今のJKビジネス潰しからの流れは1950年代の飛田新地潰しと全く一緒。結果として当事者の女の子に甚大な被害!

公開日: : 最終更新日:2017/04/28 JKビジネス, NPO, 女性, 少女, 政治, 東京, 社会, 若者, 風俗, 飛田新地

今のJKビジネス潰しからの流れを見てると1950年代の飛田新地を潰した流れと全く一緒に見える。

 

つまり全く見当違いなことしてるってことです。

 

飛田新地を大阪府警が潰した時も、女の子が飛田新地の遊郭に閉じ込められていて人身売買されているのでかわいそうだ!女の子を助けなきゃ!ってことで婦人保護団体や女性支援団体、キリスト教団体、大阪府警が動いて飛田新地を潰したわけです。

 

仕事をなくした風俗嬢を女性支援団体やキリスト教団体、女性保護団体が無理やり昼の仕事につけさせようとしたわけです。

 

ミシンや裁縫を教えたり職業訓練させたりして昼に送り込んだわけです。

 

家がない女の子には朝光寮など寮を作り正しい生活習慣を叩き込もうとしたわけです。

 

女性は同じ同性の女性には厳しいですからねー(>_<)

 

結果どうなったかというと大失敗するわけです。

 

ミシンや裁縫を教えて女工にさせようとしたり、旅館などで働かせようとしたりした子はみんなすぐに逃げ出して飛田新地に戻るわけです。

 

田舎に戻された子も田舎の閉鎖性やつまらなさに嫌気がさして飛田新地に戻りました。

 

この苦い経験を大阪府警の本部長の四方さんは語っています。

 

この同じ誤ちを警視庁や仁藤夢乃さん、Bondプロジェクト、伊藤弁護士などのフェミニスト団体はJKビジネスでやってるわけです!

 

JKビジネスを潰した結果どうなってるか?

 

闇勢力の介入を余計に許してしまい、JKビジネスで可視化されていたものが余計に潜在化されて会員制の富裕層の政治家や大企業の社長向けのJK接待へと変わりました。

 

またはドヤ街や繁華街で直接行うJKによる個人売春へと雪崩を打って変わりました。

 

JKビジネスを潰したらとんでもないことになるよ!状況はもっと酷くなる!と俺は常々警告していましたが全くその通りになっています。

 

警視庁にJKビジネスを潰させたのは、今までは富裕層や政治家向けのJKやJC、JSなどの会員制売春がJKビジネスがあることでかつてならそちらに流れてきていた少女が流れなくなってきたので、政治家や富裕層が潰させたのではないか?と思っています。

 

権力者にとったら、今まで女子中学生や女子高生の売春には困らなかったのが、JKビジネスがあることで流れてこなくなったら困るわけです。

 

このシステムは京都では今だに根強くあるのに一切報道もされないし批判もされないのはそういうことです。

 

 




関連記事

no image

ロス疑惑の謎。なぜ三浦氏は再びアメリカに行ったのか?三浦を殺したのは誰か?

ロス疑惑のドキュメンタリーがフジテレビでやっていたので見ました。   ロス疑惑

記事を読む

no image

東京都の改正迷惑防止条例が施行。盗撮の規制場所の拡大とナンパが完全に違法になりました。

7月1日より施行された東京都の迷惑防止条例の改正により盗撮行為の規制場所が拡大されました。 h

記事を読む

no image

百貨店は若者向けの商品を置くと年配客から苦情が来る。

読売新聞が百貨店の特集を組んでいました。   百貨店の売上高です。 &

記事を読む

no image

韓国の悪さしたやつは大統領だろうが最高裁の裁判長だろうが人気歌手だろうがぶちかます!っていうのは見ていて凄い!w

韓国の悪さしたやつは大統領だろうが最高裁の裁判長だろうが人気歌手だろうがぶちかます!っていうのは見て

記事を読む

プチエンジェル事件で有名な未成年少女売春クラブプチエンジェルの少女に会いました。プチエンジェルの仕切りはやはり住吉会でした。

      &nbs

記事を読む

言論界でマイルドヤンキーは肯定的に捉えられていない

今の言論界を見てたらマイルドヤンキーについて、あれはお金がなくてしかたなく地方にいるんだとか、選択肢

記事を読む

夜の女性には優しくしてあげてほしい。

  このツイートが6175リツイートと非常に話題になっていました。 &

記事を読む

アメリカ人が大熱狂している陰謀論Qanon(キューアノン)とはなにか?

アメリカで今Qanon(キューアノン)という陰謀論が大流行しています。   ア

記事を読む

no image

中村淳彦さんの「日本の風俗嬢」の感想。

    中村淳彦さんの「日本の風俗嬢」についても感想をまとめ

記事を読む

no image

コンビニとスーパーの店員に話しかける人は1割だけ。

読売新聞にスーパーやコンビニの店員に話しかけるか?というアンケートがのっていました。 &nb

記事を読む







  •  

    神奈川県で教師をしていました。

    モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、帰国子女を中心に女性・男性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。7000人以上の女性・男性を幸せにしています。

    国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法による発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。

    仕事を探している方、関東や関西の不動産を探している方、美容整形・脱毛の相談、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)
    24時間365日相談受付中。

    電話=080-3799-3208

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp

    ライン=fujio1

    メディア出演歴

    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力

    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力

    共同通信「U30のコンパス」取材協力

    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力

    米TIME誌「女性の貧困について」

    NHKスペシャル「若者失踪3万人」協力

    支援企業

    英投資銀行バークレイズ

  • 友だち追加数