ふわっち配信者のおてんばココさんのお母さんが朝日新聞に特集される。

公開日: : ヤンキー・半グレ, 社会

ふわっち配信者のおてんばココさんのお母さんの松浦千景さんが朝日新聞に特集されていました。

https://www.asahi.com/articles/photo/AS20210305002907.html

 

 

【群馬】

 

前橋市中心部のネオン街。

 

スナック「エレガンス」=同市千代田町5丁目=の看板には「福島出身のママがやっているお店です」とある。

 

ママの松浦千景さん(55)は福島県南相馬市の出身。

 

東日本大震災からの10年を「私の場合は、雨降って地固まる」と振り返る。

 

「震災に遭ったから人生をやり直し、新たな生活に踏み出せた」

 

2011年3月11日。知人宅でお茶を飲んでいた。

 

ギーコ、ギーコ……。

 

激しい揺れに古い木造2階建て住宅がきしんだ。

 

「ガリバーに出てくる巨人が揺らしているかのようで、つぶれて死ぬんじゃないか」と思った。

 

自宅は事故を起こした東京電力福島第一原発から北に約23キロ。

 

1週間ほど南相馬市内にとどまったが、食料が尽きかけていた。

 

避難のバスが出ると聞き、「ここから動きたくない」という実家の母親を説得。群馬県片品村に避難した。

 

手厚い支援を受けた村の避難所が同年9月に閉鎖されると、帰郷する人たちと別れ、新たに用意された前橋市の広瀬団地に移った。

 

震災前の南相馬では、離婚して3人の息子と離れたことがある。

 

「つらいことばかり。あまりいい思い出はない」。

 

避難生活で、疎遠だった母親との交流が復活し、息子たちも前橋で一緒に暮らすようになった。

 

「考える時間ができて、新しいことにチャレンジするきっかけになった。立ち直るチャンス」。

 

禁煙など生活改善を進め、食生活改善のボランティアもしている。

 

小中学校の通学路の放射線量を測定する仕事で地理を覚え、わさび工場やフードコートなどで働きながら生活を再建。

 

住民票を移して前橋市民になった。

 

4年暮らした母親は「ふるさとに帰りたい。先祖の墓と家を守る」と言い残して帰郷した。

 

それでも、「前橋に慣れた。子供の会話も上州弁。南相馬には戻らない」。

 

そう決めた。

 

長男は前橋市内で働き、職場で出会った女性と結婚。2人の子どもに恵まれた。

 

震災がなければ出会えなかった縁だと思う。

 

「パート収入だけでは将来が不安。夜も働けるように」と店を開いたのは18年11月。

 

「前橋で出会った人たちの後押しで思い切ってチャレンジした」という。

 

ただ、今は新たな困難に直面している。

 

新型コロナウイルスの影響で、夜の千代田町は閑散としている。

 

昨年11月にビル3階の店を客が出入りしやすい1階に移したばかりだが、コロナ禍で営業時間が制限され、開店休業状態が続いた。

 

改装を終え、今月6日から「移転オープン」として仕切り直す。

 

「後戻りはできない。昼の仕事をやりながら店を維持したい。

 

コロナが落ち着いたら、ゆっくり飲みに来てください」

 

(2021年3月6日朝日新聞)

 

松浦千景さんはおてんばココさん(悪魔のココさん)のお母さんですね。

 

おてんばココさんについてはこちらです。

https://daiwaryu1121.com/post-55996/




関連記事

no image

やから先輩の子やからの子育ては虐待になります。

やから先輩の子やからの子育ては虐待になります。   虐待と聞くと殴る蹴る、暴力

記事を読む

明石市市長の泉房穂はイルミナティ関係者。泉房穂市長は最悪ですよ。

明石市市長の泉房穂はイルミナティ関係者です。   子どもの人身売買を行っている

記事を読む

no image

昭和の初期まではカフェのウエイトレスさんや居酒屋の店員はいかがわしい仕事と思われていた。銀行や保険会社も昔は蔑まれていた。

読んでいた小説に「カフェ」(カフェー)に大学生たちが行って必死に女の子の女給さんを口説くというシーン

記事を読む

no image

怒羅権(ピットブル)の集会に参加しているマドンナがめちゃくちゃヤンキー。

怒羅権(ピットブル)の集会に参加しているマドンナがめちゃくちゃヤンキーでした。  

記事を読む

no image

風俗出稼ぎの仕組みとなぜ風俗出稼ぎが在籍よりも稼げるのか。風俗界の需給ギャップについて。

出稼ぎのメリットは保証をつけて安心して稼ぐことができるところです。   たと

記事を読む

トランプさんがソレイマニ司令官、ヒズボラ最高指導者ムハンディスを攻撃した背景。ソレイマニがCIA、軍産複合体、DSと通じていた戦争屋だったから。

トランプさんがなぜソレイマニ司令官、ヒズボラ最高指導者ムハンディスを攻撃したのか?  

記事を読む

no image

アミューズの取締役の安藤隆春元警察庁長官と暴力団。

アミューズの取締役の安藤隆春元警察庁長官は群馬県警の本部長時代に群馬県警と暴力団が癒着して覚せい剤を

記事を読む

no image

宇田川警備隊の小山恵吾さんはチーマー時代に多数の若者を自殺に追い込んでいた。

本来のチーマーは慶應、明治、明治学院、インターナショナルスクールなど名門私立に通う富裕層の子息たちの

記事を読む

「パパ活整形」という映画が話題に。

  「パパ活整形」   こんな映画ができるほど世の中に

記事を読む

no image

日本の過剰サービスと過剰サービスをデフォルトに考える消費者

前にアパレルやカフェやレストランでも接客が日本は海外に比べて丁寧すぎると書きました。 &nbs

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ