1995年に渋谷のチーマーが壊滅したのは関東連合のせいではない。

1995年に渋谷のチーマーが壊滅したのは関東連合のせいだ、暴走族のせいだという話が最近あたりまえのように流れていますが、これは史実とはまったく違います。

 

関東連合はまったく関係ありません。

 

そもそも渋谷という町は戦後から一貫して大人の街にしようと計画されてきた町でした。

 

渋谷の開発を行った東急や西武も大人の街として都市計画を行っていました。

 

これは渋谷の自治会や商店組合、渋谷区議会もそうです。

 

しかし90年代初頭から渋谷にチーマーがたまるようになり、センター街は若者の街と化していました。

 

初期のチーマーは富裕層の子息や名門私立の子息がほとんどで暴れることはありませんでしたが、末期のチーマーになると貧困層が大量に流入してきて一般人にかつあげをする、暴力をふるう、窃盗をする、援助交際をするなど渋谷の治安はどんどん悪化していきました。

 

これには渋谷を大人の街として開発したかったセンター街の商店組合や自治会、デベロッパーは困り果てました。

 

このままセンター街をチーマーに占拠されていては一般人が来なくなってしまうということで、1995年に商店組合、自治会、警視庁は渋谷のチーマーが渋谷にたまることを禁止する壊滅作戦を行いました。

 

当時の渋谷のチーマーの人たちが商店街組合や自治会に何度もかけあってなんとか渋谷にたまることはできないかと交渉した記録が残されています。

 

しかし商店街組合や自治会にとってはチーマーは邪魔者でしかなかったのでその申し出は却下されてしまいました。

 

これが渋谷のチーマー壊滅の真実になります。

 

その後、チーマーたちは大学生となりパラパラサークルやギャルサークル、ワンワンサークルを組織していきました。

 

チーマー文化はパラパラサークル、ギャルサークル、ワンワンサークルへと引き継がれていくことになったのでした。

 

チーマーからパラパラサークル、ギャルサークル、ワンワンサークルに移行した人たちには福田ゆうひこさん、新宿ジャックスの山崎さん、中村淳平さん、関東連合のまとめ役だった平原宏一さん、中村創さん、池田隼人さんなどがいました。




関連記事

怒羅権の佐々木さんとワンナンさんが和解。

怒羅権の佐々木さんとワンナンさんが和解して一緒にライブ配信を行いました。  

記事を読む

no image

山口組は稲川会の下部機関。

山口組は稲川会の下部機関でした。   山口組の初代、2代目までは山口組は港湾労

記事を読む

no image

前澤ファンドチャンネルに現役の半グレかーくんが登場。駒野会長の息子か?

前澤ファンドチャンネルに現役の半グレかーくんが登場していました。   かーくん

記事を読む

no image

風営法改正で歌舞伎町と渋谷は規制緩和になるけど、代官山、六本木、西麻布、麻布十番、恵比寿は規制強化になり軒並み潰される!

風営法の改正が決まり、クラブの深夜営業が行えるようになりました。   しかしこ

記事を読む

no image

6代目山口組竹中組若頭・二代目篠原会会長の村上茂徳と篠原会若中の小縣裕史が名古屋市北区のビルを暴力団事務所として使用したとして逮捕(朝日新聞)

愛知県警は21日、指定暴力団6代目山口組の直系組織「竹中組」ナンバー2で傘下組織組長の村上茂徳容疑者

記事を読む

稲川会2代目石井隆匡会長も佐川急便事件のためにアメリカCIAに口封じで消されたか?

稲川会2代目石井隆匡会長も1987年の佐川急便事件のためにアメリカのCIAに口封じで消されたのではな

記事を読む

no image

静岡県警が磐田市に住む山健組系組長(51)にみかじめ料を取らないように再発防止命令。

静岡県警が磐田市に住む山健組系組長(51)にみかじめ料を取らないように再発防止命令を出していました。

記事を読む

神田沙也加さんを殺害したのは松浦大助さん、朝堂院さんの松浦グループか。

神田沙也加さんを殺害したのは松浦大助さん、朝堂院さんの松浦グループの可能性が高いです。 &nb

記事を読む

no image

関東連合・宮前愚連隊創設者の伊部さんも亡くなっていた。

関東連合・宮前愚連隊の柴田さんが亡くなったというニュースのコメント欄に「宮前愚連隊の伊部さんも亡くな

記事を読む

no image

麻暴と大関真悟がスパーリングで対決。

麻暴VS大関真悟。   麻暴と大関真悟がスパーリングで対決しました。 &

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ