北千住のキャバクラ事情。北千住は東京の最下層。あらゆる面で質が悪い。

公開日: : 最終更新日:2019/12/02 キャバクラ・ラウンジ・クラブ, 北千住

北千住のキャバクラ事情について書きます。

 

北千住はキャバクラは全部で30店舗あり店舗数は多いです。

 

しかし時給が1500円~2500円と非常に安く、出勤調整も多いです。

 

従業員の質もよくないです。

 

上野、北千住とかその辺はまともなお店が少ないですね。

 

アミーは待機中の携帯が禁止です。

 

北千住のお勧めで言うとクレアグループですね。

 

客層や雰囲気も北千住の中では一番良いと思います。

 

クレアグループの中ではクラブクレアが一番良いと思います。

 

A2は携帯禁止、客呼べ圧力、同伴圧力が非常に強いのでやめた方がいいですね。

 

ただクレアグループは送りだすのがめちゃくちゃ遅いということを女の子何人もから聞きました。

 

送り待ちで2時間、3時間待たされるそうです。

 

北千住クラシック(元アリーナ)は客層が悪いこと、ボーイがよくないこと、送りがめちゃくちゃ待つことが報告されています。

 

近年北千住は住みたい街ランキングでも池袋、赤羽と並び上位になるほどの人気タウンになってきています。

 

相談ありましたら気軽に連絡ください。

 

友だち追加数




関連記事

no image

新宿や六本木は地方から出てきた子はカモにされるので気を付けた方がいい。

みんな六本木や新宿のお店で時給高いとかよく聞くんだけど、見かけ上の時給は8000円とか高いんだけど、

記事を読む

男でトイプードルを飼ってる人。

  これはよくありますね。   私の友達もキャバ嬢と一

記事を読む

no image

キャバ嬢や風俗嬢に必要な「顔つき身分証」を最も安く取得する方法

キャバクラや風俗で働くときにまず顔つきの身分証が必要になります。   パスポー

記事を読む

no image

2月と9月はキャバも閑散期

キャバ嬢の子から電話がありました。   どうしたのか事情を聴くと、今キャバが閑

記事を読む

no image

渋谷のキャバクラと六本木、新宿のキャバクラの時給を比べることは間違ってる。

渋谷と六本木、新宿、銀座を同じ目線で見て、渋谷は時給出ない!とか稼げない!っていう意見をよく見るし聞

記事を読む

no image

銀座のクラブに行っていた松本純議員と遠山清彦議員は悪くない。

銀座のクラブに行っていた自民党の松本純議員と大塚高司議員、田野瀬太道議員、公明党の遠山清彦議員は悪く

記事を読む

六本木の伝説のキャバ嬢黒崎ひなのさん。キャバ嬢に必要なのはリア充感とイケてる感!これがないとホステスはできません!

  ミュゼルバ全盛期に「ひなのさん」「じゅりさん」とミュゼルバ2枚看板だった

記事を読む

銀座の高級クラブJのナンバーワンホステスで嵐の大野君と交際、婚約していて、現在は錦戸亮さんと交際している芹澤レイラさんがめちゃくちゃ美人でした。

銀座の高級クラブJのナンバーワンホステスで嵐の大野君と交際、婚約していて、現在は元ジャニーズ、元ニュ

記事を読む

no image

夜の世界もグローバル化。風俗嬢やキャバ嬢が海外に出稼ぎに行き稼いでいる。

製造、サービスなどあらゆる昼の分野でグローバル化が進んでいます。   しかしこ

記事を読む

no image

飲み屋で故郷を思い出して歌う。 東北なら「津軽海峡冬景色」沖縄や九州は「島唄」か「しまんちゅぬ宝」かな

たまにキャバクラでおじさんが津軽海峡冬景色を涙流しながら歌ってる人おる。  

記事を読む







  • チャンネル登録はこちら

     

  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、保育士、看護師、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、不登校生徒、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    7000人以上の女性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは相談援助活動、心理カウンセリングなど女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    ジャーナリストです。

    24時間365日相談受付中。

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演・取材協力歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」

    共同通信「U30のコンパス」

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」

    講演歴

    日本財団

    全国妊娠SOSネットワークさん

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ