豊臣秀吉の朝鮮出兵を指示したのはイエズス会か。

公開日: : 最終更新日:2022/01/29 歴史, 社会, 陰謀・謀略・未解決事件・冤罪事件

豊臣秀吉は2度の朝鮮出兵を行いました(文禄の役・慶長の役)

 

しかしなぜ秀吉が朝鮮出兵を行ったかは謎とされています。

 

資料を探してもどの資料にも書かれていません。

 

当時の日本の大名のバックにはイエズス会(キリスト教宣教師)が存在していて、様々な謀略を行っていました。

 

織田信長が暗殺された本能寺の変もキリシタン大名だった明智光秀のバックのイエズス会(イルミナティ)の謀略だったと判明しています。

 

ということは、この朝鮮出兵の背後にもイエズス会が存在していたと考える方が自然です。

 

秀吉の朝鮮出兵の経過を見ると朝鮮戦争と酷似していました。

 

豊臣秀吉傘下の加藤清正、小西行長がソウルを制圧後、北朝鮮の平壌北部まで制圧していました。

 

しかしその後、明の大軍がやってきて補給路を断たれるなど苦戦を強いられました。

 

朝鮮戦争もマッカーサー率いる国連軍は仁川からソウルを制圧して、北朝鮮の鴨緑江まで制圧していました。

 

しかしその後、中国の人民解放軍30万がやってきてマッカーサー率いる国連軍は敗北、38℃線まで敗走させられました。

 

このように豊臣秀吉もマッカーサーもどちらも中国の大軍がやってきて敗北、敗走していました。

 

朝鮮出兵も朝鮮戦争もどちらも莫大な利益を上げたのは両方の背後にいたイルミナティでした。

 

朝鮮出兵ではイエズス会は武器を輸出して、日本から銀を輸入しました。

 

そして明(中国)側、朝鮮側にもイエズス会は武器を輸出していました。

 

朝鮮戦争でもイルミナティ、軍産複合体は武器を国連軍と中国軍の両方に提供していました。

 

日中戦争、太平洋戦争もそうでしたね。

 

日本側にロスチャイルドは莫大な戦費を貸付けつつ、中国側にも援蒋ルートで大量の武器、資金を与えていました。




関連記事

no image

1992年の大阪府熊取町7人連続怪死事件と仙台の高校生3人連続自殺事件の黒幕はCIA・イルミナティか。

1992年の大阪府熊取町7人連続怪死事件と仙台の3人連続自殺事件の黒幕はCIA・イルミナティですね。

記事を読む

no image

ワタナベマホトはCIA、イルミナティのハニートラップで嵌められた。

ワタナベマホトはCIA、イルミナティのハニートラップで嵌められましたね。  

記事を読む

米津玄師さんはひきこもりだったそうです。

米津玄師さんはひきこもりだったそうです。   10歳年上の彼女のおかげでひきこ

記事を読む

no image

IMFが安倍総理に指摘している生産性とインフレの拡大はどうすればできるのか?

IMFが安倍総理に対して日本は人口と経済の両方が今後40年間で4分の1縮小するので、早急に生産性とイ

記事を読む

no image

芸人の有吉は三浦春馬さんがイルミナティに殺されることを事前に知っていたか。

2015年に三浦春馬さんが有吉の番組に出たときに有吉が春馬さんに「寿命が短そう」と発言していました。

記事を読む

no image

札幌スケ番連合のチコ(小林千鶴)がカノン、ちいにゃん、ゴロウを吊るしあげる。ふわっち軍団はまるで連合赤軍。

札幌スケ番連合のチコ(小林千鶴)がカノン、ちいにゃん、ゴロウを吊るしあげるという事件がありました。

記事を読む

no image

ショッピングセンターなどによく入っているDr.ストレッチがとんでもないブラック企業だとネットで炎上。

ショッピングセンターなどによく入っているDr.ストレッチがとんでもないブラック企業だとネット上で炎上

記事を読む

昭和の名刑事の異名を持つ平塚八兵衛はアメリカCIAのエージェント。

昭和の名刑事と呼ばれた平塚八兵衛はアメリカCIAのエージェントですね。  

記事を読む

no image

GMOインターネット社長の熊谷正寿さんはCIA・イルミナティのエージェントか。

GMOインターネット社長の熊谷正寿さんはCIA・イルミナティのエージェントだと思います。 &n

記事を読む

no image

小泉進次郎環境大臣の不倫もイルミナティカードに予言されている。

小泉進次郎環境大臣の不倫もイルミナティカードに予言されています。  

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ