豊臣秀吉の朝鮮出兵を指示したのはイエズス会か。

公開日: : 最終更新日:2022/01/29 歴史, 社会, 陰謀・謀略・未解決事件・冤罪事件

豊臣秀吉は2度の朝鮮出兵を行いました(文禄の役・慶長の役)

 

しかしなぜ秀吉が朝鮮出兵を行ったかは謎とされています。

 

資料を探してもどの資料にも書かれていません。

 

当時の日本の大名のバックにはイエズス会(キリスト教宣教師)が存在していて、様々な謀略を行っていました。

 

織田信長が暗殺された本能寺の変もキリシタン大名だった明智光秀のバックのイエズス会(イルミナティ)の謀略だったと判明しています。

 

ということは、この朝鮮出兵の背後にもイエズス会が存在していたと考える方が自然です。

 

秀吉の朝鮮出兵の経過を見ると朝鮮戦争と酷似していました。

 

豊臣秀吉傘下の加藤清正、小西行長がソウルを制圧後、北朝鮮の平壌北部まで制圧していました。

 

しかしその後、明の大軍がやってきて補給路を断たれるなど苦戦を強いられました。

 

朝鮮戦争もマッカーサー率いる国連軍は仁川からソウルを制圧して、北朝鮮の鴨緑江まで制圧していました。

 

しかしその後、中国の人民解放軍30万がやってきてマッカーサー率いる国連軍は敗北、38℃線まで敗走させられました。

 

このように豊臣秀吉もマッカーサーもどちらも中国の大軍がやってきて敗北、敗走していました。

 

朝鮮出兵も朝鮮戦争もどちらも莫大な利益を上げたのは両方の背後にいたイルミナティでした。

 

朝鮮出兵ではイエズス会は武器を輸出して、日本から銀を輸入しました。

 

そして明(中国)側、朝鮮側にもイエズス会は武器を輸出していました。

 

朝鮮戦争でもイルミナティ、軍産複合体は武器を国連軍と中国軍の両方に提供していました。

 

日中戦争、太平洋戦争もそうでしたね。

 

日本側にロスチャイルドは莫大な戦費を貸付けつつ、中国側にも援蒋ルートで大量の武器、資金を与えていました。




関連記事

no image

生活保護に関しての相談先一覧。生活保護申請にはNPOや政治家、弁護士に同行してもらいましょう!

生活保護のことで相談したい場合は、こちらへどうぞ(各地の相談先一覧)https://t.co/Y

記事を読む

エイベックス系の所属タレントが次々と不幸になっていく。。

エイベックス系の芸能プロダクションのタレントが次々と不幸になっていきます。。  

記事を読む

no image

創価学会の池田大作さんの孫がエイベックスの幹部。

創価学会の池田大作さんの孫がエイベックスの幹部にいるということがツイッターに書かれていました。

記事を読む

no image

日本政府や厚労省、自民党、立憲民主党、国民民主党、公明党の考えもメンタリストDaiGoと同じです。

厚労省や立憲民主党がメンタリストDaiGoの生活保護者やホームレスはいらない発言の炎上をうけて、生活

記事を読む

no image

アメリカの無人偵察機撃墜事件はCIA(軍産複合体)の謀略だった。

アメリカの無人偵察機撃墜事件はCIAによる謀略でした。   トランプ大統領がイ

記事を読む

no image

被差別部落、同和地区とはユダヤ人、イルミナティの居住区のことだった。

前回の記事でも被差別部落、同和地区とは特権階級、上級国民のことだったということを説明しました。

記事を読む

給付金の不正受給で逮捕されたマイニングエクスプレスの佐藤凛果容疑者は水泳大会で入賞していたスポーツ少女だった(週刊ポスト)

新型コロナ対策の「持続化給付金」を騙し取ったとして、東京国税局の現役の職員を含め男女7人が逮捕された

記事を読む

秋葉原の「円交少女」が女性支援団体や人権団体の間で問題に。

  秋葉原にあるこの看板が人権団体や女性支援団体で問題になっています。

記事を読む

no image

ヤフーファイナンス掲示板のコメントに思わず笑った。

ヤフーファイナンス掲示板のコメントに思わず笑ってしまいました。  

記事を読む

江戸時代末期の浮世絵師の歌川国芳の作品「東都三ツ又の図」に東京スカイツリーが描かれている。

江戸時代末期の浮世絵師の歌川国芳の作品「東都三ツ又の図」になぜか東京スカイツリーが描かれています。

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、不登校生徒支援など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ