメディアの取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」

    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力

    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」協力

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数